ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年7月27日付 ]
2005-07-23(Sat) 12:36:05
01/03「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」ポール・ヤング
02/09「シャウト」ティアーズ・フォー・フィアーズ
03/04「そよ風の贈り物」ホイットニー・ヒューストン
04/01「007/美しき獲物たち」デュランデュラン
05/07「セット・ゼム・フリー」スティング
06/08「グローリー・ディズ」ブルース・スプリングスティーン
07/02「ラズベリー・ベレー」プリンス&ザ・レヴォリューション
08/12「センチメンタル・ストリート」ナイト・レンジャー
09/13「ネヴァー・サレンダー」コリー・ハート
10/14「ゲット・イット・オン」パワー・ステイション

11/06「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」サヴァイヴァー
12/11「愛のVoises」ティル・チューズディ
13/05「ススーディオ」フィル・コリンズ
14/17「ドナは今」デバージ
15/15「19(ナインティーン)」ポール・ハードキャッスル
16/21「パワー・オブ・ラヴ」ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
17/18「ピープル・アー・ピープル」ディペッシュ・モード
18/10「ビリーヴ・ミー」ユーリズミックス
19/24「フリーウェイ・オブ・ラヴ」アレサ・フランクリン
20/22「ユー・スピン・ミー・アラウンド」デッド・オア・アライヴ

21/19「潮風のラヴ・コール」エア・サプライ
22/25「ホワット・アバウト・ラヴ」ハート
23/28「想い出のサマー」ブライアン・アダムス
24/27「ロック・ミー・トゥナイト」フレディ・ジャクソン
25/30「セント・エルモス・ファイア」ジョン・パー
26/32「孤独のヒーロー」ティナ・ターナー
27/16「グーニーズはグッド・イナフ」シンディ・ローパー
28/20「ヘヴン」ブライアン・アダムス
29/31「ファインド・ア・ウェイ」エイミー・グラント
30/36「ステイト・オブ・ザ・ハート」リック・スプリングフィールド

31/39「オンリー・ヒューマン」ビリー・ジョエル
32/23「クレイジー・イン・ザ・ナイト」キム・カーンズ
33/44「インヴィンシブル」パット・ベネター
34/35「至上の愛」ドン・ヘンリー
35/42「ミステリィ・レイディ」ビリー・オーシャン
36/46「ドント・ルーズ・マイ・ナンバー」フィル・コリンズ
37/47「チェリッシュ」クール&ザ・ギャング
38/26「エンジェル」マドンナ
39/41「レット・ヒム・ゴー」アニモーション
40/45「デア・ミー」ポインター・シスターズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「インヴィンシブル」パット・ベネター
(Invincible(Theme From The Legend Of Billie Jean) / Pat Benatar)

>彼女らしさが前面に出た、久しぶりとなるであろうストレートなロック。
変化球的な作品もいいが、やはり自身の本質を忘れてはいけません。
最高位10位。
日本では未公開の映画「ビリー・ジーンの伝説」(The Legend Of Billie Jean)内で
使用された曲のようだが、サントラ盤は発売されていたのであろうか?
まるで姿が見えなかったのですが・・・。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00006JOCE001008/

☆「ミステリィ・レイディ」ビリー・オーシャン
(Mystery Lady / Billy Ocean)

>アルバム「カリビアン・クィーン」(Suddenly)からの4枚目のシングル。
残念ながら、ほぼ記憶にございませぬ・・・。(スマヌ)
最高位24位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000004VK001002/

☆「ドント・ルーズ・マイ・ナンバー」フィル・コリンズ
(Don't Lose My Number / Phil Collins)

>No.1ヒットを連続で発表したアルバム「フィル・コリンズ3」
(No Jacket Required)からの3rdシングル。
軽快なリズムで、まるで力を抜いて楽しんでいるかのような作品。
PVでは、他のアーティスト(ポリス、カーズ等)のPVのパロディを
披露。(^^)
最高位4位。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F926%2F91926%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv40525

☆「チェリッシュ」クール&ザ・ギャング
(Cherish / Kool & The Gang)

>ファンクどころか、A.O.R.調なとても美しいスローなナンバー。
“軟弱な曲!”と言ってしまえばそれまでなのだが、なかなか聴かせて
くれるので始末におえない?(^^;
軟弱さでは「ジョアンナ」を上回る出来だが、最高位は2位と同記録。
でも、2位の座を3週居座ったコチラの方が上ですか?
アルバム「クール・エマージェンシー」(Emergency)からの
3rdシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00000IJVE001009/

☆「レット・ヒム・ゴー」アニモーション
(Let Him Go / Animotion)

>トップ10ヒットとなった前作に続く、アルバム「夢はアニモーション」
(Animotion)からの2ndシングルがコレ。
最高位39位がトップ40一週のみチャート・インとあっては
まるで記憶に残らないのも仕方がない!?(言い訳完了(^^;)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000001EKI001002/

☆「デア・ミー」ポインター・シスターズ
(Dare Me / The Pointer Sisters)

>ポップでダンサブルな作品を連発してヒットさせていた彼女たちの
新譜が届いた。
しかし、一連のヒット作とは何かが違ってきたのがこの曲から
だったかなぁ。簡単に表現すれば“華がない”“明るさがない”って
ところか。
最高位11位を記録しているとはいえ、とても地味な印象を受け
ベスト盤からもこぼれ落ちてしまいそうなほど、以前の作品群とは
違う方向を向いているナンバーである。
この後、彼女たちはジリ貧の道を歩んでしまうのは残念・・・。
アルバム「コンタクト」(Contact)からのシングル・カット。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005NQQP003001/

★圏外93位★

☆「トゥナイト・イッツ・ユー」チープ・トリック
(Tonight It's You / Cheap Trick)

>80年代に入るやいなや、急激に人気を落としてしまった彼ら。
この切ないボーカルがなかなか聴かせるミディアム調のロック・ナンバーも、
最高位44位と低迷。
しかしジリジリと12週をかけて上昇したこの記録は、
なかなか立派ではなかろうか?
“継続は力なり!”を実証してくれるまであと3年の辛抱だ!
1985年7月チャートTB : 0CM : 4
1985年2月23日付HOME1985年6月22日付

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。