ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年4月24日付(70年代のスーパースターらによるラスト・ヒット) ]
2012-04-20(Fri) 11:48:15
01/01「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
02/02「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
03/03「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
04/04「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド
05/06「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」リック・スプリングフィールド
06/21「エボニー・アンド・アイボリー」ポール・マッカートニー&スティーヴィー・ワンダー
07/07「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
08/08「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
09/13「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
10/15「ジェニーズ・ナンバー/867-5309」トミー・トゥートーン

11/11「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
12/12「プリティ・ウーマン」ヴァン・ヘイレン
13/05「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
14/17「ディッド・イット・イン・ア・ミニット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
15/20「ゲット・ダウン・オン・イット」クール&ザ・ギャング
16/16「ミッドナイト・ラヴァー」クォーターフラッシュ
17/22「ビートルズ・ムーヴィー・メドレー」ビートルズ
18/18「光を求めて」ル・ルー
19/19「ラスト・タイム・ラヴ」グレッグ・ギドリー
20/23「愛はかげろうのように」シャーリーン

21/26「オールウェイズ・オン・マイ・マインド」ウィリー・ネルソン
22/28「ジ・アザー・ウーマン」レイ・パーカーJr.
23/09「オープン・アームズ」ジャーニー
24/30「ハング・ファイア」ローリング・ストーンズ
25/25「ブルー・ジーンズ・エンジェル」ドクター・フック
26/10「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
27/32「愛の残り火」ヒューマン・リーグ
28/36「エンプティ・ガーデン」エルトン・ジョン
29/34「マグナムP.I.のテーマ」マイク・ポスト
30/31「ママ・ユースト・トゥ・セイ」ジュニア

31/33「悪魔のラヴ・ソング」トム・トム・クラブ
32/38「スターズ・オン・スティーヴィー・ワンダー」スターズ・オン45
33/39「スティル・イン・サイゴン」チャーリー・ダニエルズ・バンド
34/14「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
35/24「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
36/40「メイキング・ラヴ」ロバータ・フラック
37/42「レッツ・ハング・オン」バリー・マニロウ
38/46「バラに向かって走れ」ダン・フォーゲルバーグ
39/44「上海ブリーズ」ジョン・デンバー
40/45「風のファルセット」デヴィッド・ラズリー


【ニューエントリーこめんと】

☆「レッツ・ハング・オン」バリー・マニロウ
(Let's Hang On / Barry manilow)

>65年フォー・シーズンズによる大ヒットのカバー。彼のヒット・シングルにしてはめずらしくアップ・テンポなポップ・ナンバーだが、最高位32位と原題のような頑張りは効かなかったようで残念無念。

アルバム「愛は、あなただけ」(If I Should Love Again)に収録。

【試聴はコチラ】
(フォー・シーズンス・バージョン)

☆「バラに向かって走れ」ダン・フォーゲルバーグ
(Run For The Roses / Dan Fogelberg)

>二枚組みアルバムに収録されていた作品中、競走馬には全く興味のないワタシが一番のお気に入りだったバラード・ナンバー。最高位18位と、チャート的にはその他大勢風なのだが、やっぱ今でもしっとりと聴かせてくれる一曲。

アルバム「イノセント・エイジ」(The Innocent Age)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「上海ブリーズ」ジョン・デンバー
(Shanghai Breezes / John Denver)

>カントリー界のスーパー・スターによるラスト・トップ40ヒット。キラキラと輝き自己主張を見せる80'sナンバーの群れに埋もれながらも、自己の主張を貫き通し続けたかのような、地味ながらも爽やかさを持ったカントリー・ナンバーが、最高位31位を記録している。

アルバム「シーズンズ・オブ・ザ・ハート」(Seasons Of The Heart)に収録。

Seasons Of The Heart
↑ベスト盤を1枚くらい持っておきたいかなぁ。
【試聴はコチラ】

☆「風のファルセット」デヴィッド・ラズリー
(If I Had My Wish Tonight / David Lasley)

>1947年ミシガン州出身のシンガー・ソングライター。本名デヴィッド・アンドリュー・ラズリー。
ワタシの記憶からは完全に欠落していた、ソフトなA.O.R.ナンバー。最高位36位の一発ヒット屋だが、ボズ・スキャッグスやマキシン・ナイチンゲールらにヒット曲を提供している。

アルバム「風のファルセット」(Missin' Twenty Grand)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外83位★

☆「恋のビーチウッド」カーペンターズ
(Beechwood 4-5789 / Carpenters)

>70年代を代表するスーパー・ポップ兄妹デュオによる、最後のアメリカン・チャート・ヒット。62年マーヴェレッツによるヒットをポップに仕立て上げカバーしたのだが、Hot100内滞在4週、最高位74位という寂しい結果に…。しかし、日本ではそれなりのヒットを記録しているのはお見事。

アルバム「メイド・イン・アメリカ」(Made In America)に収録。

【試聴はコチラ】
(マーヴェレッツ・バージョン)

★圏外84位★

☆「ハウ・ロング」ロッド・スチュワート
(How Long / Rod Stewart)

>74年エースによる一発ヒット曲をカバー。彼のボーカルと結構合う作品だと思うのだが、ちょっとアレンジが甘かったのか、最高位49位とトップ40入りならず。

アルバム「トゥナイト・アイム・ユアーズ」(Tonight I'm Yours)に収録。

【試聴はコチラ】
(エース・バージョン)
音楽チャート1982年4月チャートTB : 0CM : 0
1982年5月1日付(スーパー・グループ、エイジア参上!)HOME1982年4月17日付(ジョン・レノンへの追悼、エルトン・ジョン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/637-2988a9e2



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。