ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年10月31日付(衝撃的出会い!?チリワック) ]
2011-10-28(Fri) 14:26:41
01/01「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
02/03「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ
03/06「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
04/04「007/ユア・アイズ・オンリー」シーナ・イーストン
05/02「エンドレス・ラヴ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
06/11「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
07/08「風に呼ばれた恋」ダン・フォーゲルバーグ
08/09「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
09/10「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド
10/05「恋はステップ・バイ・ステップ」エディ・ラビット

11/15「ヒア・アイ・アム」エア・サプライ
12/13「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス
13/17「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」マイク・ポスト/ラリー・カールトン
14/14「シェア・ユア・ラヴ」ケニー・ロジャース
15/21「ガール・ライク・ユー」フォリナー
16/16「スーパー・フリーク」リック・ジェームス
17/18「奏でる愛」アル・ジャロウ
18/19「さよならハリウッド」ビリー・ジョエル
19/20「ジャスト・ワンス」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
20/23「オー・ノー」コモドアーズ

21/24「マジック」ポリス
22/22「バッド・ママ・ジャマ」カール・カールトン
23/26「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
24/07「嘆きの天使」スティーヴィー・ニックス&トム・ペティ&ハートブレイカーズ
25/12「クライング・ナウ」ジャーニー
26/31「ふたりのオールド・ソング」バリー・マニロウ
27/27「アトランタの少女」マーティ・バリン
28/38「恋はくせもの」ダイアナ・ロス
29/29「エイリアン」アトランタ・リズム・セクション
30/41「燃えろ青春」ロッド・スチュワート

31/33「ディーゼル・ハイウェイ」ディーゼル
32/25「アージェント」フォリナー
33/28「ホールド・オン・タイト」E.L.O.
34/30「愛はトライアングル」ビー・ジーズ
35/35「イン・ザ・ダーク」ビリー・スクワイア
36/48「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
37/37「セイブ・マイ・ソウル」バートン・カミングス
38/42「見つめあう夜」パット・ベネター
39/40「泡いっぱいの恋」ゴーゴーズ
40/44「マイ・ガール」チリワック


【ニューエントリーこめんと】

☆「燃えろ青春」ロッド・スチュワート
(Young Turks / Rod Stewart)

>セルフ・プロデュースによるアップテンポで爽快なテクノ風ポップ・ナンバー。 最高位5位まで一気に駆け上がり、スーパースターらしさを再認識させてくれたような一曲。

アルバム「トゥナイト・アイム・ユアーズ」(Tonight I'm Yours)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「レッツ・グルーヴ」アース・ウインド&ファイア
(Let's Groove / Earth, Wind & Fire)

>前アルバムからのシングルが全てトップ40入りに失敗し、彼らの人気もこれまでかと思っていた矢先、モーリス・ホワイトによるプロデュース&製作という復活作がニュー・アルバムから元気良くトップ40入り。彼ららしさを兼ね備えたスピーディーでファンキーなダンス・ナンバーがチャートをぐんぐん上昇し、No.1ヒットの可能性を秘めていたであろうが上位2曲の壁が厚すぎたため惜しくも最高位3位にて足踏み。それでもこの見事な復活劇には拍手を送りたいッス!

アルバム「天空の女神」(Raise)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「見つめあう夜」パット・ベネター
(Promises In The Dark / Pat Benatar)

>アルバムのオープニングを飾っていた、ちょっとハードなポップ・ナンバー。最高位38位がらも印象に残る作品である。

アルバム「プレシャス・タイム」(Precious Time)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「マイ・ガール」チリワック
(My Girl / Chilliwack)

>1970年カナダで結成されたロック・バンド。
トップ40ヒットを聴いていなければ、まず出逢えなかったであろう名曲のひとつ。美しいコーラス・ワークに、押さえ気味とはいえなかなかイカしたギタープレイが堪能出来るロック・ナンバー。当時はアルバムもシングルも日本発売されず、洋盤専門店からも入手出来ずに地団太を踏みまくったものだが、最近発売から30年の時を経て無事入手に至りました♪最高位こそ22位だったとはいえ、ワタシにとってはそれ以上の価値がある作品なのであーる。

アルバム「ワナ・ビー・ア・スター」(Wanna Be A Star)に収録。

Wanna Be A Star
↑なんと、現在は日本盤も発売されていますよ☆(遅すぎ!)

【試聴はコチラ】


★圏外81位★

☆「ペイ・ザ・デビル」ナック
(Pay The Devil / The Knack)

>“マイ・シャローナ”にて鮮烈デビューを果たした彼らによる、最後の全米総合チャート・イン曲。締めが哀愁漂いまくる作品になってしまったが、最高位67位まで上昇している。

アルバム「ラウンド・トリップ」(Round Trip)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年10月チャートTB : 0CM : 0
『Guilty』Barbra StreisandHOME1981年10月24日付(女性ロック・バンド、ゴーゴーズ始動!)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/599-3ab94b00



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。