ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年8月28日付(ソロとして好発進、マイケル・マクドナルド) ]
2012-08-24(Fri) 15:31:12
01/01「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
02/02「青春の傷あと」ジョン・クーガー
03/03「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
04/04「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
05/05「素直になれなくて」シカゴ
06/06「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
07/07「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン
08/08「ヴァケーション」ゴー・ゴーズ
09/09「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
10/10「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー

11/11「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
12/12「恋の魔法使い」ドナ・サマー
13/14「愛の詩」ケニー・ロジャース
14/16「ジャック・アンド・ダイアン」ジョン・クーガー
15/17「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
16/18「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
17/19「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
18/20「ノックは夜中に」メン・アット・ワーク
19/13「オンリー・ザ・ロンリー」モーテルズ
20/15「ロザーナ」トト

21/21「失業ロック」ゲイリー・U.S.・ボンズ
22/24「アンド・アイム・テリング・ユー・ アイム・ノット・ゴーイング」ジェニファー・ホリディ
23/27「風のマジック」アメリカ
24/29「時へのロマン」エイジア
25/25「キッズ・イン・アメリカ」キム・ワイルド
26/30「ブルー・アイズ」エルトン・ジョン
27/22「レット・イット・ホイップ」ダズ・バンド
28/31「ホット・イン・ザ・シティ」ビリー・アイドル
29/34「誰かが彼女を見つめてる」ジャクソン・ブラウン
30/36「ファンシー」ジャーメイン・ジャクソン

31/23「汚れなき愛」ソフト・セル
32/26「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
33/44「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
34/51「ホールド・オン」サンタナ
35/49「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
36/38「サムデイ・サムウェイ」マーシャル・クレンショウ
37/41「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
38/40「レット・ミー・ゴー」レイ・パーカーJr.
39/50「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
40/42「ラヴ・オア・レット・ミー・ビー・ロンリー」ポール・デイヴィス


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・キープ・フォーゲッティン」マイケル・マクドナルド
(I Keep Forgettin'(Ever Time You're Near) / Michael McDonald)

>1952年ミズーリ州出身のシンガー・ソングライター。
ドゥービー・ブラザーズの第二期を支えた彼による、ソロ名義での初トップ40ヒット。R&B風のオシャレで味わい深いポップ・ナンバーが最高位4位まで上昇。

アルバム「思慕(ワン・ウェイ・ハート)」(If That's What It Takes)に収録。
If Thats What It Takes
↑欲を申せば、あと1、2曲トップ40ヒットが欲しかったかなぁ。
【試聴はコチラ】

☆「ホールド・オン」サンタナ
(Hold On / Santana)

>売りであるラテン系の香りが薄くなり、純粋なポップ・ロックへと移行したようなナンバー。最高位15位と好結果を残したものの、以降トップ40とは無縁状態となるのだが、99年に突如覚醒し、なんと全米No.1シングル・ヒットを連発するとはダレが想像…出来るかい!(失礼)

アルバム「シャンゴ」(Shango)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ホワッツ・フォーエヴァー・フォー」マイケル・マーフィー
(What's Forever For / Michael Murphey)

>1945年テキサス州出身のシンガー・ソングライター。本名マイケル・マーティン・マーフィー。
6年ぶりとなるトップ40ヒットは、慈愛に満ちあふれたような美しきカントリー系ポップ・ナンバー。5週間に渡り最高位19位をキープ。まぁ、それでもやっぱ彼の代表曲といえば、75年の「ワイルドファイア」(Wildfire)でしょうなぁ。

アルバム"Michael Martin Murphey"に収録。
【試聴はコチラ】
(ワイルドファイア)

☆「恋するタッチ」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(Do You Wanna Touch Me / Joan Jett & The Blackhearts)

>73年ゲイリー・グリッターのヒット・カバーをニュー・アルバムではなく、1stアルバムからシングル・カット。この荒々しくて雑な作りのロックは、初期から健在ってワケだ。最高位20位。PVではジョーン姉さんのちょっとしたサービス・カット(?)が拝めるのだが、姉さんは体脂肪率が低そうなのでちょっと(以下自粛)。

アルバム「バッド・レピュテーション」(Bad Reputation)に収録。
【試聴はコチラ】
(ゲイリー・グリッター・バージョン)

☆「涙のハート・ビート」ランディ・マイズナー
(Never Been In Love / Randy Meisner)

>重厚なポップ・ロックなれど、ちょっと地味さが災いしたのか最高位28位とやや低迷。しかし、その後の28位→66位→圏外という急ぎ足での幕引きは一体…?

アルバム「紺碧のハイウェイ」(Randdy Meisner)に収録。
【試聴はコチラ】

☆「ラヴ・オア・レット・ミー・ビー・ロンリー」ポール・デイヴィス
(Love Or Let Me Be Lonely / Paul Davis)

>70年フレンズ・オブ・ディスティンクションによるトップ10ヒットをカバー。最高位40位とはいえ、記憶に残るポップ・ソングである。

アルバム「クール・ナイト」(Cool Night)に収録。
【試聴はコチラ】
(フレンズ・オブ・ディスティンクション・バージョン)
音楽チャート1982年8月チャートTB : 0CM : 2
1982年9月4日付(驚愕のトップ40ヒット!?フランク&ムーン・ザッパ)HOME1982年8月21日付(80年代も快調!アメリカ)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。