ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年4月3日付(記憶に残らないインスト・ナンバーが2曲) ]
2012-03-30(Fri) 16:29:00
01/01「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
02/02「オープン・アームズ」ジャーニー
03/03「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
04/04「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
05/06「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
06/08「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
07/10「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド
08/14「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」リック・スプリングフィールド
09/09「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
10/11「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ

11/05「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
12/18「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
13/15「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
14/19「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
15/17「プリティ・ウーマン」ヴァン・ヘイレン
16/16「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
17/21「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
18/23「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
19/07「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
20/24「ミッドナイト・ラヴァー」クォーターフラッシュ

21/26「光を求めて」ル・ルー
22/12「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
23/25「マイ・ガイ」シスター・スレッジ
24/28「ジェニーズ・ナンバー/867-5309」トミー・トゥートーン
25/29「ラスト・タイム・ラヴ」グレッグ・ギドリー
26/30「ジューク・ボックス・ヒーロー」フォリナー
27/27「愛のゆくえ」ニール・ダイアモンド
28/35「ブルー・ジーンズ・エンジェル」ドクター・フック
29/13「シェイク・イット・アップ」カーズ
30/46「ディッド・イット・イン・ア・ミニット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ

31/20「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
32/40「愛はかげろうのように」シャーリーン
33/22「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
34/31「マテリアル・ワールド」ポリス
35/32「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
36/33「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
37/41「マグナムP.I.のテーマ」マイク・ポスト
38/39「ジャスト・キャント・ウィン」スティーヴィー・ウッズ
39/43「ポップ・ゴーズ・ザ・ムービーズ」ミーコ
40/48「ゲット・ダウン・オン・イット」クール&ザ・ギャング


【ニューエントリーこめんと】

☆「ディッド・イット・イン・ア・ミニット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Did It In A Minute / Daryl Hall & John Oates)

>アルバムからの3rdシングルなれど、そのリズミカルなポップ・サウンドが受け入れられたようで、最高位9位とトップ10ヒットにまで成長。

アルバム「プライヴェート・アイズ」(Private Eyes)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「マグナムP.I.のテーマ」マイク・ポスト
(Theme From Magnum P.I. / Mike Post)

>私立探偵を主人公として取り上げたTVドラマ『私立探偵マグナム』のテーマ曲。最高位25位とはいえインストゥルメンタル・ナンバーだったという記憶しかなく、「全米トップ40」で湯川さんが「マグナムP.1.」(ピー・ワン)と誤読していたのは覚えているという…。(スミマセン) ちなみに“P.I.”とは"Private Investigator"の略。

シングル・オンリーのヒット?

【試聴はコチラ】

☆「ポップ・ゴーズ・ザ・ムービーズ」ミーコ
(Pop Goes The Movies Part Ⅰ / Meco)

>原曲をディスコ調に変化させ、チャートを賑わせていた彼によるラスト・トップ40ヒット。映画のテーマ曲をインストゥルメンタル・メドレーで組み込んだ作品だったのだが、最高位35位とそろそろ飽きられてきたようだ。ちなみに、ワタシは上記作品同様全く記憶にありません。(再度陳謝)
しかし、版権のある音楽をいじくってばっかりで、ミーコ氏は財を成せたのでしょうか?(大きなお世話)

アルバム「映画音楽ビックリハウス」(Pop Goes The Movies)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ゲット・ダウン・オン・イット」クール&ザ・ギャング
(Get Down On It / Kool & The Gang)

>時代を感じさせないポップでファンキーなナンバーが最高位10位まで上昇。その後、10位→47位というトップ10内からトップ40圏外へと大きくスリップダウンする現象は、まさしくこの時代を象徴するビルボード・チャートのはじまりはじまりィってか。(やれやれ)

アルバム「サムシング・スペシャル」(Something Special)に収録。

Something Special
↑良質なシングルを大量に提供してくれている彼らだが、オリアルは1枚も買ってないなぁ…。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年4月チャートTB : 0CM : 0
1982年4月10日付(強力タッグ!ポール&スティーヴィー)HOME1982年3月27日付(5年越しの大ヒット!シャーリーン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/634-6fed4025



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。