ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1982年1月30日付(全米でもパックマン旋風!バックナー&ガルシア) ]
2012-01-27(Fri) 15:33:07
01/04「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
02/02「ガール・ライク・ユー」フォリナー
03/03「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
04/01「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
05/05「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
06/06「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
07/07「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
08/08「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
09/10「甘い出来事」ジュース・ニュートン
10/11「クラシックス・オン45」ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ

11/12「愛のラスト・シーン」バーブラ・ストライサンド
12/13「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
13/14「シェイク・イット・アップ」カーズ
14/16「友を待つ」ローリング・ストーンズ
15/15「今宵の君へ」エディ・ラビット
16/17「バンド・リーダーの贈り物」ダン・フォーゲルバーグ
17/18「思い出の中に」リトル・リバー・バンド
18/19「カム・ゴー・ウィズ・ミー」ビーチ・ボーイズ
19/22「スウィート・ドリームス」エア・サプライ
20/21「遠いさよなら」シーナ・イーストン

21/29「オープン・アームズ」ジャーニー
22/09「トラブル」リンジー・バッキンガム
23/23「シーズ・ガット・ア・ウェイ」ビリー・ジョエル
24/26「ラヴ・イズ・オールライト・トゥナイト」リック・スプリングフィールド
25/30「スルー・ザ・イヤーズ」ケニー・ロジャース
26/25「燃えろ青春」ロッド・スチュワート
27/20「アイ・ウドゥント・ハヴ・ ミスト・イット」ロニー・ミルサップ
28/24「イエスタディ・ソング」ニール・ダイアモンド
29/43「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
30/33「ラヴ・イン・ザ・ファースト・ディグリー」アラバマ

31/35「キー・ラーゴ~遥かなる青い海」バーティ・ヒギンズ
32/39「きっと、どこかで」バリー・マニロウ
33/36「それ行け!ウィークエンド」ラヴァーボーイ
34/37「オール・アワー・トゥモロウズ」エディ・シュワルツ
35/38「シー・オブ・ラヴ」デル・シャノン
36/40「アバカブ」ジェネシス
37/52「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
38/45「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
39/54「マテリアル・ワールド」ポリス
40/28「ドント・ストップ・ビリーヴィン」ジャーニー


【ニューエントリーこめんと】

☆「ミラー・ミラー」ダイアナ・ロス
(Mirror, Mirror / Diana Ross)

>マイケル・センベロ作による魅惑的なポップ・ナンバー。最高位8位と、好調にトップ10ヒットの連発に成功している。

アルバム「ファースト・レディ」(Why Do Fools Fall in Love)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ザット・ガール」スティーヴィー・ワンダー
(That Girl / Stevie Wonder)

>自作&セルフ・プロデュースによる独特な雰囲気を持ったソウル・ナンバー。22位→6位というジャンプ・アップを見せた時は“おおっ!”っとチカラが入ったのだが、如何せん上位陣の壁があまりにも厚過ぎ、さしもの彼も最高位4位にて息切れ。

アルバム「ミュージックエイリアム」(Stevie Wonder's Original Musiquarium Ⅰ)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「パックマン・フィーヴァー」バックナー&ガルシア
(Pac-Man Fever / Buckner And Garcia)

>1980年オハイオ州で結成された、ジェリー・バックナーとゲイリー・ガルシアのコンビによるノヴェルティ・ソング。
80年代初頭にアーケード・ゲームとして発表され絶大なる人気を誇った傑作アクションだが、日本だけではなく全米でも受け入れられ、ついにはこのような楽曲まで製作されトップ40にまで侵食。なんと最高位9位まで上昇し、ミリオンセラーまで記録してしまいましたとさ。
ちなみにアメリカの人気特撮TVドラマ「ナイトライダー」でも、主人公が車の運転を人工知能まかせにし、本人はパックマンに興ずるシーンがありましたなぁ☆

なお、ゲイリー・ガルシアは2011年11月に逝去している。

アルバム"Pac-Man Fever"に収録。

Pac-Man Fever
↑ゲーセンではよくプレイしましたが、レコード購入にまではねぇ…。

【試聴はコチラ】

☆「マテリアル・ワールド」ポリス
(Spirits In The Material World / The Police)

>ややライトな感覚を受けるものの、独特の重苦しさを含んだまさに彼らの作品といった一曲。最高位11位。

アルバム「ゴースト・イン・ザ・マシーン」(Ghost In The Machine)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1982年1月チャートTB : 0CM : 2
1982年2月6日付(欧州大御所二組によるラスト・トップ40ヒット)HOME1982年1月23日付(彼らの代表曲?ジャーニー)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。