ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年9月11日付(復活?アレサ・フランクリン) ]
2012-09-07(Fri) 15:29:35
01/03「素直になれなくて」シカゴ
02/02「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
03/01「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
04/11「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
05/05「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
06/06「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
07/04「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
08/07「青春の傷あと」ジョン・クーガー
09/09「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
10/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー

11/08「ヴァケーション」ゴー・ゴーズ
12/12「恋の魔法使い」ドナ・サマー
13/13「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/14「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
15/15「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
16/16「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
17/17「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
18/20「風のマジック」アメリカ
19/21「時へのロマン」エイジア
20/24「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン

21/23「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
22/22「アンド・アイム・テリング・ユー・ アイム・ノット・ゴーイング」ジェニファー・ホリディ
23/26「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
24/27「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン
25/28「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
26/18「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン
27/30「ホールド・オン」サンタナ
28/31「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
29/32「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
30/37「アイ・ラン」フロック・オブ・シーガルズ

31/35「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
32/34「バリー・ガール(娘17、売春盛り)」フランク&ムーン・ザッパ
33/59「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
34/39「グロリア」ローラ・ブラニガン
35/51「愛と幻の世界」キム・カーンズ
36/64「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
37/41「メイク・ビリーヴ」トト
38/42「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
39/53「恋人」グレン・フライ
40/47「やさしくしてね」ジュース・ニュートン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ジャンプ・トゥ・イット」アレサ・フランクリン
(Jump To It / Aretha Franklin)

>1942年テネシー州出身のソウル/ゴスペル系女性シンガー・ソングライター兼ピアニスト。本名アレサ・ルイス・フランクリン。
ルーサー・ヴァンドロスによるバック・アップを受けた、6年ぶりとなるトップ40ヒット。その名は知ってはいたがワタシにとって初体験となった彼女の作品は、このパワフルなソウル系ダンス・ナンバー。でも、当時の感想は最高位24位同様、ちょっと微妙…。本格的な復活を迎えるのは、3年後の85年からである。

アルバム「ジャンプ・トゥ・イット」(Jump To It)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「愛と幻の世界」キム・カーンズ
(Voyeur / Kim Carnes)

>“Voyeur=窃視症”というワケで、楽曲が不気味ならばサスペンス・ドラマ風仕立てのPVもさらに不気味という納涼ソング。(?) 最高位4週連続の29位と、こちらもなんかちょっと不気味だが、邦題が『出歯亀』なら、日本でもヒットしたかも?

アルバム「愛と幻の世界」(Voyeur)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ビッグ・ファン」クール&ザ・ギャング
(Big Fun / Kool & The Gang)

>彼ららしさが発揮された陽気でファンキーなナンバー。...64位→36位→27位といったビッグ・ジャンプを見せ付けてくれたものの、結果的に最高位は21位止まり。既存のヒット曲の焼き直しっぽさが感じられるのは、やっぱチャートにも影響するようで…。

アルバム「アズ・ワン」(As One)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「メイク・ビリーヴ」トト
(Make Believe / Toto)

>結果的には大ヒット曲に前後を挟まれるような形になってしまった軽快なポップ・ロックだが、ワタシは最高位30位以上の評価を与えたいッス。少なくともトップ10ヒットを記録した4thシングルよりもいいと思うのだが…。

アルバム「Ⅳ」(Toto Ⅳ)に収録。
TOTO IV
↑この曲を聴いてアルバム入手に至ったワタシ☆
【試聴はコチラ】

☆「ユー・ドロップト・ア・ボム・オン・ミー」ギャップ・バンド
(You Dropped A Bomb On Me / The Gap Band)

>これまた彼ららしさが詰め込まれたポップでファンキーな作品。同じファンク・ナンバーでも上記のクール&ザ・ギャングよりいいと思うのだが、チャート的には最高位31位と下回ったものの、5週連続定位置という粘りを発揮。

アルバム「アーリー・イン・ザ・モーニング」(Gap Band Ⅳ)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「恋人」グレン・フライ
(The One You Love / Glenn Frey)

>かつての同胞であるドン・ヘンリーがもたついている間に、二曲目となるトップ40ヒットを提供。まったりとしたサックスが効いたスロー・バラードが、最高位15位まで上昇。

アルバム「ノー・ファン・アラウンド」(No Fun Aloud)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「やさしくしてね」ジュース・ニュートン
(Break It To Me Gently / Juice Newton)

>62年ブレンダ・リーによるヒットをカバー。こちらも...36位→27位→15位とトップ5ヒットは確実!と思わせるようなチャートアクションを披露してくれた良質のポップ・ナンバーだが、最高位11位とトップ10にも届かず。

アルバム「愛のサンシャイン」(Quiet Lies)に収録。
【試聴はコチラ】
(ブレンダ・リー・バージョン)
音楽チャート1982年9月チャートTB : 0CM : 2
1982年9月18日付(アメリカン・ハード・ポップ、スティール・ブリーズ)HOME1982年9月4日付(驚愕のトップ40ヒット!?フランク&ムーン・ザッパ)

COMMENT

  +
>☆「愛と幻の世界」キム・カーンズ
>(Voyeur / Kim Carnes)

ずっと"Voyage"だと思っていましたよ。
「愛と幻の世界」への旅立ちか。秀逸な邦題とか(笑)
b y 脱壱 | 2012.09.07(22:24) | URL | [EDIT] |
  +
>脱壱さん

>ずっと"Voyage"だと思っていましたよ

それはそれは"Fantastic"な♪(洋楽ギャグ(^^;)
b y ぶるじん | 2012.09.08(00:13) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/667-87305f96



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。