ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年1月5日付 ]
2005-07-05(Tue) 17:24:14
01/01「ライク・ア・ヴァージン」マドンナ
02/02「ワイルド・ボーイズ」デュラン・デュラン
03/04「シー・オブ・ラヴ」ハニー・ドリッパーズ
04/05「クール・イット・ナウ」ニュー・エディション
05/06「ウィ・ビロング」パット・ベネター
06/09「オール・アイ・ニード」ジャック・ワグナー
07/03「アウト・オブ・タッチ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
08/12「ラン・トゥ・ユー」ブライアン・アダムス
09/15「君こそすべて」シカゴ
10/10「ヴァロッテ」ジュリアン・レノン

11/14「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」ブルース・スプリングスティーン
12/07「フィール・フォー・ユー」
13/17「恋にふるえて」ジャーメイン・ジャクソン
14/21「アイ・ウォナ・ノゥ」フォリナー
15/08「ひとりぽっちのロンリー・ナイト」ポール・マッカートニー
16/22「イージー・ラヴァー」フィリップ・ベイリー&フィル・コリンズ
17/19「アンダースタンディング」ボブ・シーガー&シルヴァー・バレット・バンド
18/25「恋するジェイミー」レイ・パーカーJr.
19/27「ボーイズ・オブ・サマー」ドン・ヘンリー
20/65「ドゥ・ゼイ・ノゥ・イッツ・クリスマス」バンド・エイド

21/13「魅惑のスルー・ザ・ナイト」シンディ・ローパー
22/16「キャント・ホールド・バック」サヴァイヴァー
23/37「ケアレス・ウィスパー」ワム・フューチャリング・ジョージ・マイケル
24/24「センティピード」リビー・ジャクソン
25/32「ダイ・フォー・ユー」プリンス&ザ・レヴォリューション
26/31「ラヴァー・ボーイ」ビリー・オーシャン
27/11「ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ」ワム
28/20「ハロー・アゲイン」カーズ
29/33「ブルース」リック・スプリングフィールド
30/18「ペニー・ラヴァー」ライオネル・リッチー

31/36「ラヴ・ライト・イン・フライト」スティーヴィー・ワンダー
32/40「ニュートロン・ダンス」ポインター・シスターズ
33/35「テンダー・イヤーズ」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
34/34「ベル・オブ・セントマーク」シーラ・E.
35/42「メソッド・オブ・モダン・ラヴ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
36/45「ソリッド」アシュフォード&シンプソン
37/39「フーリッシュ・ハート」スティーヴ・ペリー
38/41「コール・トゥ・ザ・ハート」ジェフリア
39/49「ジャングル・ラヴ」タイム
40/46「ミスレッド」クール&ザ・ギャング


【ニューエントリーこめんと】


☆「ドゥ・ゼイ・ノゥ・イッツ・クリスマス」バンド・エイド
(Do They Know It's Christmas / Band Aid)

>新年からいきなりクリスマス・チャリティ・ソングが、
20位という高い順位に飛び込んで来た。
元ブームタウン・ラッツのボブ・ゲルドフを中心に、飢餓に苦しむ
エチオピアの人々を救済するためのチャリティ・ソングとして、
英国のミュージシャン達が集結し完成させた作品。
チャリティ・ソングとはいえその完成度は高く、その後クリスマス
定番ソングとして定着していくのである。
最高位13位、ミリオン・セラー。
この年の2月中旬までHot100にエントリーしていたのはお見事!

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0006I0S6C001002/

☆「メソッド・オブ・モダン・ラヴ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Method Of Modern Love / Daryl Hall & John Oates)

>“♪M・E・T・H・O・D・O・F・L・O・V・E”ってなフレーズで、
B.C.R.の「サタディ・ナイト」をつい思い出してしまう。
安定したメロディ・ライン&ボーカルにとりたてて問題はないのだが、
逆にそこが面白みに欠けるか?
でも、♪In The Moonlite Under Startliteの部分が好きだなぁ。(^^)
最高位5位。
アルバム「ビッグ・バム・ブーム」(Big Bam Boom)からの2ndシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000056CCH001017/

☆「ソリッド」アシュフォード&シンプソン
(Solid / Ashford & Simpson)

>ニコラス・アッシュフォードとヴァレリー・シンプソンによる
1964年来の夫婦デュオ。
ソング・ライターとしてマーヴィン・ゲイやダイアナ・ロスらに
作品を提供し、当時のモータウンを支えた功労者でもある。
5年半ぶりのトップ40ヒットとなる自らのこの作品、80年代に入ろうとも
作品作りに妥協をしなければしっかりとファンの心を掴める証しであろうか?
この時期に彼らのトップ40ヒットには、正直驚いたものであった。
最高位12位。
同名アルバム(Solid)からのナンバー。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005UPFF001015/

☆「コール・トゥ・ザ・ハート」ジェフリア
(Call To The Heart / Giuffria)

>お待たせいたしました、リベンジの時がやって参りました!
70年代中期に“エンジェル”って不遇を受けたロック・バンドが
存在した事を何人の方が御存知でしょうか?
そのバンドのキーボード・プレイヤー、グレッグ・ジェフリアを主軸に
84年新たにエンジェルとして再スタートしようとしたのだが、
色々と問題があり“ジェフリア”と名義を変更。
キーボードを主体とした音作りの、なかなかホネのあるロックが
チャートを駆け上がって来た!
最高位15位をマーク、満足のいく記録であろう。
さて、日本での評価に目を移して見るかな?
アルバム邦題が『美伝説』!?(原題は"Giuffria")
・・・やっぱ“エンジェル”扱いされ、この後静かにチャートを
去って行きましたとさ。(涙)
ちなみにワタシは“G.T.R.”とごっちゃになるので困るのだ。(スマヌ!)

☆「ジャングル・ラヴ」タイム
(Jungle Love / The Time)

>1981年ミネソタ州ミネアポリスで結成。
プリンスのバック・アップがあったとはいえ、ジェシー・ジョンソン、
モーリス・ディ、テリー・ルイスらが在籍しており、メンバーは強力だ!
プリンス色の強いファンクなダンス・ナンバー。
最高位20位。
当時、アルバム「アイスクリーム・キャッスル」(Ice Cream Castle)に
手を伸ばしてみました。
う~ん、当時のワタシには濃いすぎたか!?
♪オイオイオ~(^^)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002L66001004/

☆「ミスレッド」クール&ザ・ギャング
(Misled / Kool & The Gang)

>淡々とトップ40ヒット曲を放つ彼らなれど、独特の“色”(毒?)が
薄れつつあり、最高位10位なれどその存在感は微妙なモノである。
アルバム「クール・エマージェンシー」(Emergency)からの1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000IJVE001016/
1985年1月チャートTB : 0CM : 0
1979年1月6日付HOME1985年5月4日付

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/62-11c0483c



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。