ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年10月10日付(人気沸騰!ポリス) ]
2011-10-07(Fri) 15:34:25
01/01「エンドレス・ラヴ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
02/02「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
03/03「嘆きの天使」スティーヴィー・ニックス&トム・ペティ&ハートブレイカーズ
04/04「クライング・ナウ」ジャーニー
05/11「007/ユア・アイズ・オンリー」シーナ・イーストン
06/07「恋はステップ・バイ・ステップ」エディ・ラビット
07/09「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ
08/13「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
09/08「アージェント」フォリナー
10/10「ホールド・オン・タイト」E.L.O.

11/14「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
12/12「ビーチ・ボーイズU.S.A.」ビーチ・ボーイズ
13/18「風に呼ばれた恋」ダン・フォーゲルバーグ
14/06「クィーン・オブ・ハート」ジュース・ニュートン
15/15「ザ・ヴォイス」ムーディー・ブルース
16/17「シェア・ユア・ラヴ」ケニー・ロジャース
17/23「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド
18/19「思い出のかけら」ルル
19/21「スーパー・フリーク」リック・ジェームス
20/24「奏でる愛」アル・ジャロウ

21/25「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス
22/26「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
23/28「ジャスト・ワンス」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
24/05「ゆるしてダーリン」ロニー・ミルサップ
25/30「さよならハリウッド」ビリー・ジョエル
26/29「バッド・ママ・ジャマ」カール・カールトン
27/37「ヒア・アイ・アム」エア・サプライ
28/16「レイディ」コモドアーズ
29/36「ヒル・ストリート・ブルースのテーマ」マイク・ポスト/ラリー・カールトン
30/27「スロー・ハンド」ポインター・シスターズ

31/20「涙のレター」REOスピードワゴン
32/22「ブレイキング・アウェイ」バランス
33/33「ジェネラル・ホスピタル」アフタヌーン・ディライト
34/43「アトランタの少女」マーティ・バリン
35/32「グレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマ」ジョーイ・スキャベリー
36/44「マジック」ポリス
37/49「愛はトライアングル」ビー・ジーズ
38/42「エイリアン」アトランタ・リズム・セクション
39/61「オー・ノー」コモドアーズ
40/40「お前に焦がれて」ブルー・オイスター・カルト


【ニューエントリーこめんと】

☆「アトランタの少女」マーティ・バリン
(Atlant Lady / Marty Balin)

>元ジェファーソン・スターシップのリード・ボーカリストによる、2曲目のトップ40ヒットとなったメロウなA.O.R.ナンバー。今回は最高位27位と、前作ほどのヒットには至らなかったものの、作品としての完成度はなかなかなものである。

アルバム「恋人たち」(Balin)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「マジック」ポリス
(Every Little Thing She Does Is Majic / The Police)

>全米での人気が一気に開花した、スティング作の深みを増したポップなロック・ナンバー。初の全米No.1ヒットへと一直線かと思いきや、上位2曲に超強力ナンバーが鎮座していたため残念ながら3位止まり。お楽しみはこれからというヤツであろうか。

アルバム「ゴースト・イン・ザ・マシーン」(Ghost In The Machine)に収録。

Ghost InThe Machine
↑アルバムは、最高位2位にまで上昇!

【試聴はコチラ】

☆「愛はトライアングル」ビー・ジーズ
(He's A Liar / Bee Gees)

>ニュー・アルバムからの待望となるギブ三兄弟作による1stシングルだったのだが、かつてのヒット曲と比較するとちょっとファンの期待を裏切るような出来の作品だったようで、最高位30位で急停止。以降、RSO旋風の旗頭だった彼らも長きに渡る冬の時代を迎えてしまう事となる。日本ではCMにも使用されたものの、全米同様大ヒットには至らず。

アルバム「リヴィング・アイズ」(Living Eyes)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「エイリアン」アトランタ・リズム・セクション
(Alien / Atlant Rhythm Section)

>なぜかベスト盤に収録されないラスト・トップ40ヒット。作品としてはかつての輝きを失ってはいないと思うのだが、最高位は29位と渋い結果に。

アルバム「アトランタ・フィーリング」(Quinella)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「オー・ノー」コモドアーズ
(Oh No / Commodores)

>アルバムからの2ndシングルは、グループのフロントマンであるライオネル・リッチー作による必殺バラード・ナンバー。スルスルとチャートを上昇し、最高位4位をがっちりキャッチ。かの「リクエスト・コーナー」にてこの曲が流された時、カフの下げ方が甘かったのか、D.J.石田豊氏の駄弁りが小声ながらもしばし被り続けるというアクシデントがあったのは、もう太古の思い出ってか?

アルバム「イン・ザ・ポケット」(In The Pocket)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年10月チャートTB : 0CM : 4
『The Best Of DeBarge』DeBargeHOME『Urban Cowboy』Soundtrack

COMMENT

そうそう、このジャケット見る度に悩むんですけど、
このセグメントの意味って何???
b y monchi | 2011.10.07(20:21) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

>このセグメントの意味って何???

はてさて壊れた液晶表示のように見えますし、
はたまた自爆へのカウントダウンを計るプレデターの
アレのようにも見えますし、ワタシにもさっぱりです。(^^;

今度、街角でスティングを見かけたら、とっ捕まえて
その質問を是非☆(おいおい)
b y ぶるじん | 2011.10.07(21:02) | URL | [EDIT] |
酔払って歩いてましたから定かではありませんが、三人の顔だとか言ってやがりました。
そう言われてみると、それぞれ左眼と鼻と口があって、スティングのトサカ頭???^^;
b y monchi | 2011.10.09(13:11) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

ご、ご報告ありがとうございます☆

ナルホド…現代風に申せば、アスキーアートのような
表現法なのですね。

酔っ払いのスティング氏には、お礼として麻布十番の
たいやきをプレゼントよろです。(おいおい(^^;)
b y ぶるじん | 2011.10.09(23:44) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/593-e9e8e9b1



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。