ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年3月20日付(「アイ・ゴー・クレイジー」を超えた!?ポール・デイヴィス) ]
2012-03-16(Fri) 13:52:55
01/03「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
02/02「オープン・アームズ」ジャーニー
03/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
04/05「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
05/06「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
06/07「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
07/17「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
08/08「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
09/04「シェイク・イット・アップ」カーズ
10/12「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア

11/11「マテリアル・ワールド」ポリス
12/14「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
13/16「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
14/18「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
15/09「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
16/10「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
17/19「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
18/29「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド
19/22「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
20/21「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート

21/23「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
22/30「プリティ・ウーマン」ヴァン・ヘイレン
23/24「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
24/36「ドント・トーク・トゥ・ストレンジャー」リック・スプリングフィールド
25/31「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
26/28「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
27/27「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
28/32「マイ・ガイ」シスター・スレッジ
29/13「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
30/40「ミッドナイト・ラヴァー」クォーターフラッシュ

31/35「ジューク・ボックス・ヒーロー」フォリナー
32/37「愛のゆくえ」ニール・ダイアモンド
33/34「テル・ミー・トゥモロウ」スモーキー・ロビンソン
34/38「ジェニーズ・ナンバー/867-5309」トミー・トゥートーン
35/41「光を求めて」ル・ルー
36/47「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
37/15「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
38/51「ラスト・タイム・ラヴ」グレッグ・ギドリー
39/39「ドント・レット・ヒム・ノウ」プリズム
40/42「ジャスト・キャント・ウィン」スティーヴィー・ウッズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「光を求めて」ル・ルー
(Nobody Said It Was Easy / Le Roux)

>1978年ルイジアナ州でルイジアナズ・ル・ルーとして結成されたロック・バンド。
初のトップ40ヒットながらも35位→26位→21位と好調にチャート上昇を続け、トップ10ヒットは確実かと思われたA.O.R.ナンバーだが、結果的には最高位18位止まり。その後、18位→85位という滑落を見ると、まるで発禁&放送禁止を食らったのではなかろうかと勘繰ってしまいそうな扱いに涙。なお余談だが、「全米トップ40」では圏外上昇中時に坂井アナは、バンド名を“リラックス”と発音してましたとさ。

アルバム「ラスト・セイフ・プレイス」(Last Safe Place)に収録。

Last Safe Place
↑当時はアルバム購入したのだが、唯一のトップ40ヒット意外は記憶ナシ★

【試聴はコチラ】

☆「恋人たちのメモリー」ポール・デイヴィス
('65 Love Affair / Paul Davis)

>彼らしからぬアップテンポな自作曲が、これまたらしからぬチャート急上昇を続け(スミマセン)、最終的には最高位6位と彼にとって最大級のヒット曲へと成長。彼のシンガー・ソングライターとしてのもうひとつの顔を見せてくれたのはいいのだが、その後の18位→70位という転落は、上記曲をトレースしたようでヤな感じ。

アルバム「クール・ナイト」(Cool Night)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ラストタイム・ラヴ」グレッグ・ギドリー
(Goin' Down / Greg Guidry)

>1950年テネシー州出身のシンガー・ソングライター。本名グレゴリー・マーク・ギドリー。
当時流行のA.O.R.系ポップ・ナンバーが、初となるトップ40ヒットながら最高位17位と健闘。ワタシにはちょっと退屈な一発ヒットだったとはいえ、現在でもAMラジオから流れる時あり。
03年7月、自殺にて他界。享年53。

アルバム「オーヴァー・ザ・ライン 」(Over The Line)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ジャスト・キャント・ウィン」スティーヴィー・ウッズ
(Just Can't Win 'Em All / SteVie Woods)

>この週にトップ40入りしてきたのはすべてA.O.R.系ナンバーというまさにブームの固まりだったのだが、最高位38位と一番伸びなかったこの特色の薄い作品も、38位→97位という大パフォーマンスを披露している。(ほんっと、スミマセン)

アルバム「スティール・ザ・ナイト」(Steal The Night)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年3月チャートTB : 0CM : 0
1982年3月27日付(5年越しの大ヒット!シャーリーン)HOME1982年3月13日付(スタンダード・ナンバーをカバー、ヴァン・ヘイレン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/632-cb5c683c



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。