ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年10月24日付(女性ロック・バンド、ゴーゴーズ始動!) ]
2011-10-21(Fri) 15:53:07
01/01「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
02/02「エンドレス・ラヴ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
03/03「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ
04/04「007/ユア・アイズ・オンリー」シーナ・イーストン
05/05「恋はステップ・バイ・ステップ」エディ・ラビット
06/06「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
07/07「嘆きの天使」スティーヴィー・ニックス&トム・ペティ&ハートブレイカーズ
08/09「風に呼ばれた恋」ダン・フォーゲルバーグ
09/10「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
10/12「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド

11/14「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
12/08「クライング・ナウ」ジャーニー
13/16「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス
14/15「シェア・ユア・ラヴ」ケニー・ロジャース
15/23「ヒア・アイ・アム」エア・サプライ
16/17「スーパー・フリーク」リック・ジェームス
17/22「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」マイク・ポスト/ラリー・カールトン
18/19「奏でる愛」アル・ジャロウ
19/20「さよならハリウッド」ビリー・ジョエル
20/21「ジャスト・ワンス」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム

21/25「ガール・ライク・ユー」フォリナー
22/24「バッド・ママ・ジャマ」カール・カールトン
23/27「オー・ノー」コモドアーズ
24/28「マジック」ポリス
25/11「アージェント」フォリナー
26/31「フィジカル」オリヴィア・ニュートン・ジョン
27/29「アトランタの少女」マーティ・バリン
28/13「ホールド・オン・タイト」E.L.O.
29/33「エイリアン」アトランタ・リズム・セクション
30/32「愛はトライアングル」ビー・ジーズ

31/38「ふたりのオールド・ソング」バリー・マニロウ
32/18「思い出のかけら」ルル
33/37「ディーゼル・ハイウェイ」ディーゼル
34/26「クィーン・オブ・ハート」ジュース・ニュートン
35/39「イン・ザ・ダーク」ビリー・スクワイア
36/30「ザ・ヴォイス」ムーディー・ブルース
37/42「セイブ・マイ・ソウル」バートン・カミングス
38/56「恋はくせもの」ダイアナ・ロス
39/34「ビーチ・ボーイズU.S.A.」ビーチ・ボーイズ
40/41「泡いっぱいの恋」ゴーゴーズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「セイブ・マイ・ソウル」バートン・カミングス
(You Saved My Soul / Burton Cummings)

>1947年カナダ出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。ロック・バンド、ゲス・フーの元リード・ボーカリスト。
ソロ名義としては5年ぶり2曲目となるトップ40ヒットとなった、自作&セルフ・プロデュースによるA.O.R.風なボーカル・ナンバー。最高位37位。

アルバム「セイブ・マイ・ソウル」(You Saved My Soul)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「恋はくせもの」ダイアナ・ロス
(Why Do Fools Fall In Love / Diana Ross)

>56年フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズによるヒットのカバー。ダイアナ自身によるプロデュースにより、さらにダンサブルなドゥーワップ調R&Bナンバーに仕上げられ、最高位7位を記録。

アルバム「ファースト・レディ」(Why Do Fools Fall In Love)に収録。

【試聴はコチラ】
(フランキー・ライモン&ザ・ティーンエイジャーズ・バージョン)

☆「泡いっぱいの恋」ゴーゴーズ
(Our Lips Are Sealed / The Go-Go's)

>1978年カリフォルニア州で結成された女性ロック・バンド。
45位→41位→41位→40位→39位と、トップ40入り前後にもたついたものの、楽曲の良さが遅まきながらも認められたのか最高位20位まで上昇。星印がとれてトップ40入りしてきたこの曲を耳にした当時のワタシは、トップ40ヒットの特色を掴んでいたのか“まだまだ上昇するだろう?コレ”という予感が的中し、勝手に胸を張っていたものである。もちろん2ndシングルにて、あれほど彼女らがブレイクするであろうという予想は出来ませんでしたが…。なおトップ40圏外に転落後もしぶとくチャート上に居残り続け、トータル的にはHot100内滞在30週というロング・ヒットを記録している。

アルバム「ビューティ・アンド・ザ・ビート」(Beauty And The Beat)に収録。

Beauty And The Beat
↑アルバムには全く興味が湧きませんでした。(スミマセン)

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年10月チャートTB : 0CM : 0
1981年10月31日付(衝撃的出会い!?チリワック)HOME『Champagne Jam』Atlanta Rhythm Section

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/598-5399dda0



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。