ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年7月31日付(初のトップ10ヒット!アラン・パーソンズ・プロジェクト) ]
2012-07-27(Fri) 16:24:27
01/01「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
02/02「ロザーナ」トト
03/03「青春の傷あと」ジョン・クーガー
04/04「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
05/06「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
06/11「素直になれなくて」シカゴ
07/07「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
08/14「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
09/09「オンリー・ザ・ロンリー」モーテルズ
10/10「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン

11/05「レット・イット・ホイップ」ダズ・バンド
12/08「汚れなき愛」ソフト・セル
13/16「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
14/12「愛のサンシャイン」ジュース・ニュートン
15/22「ヴァケーション」ゴー・ゴーズ
16/13「ドゥ・アイ・ドゥ」ステーヴィー・ワンダー
17/15「想い焦がれて」38スペシャル
18/23「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー
19/19「時の流れに」ジャーニー
20/20「パーソナリー」カーラ・ボノフ

21/21「恋のあやまち」リック・スプリングフィールド
22/26「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
23/27「恋の魔法使い」ドナ・サマー
24/24「アーリー・イン・ザ・モーニング」ギャップ・バンド
25/25「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」ローリング・ストーンズ
26/29「愛の詩」ケニー・ロジャース
27/30「失業ロック」ゲイリー・U.S.・ボンズ
28/40「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
29/33「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
30/34「キッズ・イン・アメリカ」キム・ワイルド

31/31「フックト・オン・スウィング」ラリー・エルガート&ヒズ・マンハッタン・スウィング・オーケストラ
32/32「おしゃれな関係」レスリー・パール
33/35「サムバディ」グレン・フライ
34/36「ペーパーレイト」ジェネシス
35/44「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
36/39「ユア・イマジネーション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
37/37「ナイス・ガール」アイ・トゥ・アイ
38/38「渚のラヴ・プラス・ワン」ヘアカット・ワン・ハンドレッド
39/41「アンド・アイム・テリング・ユー・ アイム・ノット・ゴーイング」ジェニファー・ホリディ
40/42「ルート101」ハーブ・アルパート


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・イン・ザ・スカイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
(Eye In The Sky / The Alan Parsons Project)

>どんよりとした曇天のようなメロディ・ラインなれど、なかなか味わい深いポップ・ナンバー。毎度のごとくトップ10入り間近でストップするのかと思いきや、スルスルとトップ10内へと突入し、その後も勢いが衰えることなく最高位3位をマークしたのには驚いたあの当時。アルバム購入への期待を込めて、2ndシングルのトップ40入りを待ったものだが…。

アルバム「アイ・イン・ザ・スカイ」(Eye In The Sky)に収録。
Eye In The Sky
↑故にアルバム購入には至らず…。
【試聴はコチラ】

☆「アンド・アイム・テリング・ユー・ アイム・ノット・ゴーイング」ジェニファー・ホリディ
(And I'm Telling You I'm Not Going / Jennifer Holliday)

>1960年テキサス州出身のシンガー兼女優。本名ジェニファー・ベティ・ホリディ。
後に映画化もされた、ダイアナ・ロス&スプリームスをモデルにしたミュージカル「ドリームガールズ」でヒロインを演じた彼女によるセンチメンタルで壮大なラヴ・バラード。邦題が存在したかどうか以前に、当時のエアチェック・テープのリスト入りをしていたかどうかも記憶があやふやな作品ですが、なぜか曲は記憶しているというこの摩訶不思議さは一体…?。最高位22位。

サントラ「ドリームガールズ」(Dreamgirls)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ルート101」ハーブ・アルパート
(Route 101 / Herb Alpert)

>1935年カリフォルニア州出身のトランペッター兼ソングライター兼A&Mレコードの創設者のひとり。本名ハーバート・アルパート。
都会のハイウェイを想像させてくれる、軽快なインストゥルメンタル・ナンバー。最高位37位とはいえ日本ではCMでも使用(ご本人も出演☆)されたため、それなりに有名かも。

アルバム「ファンダンゴ」(Fandango)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外85位★

☆「E.T.のテーマ」ウォルター・マーフィー
(Theme From E.T. / Walter Murphy)

>1952年ニューヨーク州出身のソングライター。本名ウォルター・アンソニー・マーフィーJr.。
全米はおろか、日本でも大ブームを巻き起こすほどのヒットを記録した映画「E.T.」のテーマ曲をディスコ風にアレンジ。映画の大ヒットや76年に彼が放った全米No.1ヒット「運命'76」(A Fifth Of Beethoven)のようにはいかず、残念ながら最高位は47位。かのミーコが手掛けていれば、あるいは…?
余談ですが、ワタシはあのE.T.のデザインに馴染めず、映画もまだ観たことありません。

アルバム「ディスコ・ムーヴィー・テーマ」(Themes From E.T. The Extra-Terrestrial And More)に収録。

【試聴はコチラ】
(運命'76)

★圏外87位★

☆「アイ・ウィル・オール・ウェイズ・ラヴ・ユー」ドリー・パートン
(I Will Always Love You / Dolly Parton)

>92年ホイットニー・ヒューストンによる大ヒット曲として世間に浸透したラヴ・ソングのオリジナル・バージョン。彼女自身によって創られた本家はカントリー色が濃く、あまりポップではなかったためか最高位53位止まり。それでも、53位→89位→99位→99位→99位→96位→圏外という土俵際での粘りはお見事?

アルバム"Jolene"に収録。

【試聴はコチラ】
(ホイットニー・ヒューストン・バージョン)

★圏外89位★

☆「ルアンヌ」フォリナー
(Luanne / Foreigner)

>ベストセラー・アルバムから5曲目となるシングル。単曲としてはちょっと物足りなさを感じるポップ・ロックが、最高位75位と伸び悩み。当時は“一枚のアルバムから5曲もシングル・カットするバ○がいるか!”と思ったのですが(スミマセン)、この先、一枚のアルバムから7曲ものシングルを繰り出し、それらがすべてトップ10入りするという偉業を達成するアーティストが複数登場するのですから、世の中分かりませんよ。

アルバム「4」(4)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年7月チャートTB : 0CM : 0
1982年8月7日付(オーストラリアからの新風、メン・アット・ワーク)HOME1982年7月24日付(久々にトップ40へとカムバック!エディ・マネー)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/661-41949114



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。