ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年7月24日付(久々にトップ40へとカムバック!エディ・マネー) ]
2012-07-20(Fri) 11:09:00
01/04「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
02/02「ロザーナ」トト
03/03「青春の傷あと」ジョン・クーガー
04/06「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
05/05「レット・イット・ホイップ」ダズ・バンド
06/11「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
07/01「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
08/08「汚れなき愛」ソフト・セル
09/09「オンリー・ザ・ロンリー」モーテルズ
10/12「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン

11/15「素直になれなくて」シカゴ
12/07「愛のサンシャイン」ジュース・ニュートン
13/13「ドゥ・アイ・ドゥ」ステーヴィー・ワンダー
14/16「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
15/10「想い焦がれて」38スペシャル
16/20「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
17/14「エニー・ディ・ナウ」ロニー・ミルサップ
18/18「テイク・ミー・ダウン」アラバマ
19/19「時の流れに」ジャーニー
20/22「パーソナリー」カーラ・ボノフ

21/21「恋のあやまち」リック・スプリングフィールド
22/32「ヴァケーション」ゴー・ゴーズ
23/31「テイク・イット・アウェイ」ポール・マッカートニー
24/26「アーリー・イン・ザ・モーニング」ギャップ・バンド
25/25「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」ローリング・ストーンズ
26/30「気になるふたり」メリサ・マンチェスター
27/36「恋の魔法使い」ドナ・サマー
28/17「プレイ・ザ・ゲーム・トゥナイト」カンサス
29/44「愛の詩」ケニー・ロジャース
30/35「失業ロック」ゲイリー・U.S.・ボンズ

31/33「フックト・オン・スウィング」ラリー・エルガート&ヒズ・マンハッタン・スウィング・オーケストラ
32/34「おしゃれな関係」レスリー・パール
33/43「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
34/37「キッズ・イン・アメリカ」キム・ワイルド
35/38「サムバディ」グレン・フライ
36/41「ペーパーレイト」ジェネシス
37/39「ナイス・ガール」アイ・トゥ・アイ
38/40「渚のラヴ・プラス・ワン」ヘアカット・ワン・ハンドレッド
39/42「ユア・イマジネーション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
40/45「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー


【ニューエントリーこめんと】

☆「愛の詩」ケニー・ロジャース
(Love Will Turn You Around / Kenny Rogers)

>軽快でぬくもりにあふれたポップ・ナンバーにて30位代を飛び越えてのトップ40入りと、カントリー界の重鎮ここに健在とばかりにアピールしてきたのだが、結果的には5週連続の13位という82年度B.B.誌チャートらしい定位置長期滞在を記録。もちろんその後、13位→67位というウルトラダウンも、まさに82年らしいってか。

アルバム「愛の詩」(Love Will Turn You Around)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「アメリカン・ミュージック」ポインター・シスターズ
(American Music / Pointer Sisters)

>“アメリカン・ミュージック”というタイトルの割には、若干地味な気がするポップ・ナンバー。タイトルに相応しいもっとノリのいい賑やかな作品作りを希望したかったのだが、それでも最高位16位まで上昇している。そして16位→81位というズッコケも、もはやお約束だ。

アルバム「ソー・エキサイテッド」(So Excited!)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ペーパーレイト」ジェネシス
(Paperlate / Genesis)

>81年のライヴ・ツアーを収録したアルバムに収められていたスタジオ録音曲をシングル・カット。「ノー・リプライ・アット・オール」と「アバカブ」を足して2で割ったようなポップ・ナンバー。作りはセコイ(?)が最高位32位を記録。

ライヴ・アルバム「スリー・サイド・ライヴ」(Three Sides Live)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ユア・イマジネーション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Your Imagination / Daryl Hall & John Oates)

>アルバムからの4thシングルともなると、さすがに出涸らし感が強くなってきたのが否めないようなブルー・アイド・ソウル。最高位33位と、チャートは正直だ。(スミマセン)

アルバム「プライヴェート・アイズ」(Privete Eyes)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「アイム・イン・ラヴ」エディ・マネー
(Think I'm In Love / Eddie Money)

>1949年ニューヨーク州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名エドワード・ジョセフ・マホニー。
3年半ぶりとなるトップ40ヒットは、初のトップ10ヒットの誕生かと思わせるようなパワフルなリズムを備えた自作によるポップ・ロックだったのだが、最高位16位止まり。この後再び沈黙するものの、4年後にビッグなヒットを放つ事となる。

アルバム「ノー・コントロール」(No Control)に収録。

No Control
↑70年代~90年代にかけて、トップ40ヒットを放っているのはスゴイよね☆
【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年7月チャートTB : 0CM : 0
1982年7月31日付(初のトップ10ヒット!アラン・パーソンズ・プロジェクト)HOME『Time Passages』Al Stewart

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/660-cb02e6aa



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。