ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年2月13日付(人気爆発!ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ) ]
2012-02-10(Fri) 21:40:17
01/01「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
02/02「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/04「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
04/15「オープン・アームズ」ジャーニー
05/05「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
06/09「シェイク・イット・アップ」カーズ
07/08「甘い出来事」ジュース・ニュートン
08/07「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
09/03「ガール・ライク・ユー」フォリナー
10/12「スウィート・ドリームス」エア・サプライ

11/11「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
12/14「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
13/13「友を待つ」ローリング・ストーンズ
14/16「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
15/10「クラシックス・オン45」ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
16/06「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
17/19「遠いさよなら」シーナ・イーストン
18/21「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
19/23「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
20/22「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド

21/25「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ
22/26「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
23/27「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
24/35「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
25/29「マテリアル・ワールド」ポリス
26/28「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
27/17「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
28/30「アバカブ」ジェネシス
29/31「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
30/32「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ

31/64「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
32/36「ダディーズ・ホーム」クリフ・リチャード
33/33「シー・オブ・ラヴ」デル・シャノン
34/43「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
35/39「ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン」アバ
36/46「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
37/44「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
38/42「ラヴ・イズ・ライク・ア・ロック」ドニー・アイリス
39/63「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
40/45「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム


【ニューエントリーこめんと】

☆「ウィ・ガット・ザ・ビート」ゴー・ゴーズ
(We Got The Beat / Go-Go's)

>女性バンドである彼女たちの全米人気を一気に頂点へと押し上げた、ポップでちょっとノスタルジック風なロック・ナンバー。最高位2位と、惜しくも全米制覇を逃している。

アルバム「ビューティ・アンド・ザ・ビート」(Beauty And The Beat)に収録。

【試聴はコチラ】
(ライヴ・バージョン)

☆「トゥナイト・アイム・ユアーズ」ロッド・スチュワート
(Tonight I'm Yours / Rod Stewart)

>アルバムからの2ndシングルである本作も、前作同様アップ・テンポでキャッチーなナンバーだったのだが、最高位20位と意外と伸びずで残念無念。

アルバム「トゥナイト・アイム・ユアーズ」(Tonight I'm Yours)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「愛しのボビー・スー」オークリッジ・ボーイズ
(Bobbie Sue / Oak Ridge Boys)

>ミリオン・セラーを獲得した1stトップ40ヒット同様、ポップな作りが評価を得たのか最高位12位まで上昇。しかし日本ではカントリー系アーティストに対する不遇に変化は無く、前ヒット同様話題にも上がらず仕舞い。でも、今作もアルバムとシングルが発売されているだけマシってか?それにしても、活動期間の長いグループだけあって、メンバーに物故者が多いようで…。(合掌)

アルバム「愛しのボビー・スー」(Bobbie Sue)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「涙のパーティ」ポインター・シスターズ
(Should I Do It / The Pointer Sisters)

>最高位13位まで上昇しているポップ・ナンバーだが、トップ40ヒットの多い彼女たちの作品中では目立たない存在として埋もれてしまっている感があるかも。

アルバム「ブラック&ホワイト」(Black & White)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ラヴ・イズ・ライク・ア・ロック」ドニー・アイリス
(Love Is Like A Rock / Donnie Iris)

>ポップで軽快なワタシ好みのロック・ナンバーだったのだが、最高位37位と全米ではほとんど相手にされず。日本においてはアルバムもシングルも発売されずという、さらにヒドイ扱いを…。(涙)

アルバム"King Cool"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「アイ・ラヴ・ロックン・ロール」ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツ
(I Love Rock N' Roll / Joan Jett & The Blackhearts)

>1958年ペンシルバニア州出身のシンガー・ソングライター兼ギタリストであるジョーン・ジェット(本名ジョーン・マリー・ラーキン)を中心に結成されたロック・バンド。70年代に日本でブレイクした女性ロック・バンド“ランナウェイズ”の元ギタリスト。
75年アローズによるヒットのカバーにてトップ40デビューを果たしたのだが、39位→18位→9位→3位→3位→1位という派手なチャート・アクションを披露し、7週連続首位を快走という大記録を達成。もちろんミリオン・セラーをもマーク。個人的な感想ですが、正直ちょっと耳障りなロックだったかな。(スミマセン)
なお、日本では99年にドラゴン・アッシュがサンプリング曲として「I Love Hip Hop」をヒットさせている。

アルバム「アイ・ラヴ・ロックンロール」(I Love Rock 'n Roll)に収録。

I Love Rock  Roll
↑なんか“耳障り”とか言ってますが、ジャケット・デザインに惹かれLP購入したあの当時…。

【試聴はコチラ】
(アロ-ズ・バージョン)
(「I Love Hip Hop」ドラゴン・アッシュ)
「I Love Rocky Road」アル・ヤンコヴィック)
(「チェリー・ボンブ」ランナウェイズ)

☆「ワン・ハンドレッド・ウェイズ」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
(One Hundred Ways / Quincy Jones featuring James Ingram)

>前ヒット同様、ボーカルにジェームス・イングラムを迎えてのソウルフルなバラード。最高位14位と、本作も安定した人気をを維持。

アルバム「愛のコリーダ」(The Dude)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年2月チャートTB : 0CM : 4
『The Best Of Stephen Bishop』Stephen BishopHOME『Love Come Down - The Best Of Evelyn "Champagne" King』Evelyn "Champagne" King

COMMENT

  +
前作同様アップ・テンポでキャッチーなナンバーだったのだが、最高位20位と意外と伸びずで残念無念。

この曲がスピーカーから流れるとボリュームを絞ってしまうくらい、こっ恥ずかしいナンバーでした。今聴くとなおさら...(苦笑)
b y 脱壱 | 2012.02.10(22:47) | URL | [EDIT] |
ちょうど、80’s聴いていて、マイケルの『オフ・ザ・ウォール』からTOP10ヒットが4曲出たのが記録だと言っていたので、たしかケイティー・ペリーが記録破ってるだろうなと思って検索したら、ホイットニーが亡くなったみたいな記事がありました。冗談かと思ったら本当のようでした。
なんかショックです。
一度しかライブは観ていないですが印象が強烈だったし、まだまだこれからも楽しみなアーティストなのに・・・
御冥福をお祈りします(合掌)
b y monchi | 2012.02.12(13:28) | URL | [EDIT] |
  +
>脱壱さん

>こっ恥ずかしいナンバー

やっぱ和訳しながら聴いちゃうとダメでしょうか?(あはは)
すると、「アイム・セクシー」も同類?(^^;
b y ぶるじん | 2012.02.13(00:23) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

>ホイットニーが亡くなった

日曜の昼、NHKのニュースで彼女の訃報を知りました。
享年48は、若すぎますよね…。(合掌)
b y ぶるじん | 2012.02.13(00:27) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/623-4ded2464



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。