ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年11月21日付(連荘の全米No.1!ホール&オーツ) ]
2011-11-18(Fri) 20:23:06
01/03「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
02/01「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
03/04「ガール・ライク・ユー」フォリナー
04/02「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ
05/07「ヒア・アイ・アム」エア・サプライ
06/05「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
07/06「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
08/12「マジック」ポリス
09/09「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
10/10「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」マイク・ポスト/ラリー・カールトン

11/13「オー・ノー」コモドアーズ
12/14「恋はくせもの」ダイアナ・ロス
13/08「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド
14/11「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス
15/19「燃えろ青春」ロッド・スチュワート
16/18「ふたりのオールド・ソング」バリー・マニロウ
17/17「ジャスト・ワンス」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
18/23「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
19/24「トラブル」リンジー・バッキンガム
20/15「奏でる愛」アル・ジャロウ

21/25「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
22/27「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
23/34「イエスタディ・ソング」ニール・ダイアモンド
24/28「ドント・ストップ・ビリーヴィン」ジャーニー
25/26「ディーゼル・ハイウェイ」ディーゼル
26/30「泡いっぱいの恋」ゴーゴーズ
27/29「テイク・マイ・ハート」クール&ザ・ギャング
28/31「マイ・ガール」チリワック
29/33「甘い出来事」ジュース・ニュートン
30/32「ノー・リプライ・アット・オール」ジェネシス

31/36「ハートは燃えている」スティーヴ・ミラー・バンド
32/59「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
33/16「007/ユア・アイズ・オンリー」シーナ・イーストン
34/39「スティール・ザ・ナイト」スティーヴィー・ウッズ
35/37「ネヴァー・トゥー・マッチ」ルーサー・ヴァンドロス
36/20「風に呼ばれた恋」ダン・フォーゲルバーグ
37/40「恋はふりむきながら」クリス・クリスチャン
38/21「エンドレス・ラヴ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
39/49「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
40/44「プア・マンズ・サン」サヴァイヴァー


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(I Can't Go For That / Daryl Hall & John Oates)

>上位陣の厚い壁に阻まれ5週連続4位で足踏みしたものの、当時のブルー・アイド・ソウルの第一人者としての勢いは凄まじく、一度はオーバーテイクされたJ.ガイルズ・バンドや10週連続首位を維持していたオリヴィアらを蹴落とし、見事2曲連続全米チャートのトップに立つ!1週のみの天下だったとはいえ、2位に後退後も再び星印を点灯させ首位へと返り咲きを狙う粘りも見せ、ミリオン・セラーを獲得する大ヒット曲として記憶に刻まれる事となる。ヒット当時はワタシの苦手とするソウル系ナンバーだったため、この粘り強さと大ヒットに辟易していたのだが、現在は素直に作品の良さを認めるに至っておりますよ。

アルバム「プライヴェート・アイズ」(Private Eyes)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ターン・ユア・ラヴ」ジョージ・ベンソン
(Turn Your Love Around / George Benson)

>2枚組ベストアルバムに収録されていた新曲をシングル化した、ノリのいいR&Bナンバー。この作品はナゼか当時からお気に入りのブラック系の作品で、最高位5位にも十分納得が入ったものである。なお、日本ではヒップホップ・ユニットであるEAST END×YURIが、94年にこの曲をサンプリングした「DA・YO・NE」を大ヒットさせている。(コチラも好きでした☆)

アルバム「G.B.コレクション」(The George Benson Collection)に収録。

【試聴はコチラ】
(EAST END×YURI「DA.YO.NE」)

☆「プア・マンズ・サン」サヴァイヴァー
(Poor Man's Son / Survivor)

>1978年イリノイ州で結成されたロック・バンド。
当時、“全米トップ40”にて湯川れい子女史が発した「一発屋でしょうね☆」という言葉に大きくうなずいたように、取り立てて褒める箇所が見当たらない極普通のロック・ナンバー(スミマセン)が、最高位33位まで上昇。ところがこのわずか半年後に、よもやあのようなビッグ・ヒットを打ち放ってくるとは、お釈迦様ですら知る由もあるまいて…。

アルバム「予戒」(Premonition)に収録。

Premonition.jpg
↑“一発屋”どころか、そのしぶとさはグループ名の如き!?

【試聴はコチラ】


★圏外83位★

☆「とどかぬ愛」グレッグ・レイク
(Let Me Love You Once / Greg Lake)

>1947年イギリス出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名グレゴリー・スチュアート・レイク。
キング・クリムゾンやEL&P、そして80年代はエイジアのメンバーとしても活躍した彼による、カントリー系女性シンガーのバーバラ・フェアチャイルドが76年に発表した作品を、ソロ名義でのセルフ・プロデュースでカバー。最高位48位とトップ40入りは叶わなかったものの、当時のお気に入りだったバラード・ナンバー。

アルバム「グレッグ・レイク」(Greg Lake)に収録。

【試聴はコチラ】
(バーバラ・フェアチャイルド・バージョン)
(ダスティ・スプリングフィールド・バージョン)
音楽チャート1981年11月チャートTB : 0CM : 6
1981年11月28日付(全米を制覇!J.ガイルズ・バンド)HOME『Playlist: The Very Best Of Eddie Money』Eddie Money

COMMENT

  +
>「アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット」
>上位陣の厚い壁に阻まれ5週連続4位で足踏みしたものの、

BB誌のチャートアクション(59-32-22-18-13-6-4-4-4-4-4-1)に比べ、CB誌は?と調べてみると60-39-22-18-14-5-4-4-4-1。
CBの方が1週早く1位に到達しましたが、軌跡は驚くほど似ておりました。これは珍しい。
b y 脱壱 | 2011.11.19(20:27) | URL | [EDIT] |
  +
>脱走一号さん

いやぁ、お久しぶりです。

ホール&オーツの大ヒット曲の中では地味なタイプかもしれませんが、
CB誌のチャートアクションもまさにBB誌のそれですね☆

それはそうと、ブログの更新をお待ちしておりますよ。
チャートのデータって、見飽きるコトなんかないのですから♪(^^)
b y ぶるじん | 2011.11.20(00:18) | URL | [EDIT] |
  +
ぶるじんさん

>それはそうと、ブログの更新をお待ちしておりますよ。

と、早速更新しましたよ。
懐かしのCashboxのAlbum TOP20をツラツラとアップしていく予定です(これで何回目やら 苦笑)
b y 脱壱 | 2011.11.20(00:24) | URL | [EDIT] |
So ya ne とかDa cha neとか方言のシリーズがたくさんありましたよね。
今なにしてるんだろ?
b y monchi | 2011.11.20(21:52) | URL | [EDIT] |
  +
>脱壱さん

早速おじゃましてきました♪
以降の更新を楽しみにしております☆
b y ぶるじん | 2011.11.20(23:26) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

「DA・YO・NE」は、万人が楽しめるヒップホップでしたよね♪

この曲のヒットから20年近くの経ちましたが、
現在の日本でのヒット曲は全く知りません★(涙)
b y ぶるじん | 2011.11.20(23:32) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/605-94d220fe



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。