ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年6月5日付(唯一のトップ40ヒット、カーラ・ボノフ) ]
2012-06-01(Fri) 11:28:44
01/01「エボニー・アンド・アイボリー」ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー
02/02「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」リック・スプリングフィールド
03/03「愛はかげろうのように」シャーリーン
04/04「ジェニーズ・ナンバー/867-5309」トミー・トゥートーン
05/05「ジ・アザー・ウーマン」レイ・パーカーJr.
06/07「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
07/08「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ウィリー・ネルソン
08/11「ヒート・オブ・ザ・モーメント」エイジア
09/06「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
10/16「ロザーナ」トト

11/17「クリムゾンとクローヴァー」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
12/15「ミラクル・ラヴ」デニース・ウィリアムス
13/13「エンプティ・ガーデン」エルトン・ジョン
14/14「心変わり」リトル・リバー・バンド
15/09「ディッド・イット・イン・ア・ミニット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
16/19「メイキング・ラヴ」ロバータ・フラック
17/21「ボディ・ランゲージ」クィーン
18/26「愛のサンシャイン」ジュース・ニュートン
19/24「レット・イット・ホイップ」ダズ・バンド
20/29「青春の傷あと」ジョン・クーガー

21/18「バラに向かって走れ」ダン・フォーゲルバーグ
22/22「スティル・イン・サイゴン」チャーリー・ダニエルズ・バンド
23/23「ファンタジー」アルド・ノヴァ
24/31「想い焦がれて」38スペシャル
25/25「マイ・ガール」ドニー・アイリス
26/28「ウィズアウト・ユー」フランキー&ザ・ノックアウツ
27/27「リトル・スージー」サイモン&ガーファンクル
28/30「イッツ・オーヴァー」ラヴァーボーイ
29/33「汚れなき愛」ソフト・セル
30/32「眩しすぎる貴方」シーナ・イーストン

31/34「エニー・ディ・ナウ」ロニー・ミルサップ
32/35「プレイ・ザ・ゲーム・トゥナイト」カンサス
33/56「テイク・ミー・ダウン」アラバマ
34/39「オンリー・ザ・ロンリー」モーテルズ
35/42「ブレイク・イット・アップ」フォリナー
36/36「アイ・ドント・ノウ・ホエア・トゥ・スタート」エディ・ラビット
37/43「忘れな草」パトリース・ラッシェン
38/40「フレンズ・イン・ラヴ」ディオンヌ・ワーウィック&ジョニー・マティス
39/41「マーフィーズ・ロウ」シェリー
40/45「パーソナリー」カーラ・ボノフ


【ニューエントリーこめんと】

☆「テイク・ミー・ダウン」アラバマ
(Take Me Down / Alabama)

>カントリー系バンドながらもアルバム売り上げがマルチ・ミリオンを連発していた彼らだが、シングル・チャートにおいてもHot100登場3週目にしてトップ40入りという人気を獲得。完全なポップスへと移行せずに、カントリー色を残しながらまったりとしたポップなカントリー・ナンバーを提供してくれるその姿勢はお見事。ゆえに、日本では売れないのだが…。最高位18位。

アルバム「マウンテン・ミュージック」(Mountain Music)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ブレイク・イット・アップ」フォリナー
(Break It Up / Foreigner)

>アルバムからの4thシングルで最高位26位なれど、そのクォリティは高いポップ・ロック。一番驚いたのは、当時日本でCMのBGMとして使用されたコトであろうかな。

アルバム「4」(4)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「忘れな草」パトリース・ラッシェン
(Forget Me Not / Patrice Rushen)

>1954年カリフォルニア州出身のR&B/ジャズ女性シンガー兼ピアニスト。本名パトリック・ルイス・ラッシェン。
唯一のトップ40ヒットとなった、ちょっとダンサブルなR&Bナンバー。単調なリズムの連続ながらも記憶に残る一品。最高位23位。、

アルバム「ハート泥棒」(Straight From The Heart)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「マーフィーズ・ロウ」シェリー
(Murphy's Law / Cheri)

>カナダで結成されたダンス系女性デュオ。
最高位39位という目立たない存在だったダンス系ポップ・ナンバー。日本ではまるで話題にもならなかったのだが、あるあるネタとして「マーフィーの法則」が話題に上るのは90年代に突入してからである。

アルバム"Cheri"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「パーソナリー」カーラ・ボノフ
(Personally / Karla Bonoff)

>1951年カリフォルニア州出身の女性シンガー・ソングライター。
79年に発表されたアルバム「ささやく夜」(Restless Nights)のジャケットと、リンダ・ロンシュタット風のポップ・ナンバー「涙に染めて」(Trouble Again)のイメージが強かった彼女ですが、当時はそんな彼女がトップ40に登場して驚いたものである。地味ながらも洗練されたポップ・ナンバーが、...22位→22位→20位→20位...と足踏みを続けながら最高位19位まで上昇。一発ヒットだったとはいえ、個人的には拍手を送りたい活躍であーる。

アルバム「麗しの女」(Wild Heart Of The Young)に収録。

ささやく夜
↑やっぱこの「ささやく夜」が、ジャケット・デザインと共にNo.1でしょ☆
【試聴はコチラ】
(涙に染めて)

★圏外81位★

☆「永遠のラヴ・ソング」チープ・トリック
(If You Want My Love / Cheap Trick)

>1973年イリノイ州で結成されたロック・バンド。
80年代に突入後、人気に陰りが見えてきた彼らですが、作品としてはしっかりとしたモノを提供し続けていたのを忘れてはいけません。このロック・バラードの最高位が45位と、80年代に入りこれで連続3曲が最高位40位代となり、トップ40入りまであと一歩なのだ。(悔しいのぉ!)

アルバム「ワン・オン・ワン」(One On One)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年6月チャートTB : 0CM : 0
『Tusk』Fleetwood MacHOME『Classics』Don McLean

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/646-d9cbc8ed



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。