ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年3月27日付(5年越しの大ヒット!シャーリーン) ]
2012-03-23(Fri) 18:46:59
01/01「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
02/02「オープン・アームズ」ジャーニー
03/06「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
04/04「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
05/05「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
06/07「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
07/03「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
08/14「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
09/10「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
10/18「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド

11/13「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
12/12「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
13/09「シェイク・イット・アップ」カーズ
14/24「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」リック・スプリングフィールド
15/17「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
16/19「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
17/22「プリティ・ウーマン」ヴァン・ヘイレン
18/21「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
19/25「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
20/20「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート

21/26「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
22/08「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
23/36「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
24/30「ミッドナイト・ラヴァー」クォーターフラッシュ
25/28「マイ・ガイ」シスター・スレッジ
26/35「光を求めて」ル・ルー
27/32「愛のゆくえ」ニール・ダイアモンド
28/34「ジェニーズ・ナンバー/867-5309」トミー・トゥートーン
29/38「ラスト・タイム・ラヴ」グレッグ・ギドリー
30/31「ジューク・ボックス・ヒーロー」フォリナー

31/11「マテリアル・ワールド」ポリス
32/15「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
33/16「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
34/23「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
35/41「ブルー・ジーンズ・エンジェル」ドクター・フック
36/27「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
37/29「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
38/33「テル・ミー・トゥモロウ」スモーキー・ロビンソン
39/40「ジャスト・キャント・ウィン」スティーヴィー・ウッズ
40/59「愛はかげろうのように」シャーリーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ブルー・ジーンズ・エンジェル」ドクター・フック
(Baby Makes Her Blue Jeans Talk / Dr. Hook)

>その軽快なメロディーラインはまさに時代にマッチしたポップ・ナンバーだったのだが、最高位25位と意外に伸びず。それどころか、シングル・ヒッターだった彼らによるラスト・トップ40ヒットとなってしまった。

アルバム"Players In The Dark"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「愛はかげろうのように」シャーリーン
(I've Never Been To Me / Charlene)

>1950年カリフォルニア州出身の女性シンガー。本名シャーリーン・マリリン・ダンジェロ。
77年のリリース時には、最高位97位&Hot100滞在わずか3週というお粗末な成績しか残せなかったこのカントリー調ポップ・ソングがこの年、フロリダ州のとあるラジオ局から流されたのをきっかけに人気が沸騰し、再録音後に発売されると最高位3位まで上昇する大ヒット曲へと変貌を遂げた一発ヒット。日本でも人気が高い作品で、78年には「過ぎし日の想い出」(Torn Between Two Lovers)の大ヒットで知られるメアリー・マッグレガーによって「幸福(しあわせ)はかげろうのように」の邦題で先行ヒットしている。(全米ではコケた!)

アルバム「愛はかげろうのように」(I've Never Been To Me)に収録。

Ive Never Been To Me
↑ワタシには、メアリー・バージョンが懐かしいッス☆

【試聴はコチラ】
(メアリ・マッグレガー・バージョン)


★圏外78位★

☆「シンス・ユーアー・ゴーン」カーズ
(Since You're Gone / The Cars)

>最高位41位シリーズの第3弾。この偉業(?)は、この先も決して破られる事はない!?(おいおい)

アルバム「シェイク・イット・アップ」(Shake It Up)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年3月チャートTB : 0CM : 4
1982年4月3日付(記憶に残らないインスト・ナンバーが2曲)HOME1982年3月20日付(「アイ・ゴー・クレイジー」を超えた!?ポール・デイヴィス)

COMMENT

  + こんにちは
b y Leepy | 2012.03.24(23:29) | URL | [EDIT] |
  +
>Leepyさん

お久しぶりですね、お元気そうでなによりであります☆

「そよ風の誘惑」の日本語バージョン&このドラマは、初耳&初見となりますが、
雰囲気からして70年代なのでありましょうか?

テレサ・テンも坂井泉水同様、若くして逝っちゃいましたよね。
テレサのラスト・レコーディング曲「あなたと共に生きてゆく」は、
作詞が坂井泉水なんですよ。
b y ぶるじん | 2012.03.26(19:32) | URL | [EDIT] |
ドラマの主題歌はこっちですm(__)m
歌ってる人が同じなので間違ってしまいました。
どっちのドラマも80年代半ばかと。
http://youtu.be/_gr2U6s8Vdo
http://youtu.be/VVI5N1FjbLA

ZARDはCDシングルが細長い頃に一番購入したアーティストだったりします。
もう5年も経つのですねえ・・・。
b y Leepy | 2012.03.26(21:10) | URL | [EDIT] |
  +
>Leepyさん

いやいや、リンク間違いでしたか。(^^;

しかし、日本語バージョンの「愛はかげろうのように」を聞いていると、
何故かあべ静江の「みずいろの手紙」を思い出しますよ。

>ZARDはCDシングルが細長い頃に一番購入したアーティスト

嬉しいじゃないですか☆
そして時が止まってしまった彼女と、ワタシは10歳もの差が…。
b y ぶるじん | 2012.03.27(00:11) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/633-f46c4449



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。