ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年5月8日付(復活!トト) ]
2012-05-04(Fri) 10:44:34
01/02「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
02/03「エボニー・アンド・アイボリー」ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー
03/01「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
04/05「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」リック・スプリングフィールド
05/04「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド
06/08「ジェニーズ・ナンバー/867-5309」トミー・トゥートーン
07/06「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
08/09「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
09/10「愛はかげろうのように」シャーリーン
10/11「ディッド・イット・イン・ア・ミニット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

11/13「ゲット・ダウン・オン・イット」クール&ザ・ギャング
12/14「ビートルズ・ムーヴィー・メドレー」ビートルズ
13/15「ジ・アザー・ウーマン」レイ・パーカーJr.
14/16「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ウィリー・ネルソン
15/20「ヒート・オブ・ザ・モーメント」エイジア
16/21「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
17/17「ラスト・タイム・ラヴ」グレッグ・ギドリー
18/07「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
19/23「エンプティ・ガーデン」エルトン・ジョン
20/22「ハング・ファイア」ローリング・ストーンズ

21/26「バラに向かって走れ」ダン・フォーゲルバーグ
22/28「心変わり」リトル・リバー・バンド
23/12「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
24/30「スティル・イン・サイゴン」チャーリー・ダニエルズ・バンド
25/27「マグナムP.I.のテーマ」マイク・ポスト
26/18「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
27/32「メイキング・ラヴ」ロバータ・フラック
28/29「スターズ・オン・スティーヴィー・ワンダー」スターズ・オン45
29/34「ファンタジー」アルド・ノヴァ
30/37「ミラクル・ラヴ」デニース・ウィリアムス

31/19「プリティ・ウーマン」ヴァン・ヘイレン
32/33「レッツ・ハング・オン」バリー・マニロウ
33/39「マイ・ガール」ドニー・アイリス
34/40「リトル・スージー」サイモン&ガーファンクル
35/38「上海ブリーズ」ジョン・デンバー
36/36「風のファルセット」デヴィッド・ラズリー
37/42「ウィズアウト・ユー」フランキー&ザ・ノックアウツ
38/59「ロザーナ」トト
39/46「眩しすぎる貴方」シーナ・イーストン
40/44「マン・オン・ザ・コーナー」ジェネシス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ウィズアウト・ユー」フランキー&ザ・ノックアウツ
(Without You / Franke And The Knockouts)

>ロック色を増した2ndアルバムに収録されていた、まさに極上のロック・バラード。最高位24位以上の存在感を放っているのは確かであろうかな。ラスト・トップ40ヒットとなってしまったのが残念。

アルバム「ビロウ・ザ・ベルト」(Below The Belt)に収録。

Below The Belt
↑1stアルバムのような音楽路線を貫いて欲しかった…。
【試聴はコチラ】

☆「ロザーナ」トト
(Rosanna / Toto)

>新アルバムが発売されるたびにヘッポコ(スミマセン)な方向に向かっていたような気がする彼らだったのだが、通算4枚目となるアルバムから発進されたこのデヴィッド・ペイチ作によるロック・ナンバーは、まさに復活ののろしを高々と打ち上げたような出来栄えに感激したあの当時。強力な2曲にトップの座を阻まれたものの、5週に渡り最高位2位という記録を達成。

アルバム「TOTO Ⅳ~聖なる剣~」(Toto Ⅳ)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「眩しすぎる貴方」シーナ・イーストン
(When He Shines / Sheena Easton)

>日本では2ndアルバムではなく、1stアルバムに収録されていた地味ながらも味わい深いバラード・ナンバー。最高位30位と、チャート的にも地味。

アルバム「モダンガール」(Take My Time)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「マン・オン・ザ・コーナー」ジェネシス
(Man On The Corner / Genesis)

>Hot100エントリー後、8週目にしてトップ40入りというスローな上昇ながらもアルバムから3曲目となるトップ40ヒットと、当時の彼らにしては偉業を達成(?)した地味なソフト・ロック。最高位40位と、これまたチャート的にも地味地味。

アルバム「アバカブ」(Abacab)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外84位★

☆「男のコたちが好きなもの知ってるわ」ザ・ウェイトレス
(I Know What Boys Like / The Waitresses)

>1978年オハイオ州で結成されたニューウェイヴ系グループ。
気だるいというよりも超脱力系のポップ・ナンバー。最高位62位だったというよりも、アメリカン・チャートにて記録を残せたのがなんか凄いッス。(ゴメン!)

アルバム「ワズント・トゥモロウ・ワンダフル」(Wasn't Tomorrow Wonderful?)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年5月チャートTB : 0CM : 2
1982年5月15日付(ちょっとやり過ぎた?クィーン)HOME1982年5月1日付(スーパー・グループ、エイジア参上!)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。