ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年3月6日付(2ndシングルも大ヒット!J.ガイルズ・バンド) ]
2012-03-02(Fri) 14:38:53
01/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/02「オープン・アームズ」ジャーニー
03/09「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
04/04「シェイク・イット・アップ」カーズ
05/05「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
06/06「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
07/03「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
08/12「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
09/10「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
10/11「思い出の中に」リトル・リバー・バンド

11/19「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
12/13「マテリアル・ワールド」ポリス
13/14「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
14/18「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
15/16「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
16/22「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
17/20「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
18/07「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
19/39「ムーヴ・オン・ミー」オリヴィア・ニュートン・ジョン
20/30「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス

21/25「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
22/24「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
23/08「甘い出来事」ジュース・ニュートン
24/34「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
25/27「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
26/29「コール・ミー」スカイ
27/33「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
28/31「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
29/32「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
30/15「遠いさよなら」シーナ・イーストン

31/17「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
32/23「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
33/37「アイ・ビリーヴ」チリワック
34/56「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド
35/21「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
36/41「マイ・ガイ」シスター・スレッジ
37/40「テル・ミー・トゥモロウ」スモーキー・ロビンソン
38/60「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
39/50「ジューク・ボックス・ヒーロー」フォリナー
40/45「愛のゆくえ」ニール・ダイアモンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「フリーズ・フレイム」J.ガイルズ・バンド
(Freeze-Frame / The J. Geils Band)

>前シングルがまだチャートの首位を死守している最中にトップ40入りしてきた、これまたハイテンションなポップでキャッチーなロック・ナンバー。2作連続No.1ヒットは確実といったチャート・アクションを披露してくれたものの、やはり上位陣の壁は厚く最高位4位にて足踏み。それでも、前作同様印象に残るヒット曲であるのは変わりはあるまいて。

アルバム「フリーズ・フレイム」(Freeze-Frame)に収録。

Freeze-Frame.jpg
↑やっぱ、その完成度は高いッス♪

【試聴はコチラ】

☆「マイ・ガイ」シスター・スレッジ
(My Guy / Sister Sledge)

>79年にナイル・ロジャース&バーナード・エドワーズという強力なバックアップの下、2曲のトップ10ヒットを記録した彼女らによる3年ぶりとなるトップ40ヒット。64年マリー・ウェルズによる大ヒットのカバーだが、2曲のディスコ・ヒットのインパクトがあまりにも大き過ぎ、路線変更したこの緩やかなR&Bナンバーは最高位23位まで上昇したとはいえ、ワタシの記憶には未だに残りづらいというよりも無かったコトになっちゃっているのがなんとも…。(ゴメンナサイ!)。

アルバム「シスターズ」(The Sisters)の収録。

【試聴はコチラ】
(マリー・ウェルズ・バージョン)

☆「エッジ・オブ・セヴンティーン」スティーヴィー・ニックス
(Edge Of Seventeen / Stevie Nicks)

>ケニー・ロギンス、トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ、そしてドン・ヘンリーとのデュエット・ヒットを経て、今回のこの作品が初めてソロ名義としてのトップ40ヒットとなった自作曲。ややハードな作りのポップ・ナンバーが、最高位11位を記録している。

アルバム「麗しのベラ・ドンナ」(Bella Donna)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ジューク・ボックス・ヒーロー」フォリナー
(Juke Box Hero / Foreigner)

>フォリナーによるアルバムからの3rdシングルといえば、ヒットした前2作品と比較するとクォリティが若干ダウンするというイメージがあったのだが、最高位26位とチャート順位的にはありきたりなポジションなれどワタシにはそれなりの存在感を示し付けてくれたポップ・ロック。26位から75位へと大きく後退したのに、★印がちゃっかり付いているのはやっぱアメリカン・ジョーク?(あはは)

アルバム「4」(4)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「愛のゆくえ」ニール・ダイアモンド
(On The Way To The Sky / Neil Diamond)

>オールディーズぽいカントリー風な作品で、やや地味なれども意外と壮大なバラードではなかろうか。最高位こそ27位なれど、ワタシは結構お気に入りのナンバーであーる。なお邦題はワタシの記憶によるもので、裏付けは取れてません。

アルバム「再会~そして、愛のゆくえ」(On The Way To The Sky)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年3月チャートTB : 0CM : 0
『The Very Best Of Jefferson Starship』Jefferson StarshipHOME『Winds Of Change』Jefferson Starship

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/629-1a1203d7



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。