ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年11月28日付(全米を制覇!J.ガイルズ・バンド) ]
2011-11-25(Fri) 20:30:36
01/01「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
02/03「ガール・ライク・ユー」フォリナー
03/02「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
04/08「マジック」ポリス
05/05「ヒア・アイ・アム」エア・サプライ
06/11「オー・ノー」コモドアーズ
07/04「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ
08/06「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
09/09「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
10/12「恋はくせもの」ダイアナ・ロス

11/18「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
12/15「燃えろ青春」ロッド・スチュワート
13/07「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
14/10「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」マイク・ポスト/ラリー・カールトン
15/16「ふたりのオールド・ソング」バリー・マニロウ
16/19「トラブル」リンジー・バッキンガム
17/22「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
18/21「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
19/23「イエスタディ・ソング」ニール・ダイアモンド
20/24「ドント・ストップ・ビリーヴィン」ジャーニー

21/13「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド
22/32「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
23/26「泡いっぱいの恋」ゴーゴーズ
24/27「テイク・マイ・ハート」クール&ザ・ギャング
25/29「甘い出来事」ジュース・ニュートン
26/28「マイ・ガール」チリワック
27/39「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
28/31「ハートは燃えている」スティーヴ・ミラー・バンド
29/30「ノー・リプライ・アット・オール」ジェネシス
30/45「愛のラスト・シーン」バーブラ・ストライサンド

31/34「スティール・ザ・ナイト」スティーヴィー・ウッズ
32/42「クラシックス・オン45」ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
33/35「ネヴァー・トゥー・マッチ」ルーサー・ヴァンドロス
34/49「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
35/41「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
36/40「プア・マンズ・サン」サヴァイヴァー
37/37「恋はふりむきながら」クリス・クリスチャン
38/43「トワイライト」E.L.O.
39/14「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス
40/44「アイ・ウドゥント・ハヴ・ ミスト・イット」ロニー・ミルサップ


【ニューエントリーこめんと】

☆「愛のラスト・シーン」バーブラ・ストライサンド
(Comin' In And Out Of Your Life / Barbra Streisand)

>しっとりと歌い上げたミディアム・スローなバラードにて、御大ニール・ダイアモンドと同行するようにチャートを急上昇していた女性版御大である彼女だったのだが、ニール氏同様トップ10入り目前の11位にて失速。78年にはデュエット・ソングを全米No.1にまで導いた、アメリカを代表するスーパースターのおふたりに一体何が…?

アルバム「メモリーズ」(Memories)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「クラシックス・オン45」ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラ
(Hooked On Classics / The Royal Philharmonic Orchestra)

>1946年ロンドンで創設されたオーケストラ。
メドレー・ブームに便乗し、なんとそれのクラシックス・バージョンをかのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団が提供。全米の総合チャートとはホント縁がなかろう彼らの力強い演奏が、最高位10位を記録するというこの奇跡よ!ライターが"not listed"と明記されているのがちょっと笑えるのだが、10位→15位→74位という急激なダウンは一体…?
クラシックといえば小学生からローティーン時代にかけて音楽の授業や母親に無理矢理聞かされ、トラウマ級に嫌がっていた音楽ジャンルだが、その垣根を見事に取り払ってくれたのがこの作品かもしれませんなぁ♪

アルバム「フックト・オン・クラシックス」(Hooked On Classics)に収録。

Hooked On Classics
↑でも、アルバムは買う気ナシ。(スミマセン)

【試聴はコチラ】

☆「クール・ナイト」ポール・デイヴィス
(Cool Night / Paul Davis)

>かつてのヒット曲と比較すると、かなり洗練された音作りへと進化した自作&セルフ・プロデュースによるA.O.R.ナンバー。トップ20に突入後、かつてのヒット曲同様ゆるゆるとチャートを上昇していくのは、やっぱ彼らしいチャート・アクションだなぁとしみじみ感じさせてくれた当時かな。最高位11位。

アルバム「クール・ナイト」(Cool Night)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「堕ちた天使」J.ガイルズ・バンド
(Centerfold / The J. Geils Band)

>前アルバムからの2曲のトップ40ヒットが、かなりポップ色が豊かになっていたのだが、ついにそれらの総決算的な超軽快で超陽気なロック・ナンバーがここに完成。かつての彼らとは全く別次元のようなチャート・アクションを披露し、ついには6週連続全米No.1という金字塔を打ち立てる事に成功!ミリオン・セラーという名誉までゲットしている。

アルバム「フリーズ・フレイム」(Freeze-Frame)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「トワイライト」E.L.O.
(Twilight / E.L.O.)

>オーケストラを一切排除してしまった、奇才ジェフ・リンによるまさにエレクトリックなポップ・ナンバー。ヒットから数年後、“SonyMTV”にて日本製アニメのPVで紹介された時は驚き、そしてシラケたのであるが、後に車のCMのBGMとして、さらに05年にTVドラマ「電車男」のOPとしても使用され、日本でのE.L.O.の代表曲はこの作品になって(なっちゃった?)いるようだ。でも、全米での最高位は38位と容赦なし。

アルバム「タイム~時へのパスポート」(Time)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「アイ・ウドゥント・ハヴ・ミスト・イット」ロニー・ミルサップ
(I Wouldn't Have Missed It For The World / Ronnie Milsap)

>A.O.R.畑へと傾倒してゆき、これまた成功を収めたカントリー・シンガーである彼による、実に心地良いポップ・ナンバー。最高位20位ながらも、その長ったらしい曲名と共に印象深い作品。

アルバム"There's No Gettin' Over Me"に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外82位★

☆「マイ・カインダ・ラヴァー」ビリー・スクワイア
(My Kinda Lover / Billy Squier)

>最高位45位とトップ40内にまで届かなかったものの、彼独特のロック・サウンドが楽しめる一曲。

アルバム「ハード・ライダーの美学」(Don't Say No)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年11月チャートTB : 0CM : 2
1981年12月5日付(メンツは豪華なれど…クィーン&デヴィッド・ボウイ)HOME1981年11月21日付(連荘の全米No.1!ホール&オーツ)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。