ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年2月20日付(正統派アメリカン・ロック、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース) ]
2012-02-17(Fri) 16:11:01
01/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/02「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/03「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
04/04「オープン・アームズ」ジャーニー
05/06「シェイク・イット・アップ」カーズ
06/22「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
07/07「甘い出来事」ジュース・ニュートン
08/10「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
09/08「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
10/12「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ

11/05「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
12/14「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
13/13「友を待つ」ローリング・ストーンズ
14/19「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
15/17「遠いさよなら」シーナ・イーストン
16/18「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
17/21「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
18/39「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
19/25「マテリアル・ワールド」ポリス
20/20「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド

21/23「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
22/24「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
23/26「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
24/31「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
25/36「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
26/28「アバカブ」ジェネシス
27/34「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
28/30「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ
29/29「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
30/32「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード

31/37「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
32/35「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
33/42「コール・ミー」スカイ
34/44「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
35/40「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
36/09「ガール・ライク・ユー」フォリナー
37/38「ラヴ・イズ・ライク・ア・ロック」ドニー・アイリス
38/49「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
39/11「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
40/54「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー


【ニューエントリーこめんと】

☆「コール・ミー」スカイ
(Call Me / Skyy)

>1973年ニューヨーク州で結成されたR&B/ファンク・バンド。
彼らにとって唯一のトップ40ヒットとなったファンク調ダンス・ナンバー。最高位26位。

アルバム「スカイ・ライン」(Skyy Line)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「チャリオッツ・オブ・ファイア」ヴァンゲリス
(Chariots Of Fire / Vangelis)

>1943年ギリシャ出身のマルチ音楽家。本名エヴァンゲロス・オディセアス・パパサナスィウ。
映画「炎のランナー」のテーマ曲を、自作自演にて仕上げた壮大で感動的なインストゥルメンタル・ナンバー。Hot100チャート・イン後、22週間もの時間をかけて全米の頂点へ(1週)。しかしこの後の...12位→53位という大きなチャート・ダウンは、No.1ソングにしてはあまりにも扱いがヒドイのでは…。
ちなみに、アルバムはチャートイン27週目でNo.1に輝いている。

サントラ「炎のランナー」(Chariots Of Fire)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ビリーヴ・イン・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
(Do You Believe In Love / Huey Lewis & The News)

>1979年カリフォルニア州で結成されたロック・バンド。
ヒット作の請負人である敏腕プロデューサー、ロバート・ジョン・"マット"・ランジ作による爽快なアメリカン・ポップ・ロック。私のお気に入りバンドのひとつとなる彼らの、記念すべき初トップ40ヒットが最高位7位まで上昇。
余談だが、映画「ダイハード」に出演していた強盗グループの1人は、なんであんなにヒューイ・ルイスに似ているのでしょうか?

アルバム「ベイエリアの風」(Picture This)に収録。

Picture This
↑当時はよく聴いたッス♪しかし、この内容でトップ10入りしていないとは…。

【試聴はコチラ】

☆「テイク・オフ」ボブ&ダグ・マッケンジー
(Take Off / Bob & Doug McKenzie)

>カナダ生まれのコメディアン、“ボブ”ことリック・モラニスと“ダグ”ことデイヴ・トーマスによる“マッケンジー兄弟”の音楽界デビュー作。ゲストとしてラッシュのリード・ボーカリストであるゲディ・リーも参加したポップ・ナンバーが、最高位16位まで上昇。大きなお世話ですが、ゲディのボーカルはラッシュのハードなプログレ・ロックより、この作品のようなポップ曲の方が映えるような気がしますよ。
当時は日本発売されないこの曲がとても気に入り、通販で輸入盤を注文しても在庫切れという返答のありさまだったのだが、現在ではネット・ショッピングにて簡単に入手出来るのは、ホント素晴らしいこってす☆(いや、このアルバムは買ってませんが…)

アルバム"Great White North"に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年2月チャートTB : 0CM : 0
『Wanna Be A Star』ChilliwackHOME『The Best Of Stephen Bishop』Stephen Bishop

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/625-5d35eceb



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。