ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年11月14日付(お久しぶりのスティーヴ・ミラー・バンドだが…) ]
2011-11-11(Fri) 18:57:24
01/01「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
02/02「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ
03/14「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
04/10「ガール・ライク・ユー」フォリナー
05/05「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
06/06「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
07/09「ヒア・アイ・アム」エア・サプライ
08/08「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド
09/03「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
10/12「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」マイク・ポスト/ラリー・カールトン

11/11「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス
12/19「マジック」ポリス
13/16「オー・ノー」コモドアーズ
14/21「恋はくせもの」ダイアナ・ロス
15/15「奏でる愛」アル・ジャロウ
16/04「007/ユア・アイズ・オンリー」シーナ・イーストン
17/18「ジャスト・ワンス」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
18/20「ふたりのオールド・ソング」バリー・マニロウ
19/25「燃えろ青春」ロッド・スチュワート
20/07「風に呼ばれた恋」ダン・フォーゲルバーグ

21/13「エンドレス・ラヴ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
22/17「さよならハリウッド」ビリー・ジョエル
23/29「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
24/30「トラブル」リンジー・バッキンガム
25/31「レザー・アンド・レース」ステーヴィー・ニックス&ドン・ヘンリー
26/28「ディーゼル・ハイウェイ」ディーゼル
27/33「ミスティ・ハート」クォーターフラッシュ
28/40「ドント・ストップ・ビリーヴィン」ジャーニー
29/37「テイク・マイ・ハート」クール&ザ・ギャング
30/35「泡いっぱいの恋」ゴーゴーズ

31/34「マイ・ガール」チリワック
32/36「ノー・リプライ・アット・オール」ジェネシス
33/39「甘い出来事」ジュース・ニュートン
34/51「イエスタディ・ソング」ニール・ダイアモンド
35/22「恋はステップ・バイ・ステップ」エディ・ラビット
36/50「ハートは燃えている」スティーヴ・ミラー・バンド
37/41「ネヴァー・トゥー・マッチ」ルーサー・ヴァンドロス
38/23「シェア・ユア・ラヴ」ケニー・ロジャース
39/43「スティール・ザ・ナイト」スティーヴィー・ウッズ
40/44「恋はふりむきながら」クリス・クリスチャン


【ニューエントリーこめんと】

☆「イエスタディズ・ソング」ニール・ダイアモンド
(Yesterday's Songs / Neil Diamond)

>自作&セルフ・プロデュース作による爽やかさにあふれたA.O.R.風のポップ・ソング。トップ10入りは間違いなしかと思いきや、目前の11位にて無念の足踏み。ちょっと曲調に変化が不足気味だったかも?(まー、エラそうに)

アルバム「再会~そして、愛のゆくえ」(On The Way To The Sky)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ハートは燃えている」スティーヴ・ミラー・バンド
(Heart Like Wheel / The Steve Miller Band)

>1943年ウィスコンシン州出身のシンガー・ソングライター兼ギタリストのスティーヴ・ミラーが、67年カリフォルニア州で結成したロック・バンド。
自作&セルフ・プロデュースによる、実に4年ぶりとなるトップ40ヒット。80年代に突入して以来初のトップ40ヒットとなったロック・ナンバーなれど、どこか70年代を引きずっているような古臭さ(スミマセン)が足を引っ張ったのか、最高位24位と中途半端な結果に。彼もこのままアメリカン・チャートを去る存在になるのかなぁと思いきや、次回作にてちゃっかりと80's向けにパッチをあてたカッコいいロックを提供してくれるのであーる。

アルバム「愛の神話」(Circle Of Love)に収録。

Circle Of Love
↑どう見ても、若き頃のビートた○し…?

【試聴はコチラ】

☆「ネヴァー・トゥー・マッチ」ルーサー・ヴァンドロス
(Never Too Much / Luther Vandross)

>1951年ニューヨーク州出身のR&B系シンガー・ソングライター。本名ルーサー・ロンソニ・ヴァンドロス。
Hot100にエントリー後急上昇を開始したのだが、トップ40入り間近で上昇力に衰えを見せたので、難解なブラック系かと思っていたら、これまた自作&セルフ・プロデュース作によるアダルトなR&Bナンバーでございました。この後、90年代にかけてヒット曲を量産していく彼の初となるトップ40ヒットが最高位33位をマーク。

05年、心筋梗塞により逝去。享年54。

アルバム「ネヴァー・トゥー・マッチ」(Never Too Much)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「スティール・ザ・ナイト」スティーヴィー・ウッズ
(Steal The Night / Stevie Woods)

>1951年バージニア州出身のR&B系ミュージシャン。本名ジョセフ・スティーブン・ウッズJr.。
涼しげな秋風を感じさせてくれるようなブラック系A.O.R.ナンバーが、最高位25位まで上昇。ヒットから数年後、地元の中古レコード専門店を隅からスミまで在庫をゴソゴゾしていたらこの曲を収録したLPを発見。どうしようかなぁと迷ったのだが、結局購入を見送ったという経歴があるのだが、先日CD化されているのを知り、今度はしっかりと入手させていただきましたよ☆

アルバム「スティール・ザ・ナイト」(Take Me To Your Heaven)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「恋はふりむきながら」クリス・クリスチャン
(I Want You, I Need You / Chris Christian)

>1955年テキサス州出身のシンガー・ソングライター。本名ロン・クリスチャン・スミス。
流行のA.O.R.を追っかけてみましたという気もしないのだが、なんかジョン・オバニオンあたりが歌うとしっくり来そうなナンバーだと思っちゃうのは、やっぱ大きなお世話ですか?最高位は37位。

アルバム「出逢い」(Chris Christian)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年11月チャートTB : 0CM : 0
『Playlist: The Very Best Of Eddie Money』Eddie MoneyHOME『Firin' Up』Pure Prairie League

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/603-8e60e7dd



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。