ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年7月3日付(またまたの復活劇、クロスビー、スティルス&ナッシュ) ]
2012-06-29(Fri) 11:18:29
01/02「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
02/03「ロザーナ」トト
03/01「エボニー・アンド・アイボリー」ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー
04/04「ヒート・オブ・ザ・モーメント」エイジア
05/06「青春の傷あと」ジョン・クーガー
06/05「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ウィリー・ネルソン
07/08「レット・イット・ホイップ」ダズ・バンド
08/09「愛のサンシャイン」ジュース・ニュートン
09/19「アイ・オブ・ザ・タイガー」サヴァイヴァー
10/12「想い焦がれて」38スペシャル

11/14「汚れなき愛」ソフト・セル
12/07「クリムゾンとクローヴァー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
13/16「オンリー・ザ・ロンリー」モーテルズ
14/10「ジ・アザー・ウーマン」レイ・パーカー
15/18「エニー・ディ・ナウ」ロニー・ミルサップ
16/23「ドゥ・アイ・ドゥ」ステーヴィー・ワンダー
17/21「プレイ・ザ・ゲーム・トゥナイト」カンサス
18/20「テイク・ミー・ダウン」アラバマ
19/22「アブラカダブラ」スティーヴ・ミラー・バンド
20/28「キープ・ザ・ファイア・バーニン」REOスピードワゴン

21/24「恋のあやまち」リック・スプリングフィールド
22/30「ホールド・ミー」フリートウッド・マック
23/25「忘れな草」パトリース・ラッシェン
24/27「時の流れに」ジャーニー
25/29「パーソナリー」カーラ・ボノフ
26/26「ブレイク・イット・アップ」フォリナー
27/34「さよならロンリー・ラヴ」エア・サプライ
28/11「ボディ・ランゲージ」クィーン
29/48「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
30/42「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」ローリング・ストーンズ

31/43「アーリー・イン・ザ・モーニング」ギャップ・バンド
32/33「アフター・ザ・グリッター・フェイズ」スティーヴィー・ニックス
33/35「ディス・マン・イズ・マイン」ハート
34/38「素直になれなくて」シカゴ
35/37「ビー・マイン・トゥナイト」ニール・ダイアモンド
36/36「サンフランシスコ・ラヴ・ソング」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
37/39「誘惑の楽園」ブロンディ
38/40「ダンシング・イン・ザ・ストリート」ヴァン・ヘイレン
39/46「フックト・オン・スウィング」ラリー・エルガート&ヒズ・マンハッタン・スウィング・オーケストラ
40/41「悲しみのエンジェル」J.ガイルズ・バンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「時は流れても」クロスビー、スティルス&ナッシュ
(Wasted On The Way / Crosby, Stills and Nash)

>1968年カリフォルニア州で結成されたスーパーなフォーク系ロック・グループ。
5年ぶりとなるニュー・アルバムからの、5年ぶりとなるトップ40ヒット。Hot100エントリーからわずか2週目で40位内へと飛び込んでくるというその変わりない人気っぷりには驚かされたのだが、作品としてはコーラスが美しい軽快なフォーク・ロックっぷりにも変化はありません。最高位9位と、手堅くトップ10ヒットへと成長させている。

アルバム「デイライト・アゲイン」(Daylight Again)に収録。

Daylight Again
↑S&G同様、ワタシにはちょっと退屈かなぁ…。(スミマセン)
【試聴はコチラ】

☆「ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー」ローリング・ストーンズ
(Going To A Go Go / The Rolling Stones)

>1966年ミラクルズのヒットをカバー。81年に開催された北米でのライヴ・ツアーの様子をまとめたアルバムからの1stシングル。最高位25位。

ライヴ・アルバム「スティル・ライフ」(Still Life (American Concert 1981))に収録。

【試聴はコチラ】
(ミラクルズ・バージョン)

☆「アーリー・イン・ザ・モーニング」ギャップ・バンド
(Early In The Morning / The Gap Band)

>1967年オクラホマ州で結成されたファンク・バンド。
ファンク系グループにはあまり興味を持たないワタシですが、ファンケデリック同様興味を惹かれた数少ない存在のひとつ。OPの鶏声を耳にすると、お懐かしの早朝ラジオ番組「榎さんのおはようさん」を思い出してしまうワタシは、もう若くはありませぬ…。最高位24位。
なお88年にはロバート・パーマーがカバーし、最高位19位まで上昇している。

アルバム「アーリー・イン・ザ・モーニング」(Gap Band Ⅳ)に収録。

【試聴はコチラ】
(ロバート・パーマー・バージョン)

☆「フックト・オン・スウィング」ラリー・エルガート&ヒズ・マンハッタン・スウィング・オーケストラ
(Hooked On Swing / Larry Elgart & His Manhattan Swing Orchestra)

>1922年コネチカット州出身のジャズ・バンドのリーダー。
兄・レスとのコンビ時代を含めて初となるトップ40デビュー曲は、やはり当時まだ流行が継続していたメドレー・シリーズにあやかったスウィング・ジャズ・バージョン。最高位31位だったとはいえ、トップ40にてスウィング・ジャズが聴けるという機会はそうそうあるまいて…と思いきや、89年にジャイヴ・バニー&ザ・マスターミキサーズによって再びトップ40にてスウィング・ナンバーを耳にする事となる。

アルバム「フックト・オン・スウィング」(Hooked On Swing)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「悲しみのエンジェル」J.ガイルズ・バンド
(Angel In Blue / The J. Geiles Band)

>大ヒットを記録した2曲のお祭りロックの後を、キッチリと締めるに相応しいかのようなソフト・ロック。“ボス”が歌ってもしっくり来るかも?最高位40位。

アルバム「フリーズ・フレイム」(Freeze-Frame)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年7月チャートTB : 0CM : 2
『Millennium Edition』OpusHOME『Kilroy Was Here』Styx

COMMENT

この歳になって、地元の火消しのお仕事にかかわるようになり、訓練にいそしんでおりました^^;
寝不足と筋肉痛の日々を送っております。

70'sのスペシャルは面白かったです。(時々ありましたね)
踊るのは得意じゃないのに、ディスコミュージックは好きだったので
よくディスコには行ってました。(あの頃からずっと寝不足気味かも・・・)

クラブって行った事無いけど、ディスコとは違うんですよね^^;;アハハ

パトリース・ラッシェンの「忘れな草」とか、ソフト・セルの「汚れなき愛」とか原題で聴くとすぐ曲がうかぶけど、邦題だと悩んじゃいます。

b y monchi | 2012.07.08(21:27) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

お久しぶりです☆

今回の70'sスペシャルは、リアルタイム時には途中で
寝ちゃいましたので、30数年後に完聴出来たという次第であります♪

火消しのお仕事というと、ズバリ消防団ですか?
火事はモチロンの事ながら、迷惑なBBQパーティーにも
水をぶっかけてやって下さいまし☆(^^;
b y ぶるじん | 2012.07.09(20:49) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/654-d56a357e



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。