ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年9月26日付(ライヴ・バージョン・シングルが、2曲エントリー) ]
2011-09-23(Fri) 12:31:51
01/01「エンドレス・ラヴ」ダイアナ・ロス&ライオネル・リッチー
02/02「クィーン・オブ・ハート」ジュース・ニュートン
03/03「嘆きの天使」スティーヴィー・ニックス&トム・ペティ&ハートブレイカーズ
04/04「アージェント」フォリナー
05/05「ゆるしてダーリン」ロニー・ミルサップ
06/06「クライング・ナウ」ジャーニー
07/07「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」クリストファー・クロス
08/09「恋はステップ・バイ・ステップ」エディ・ラビット
09/08「レイディ」コモドアーズ
10/11「スタート・ミー・アップ」ローリング・ストーンズ

11/12「ホールド・オン・タイト」E.L.O.
12/10「スロー・ハンド」ポインター・シスターズ
13/14「ビーチ・ボーイズU.S.A.」ビーチ・ボーイズ
14/19「007/ユア・アイズ・オンリー」シーナ・イーストン
15/13「ジェシーズ・ガール」リック・スプリングフィールド
16/18「ザ・ヴォイス」ムーディー・ブルース
17/20「ナイト・アウル」リトル・リバー・バンド
18/27「プライヴェート・アイズ」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
19/25「シェア・ユア・ラヴ」ケニー・ロジャース
20/21「涙のレター」REOスピードワゴン

21/22「思い出のかけら」ルル
22/23「ブレイキング・アウェイ」バランス
23/26「スーパー・フリーク」リック・ジェームス
24/29「風に呼ばれた恋」ダン・フォーゲルバーグ
25/15「グレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマ」ジョーイ・スキャベリー
26/31「エヴリシング・フォー・ユー」リック・スプリングフィールド
27/33「奏でる愛」アル・ジャロウ
28/28「運命のカード」キム・カーンズ
29/16「クール・ラヴ」パブロ・クルーズ
30/37「ホェン・シー・ワズ・マイ・ガール」フォー・トップス

31/45「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
32/17「ブレイク・アップ・ソング」グレッグ・キーン・バンド
33/38「ジャスト・ワンス」クインシー・ジョーンズ/ジェームス・イングラム
34/35「ジェネラル・ホスピタル」アフタヌーン・ディライト
35/42「バッド・ママ・ジャマ」カール・カールトン
36/24「君のすべてを知りたくて」ゲイリー・ライト
37/30「ファイア・アンド・アイス」パット・ベネター
38/36「あの頃の風」ジョン・デンバー
39/39「ストレイト・フロム・ザ・ハート」オールマン・ブラザーズ・バンド
40/56「さよならハリウッド」ビリー・ジョエル


【ニューエントリーこめんと】

☆「暴走マイ・ライフ」ボブ・シーガー&シルバー・バレット・バンド
(Tryin' To Live My Life Without You / Bob Seger & The Silver Bullet Band)

>72年オーティス・クレイによるR&Bナンバーを、ライヴ・パフォーマンスの良さを遺憾なく表現させたロック・バージョンへと変化させた作品。ライヴ・アルバムからのカットとはいえ最高位5位まで上昇させるみなぎるパワーは、当時における彼の人気度を計れるバロメーターかも。

ライヴアルバム「嵐の呼ぶ声」(Nine Tonight)に収録。

【試聴はコチラ】
(オーティス・クレイ・バージョン)

☆「バッド・ママ・ジャマ」カール・カールトン
(She's A Bad Mama Jama / Carl Carlton)

>1952年ミシガン州出身のシンガー・ソングライター。
7年ぶり2曲目となるトップ40ヒットは、ノリのいいリズムが印象的なR&B系ダンス・ナンバー。最高位こそ22位ながらもミリオン・セラーをマーク。ちなみにスタイルがグンバツの女性を歌った作品だが、翻訳にかけるとどえらい訳詞をしてくれるので注意が必要ナリ。
86年ニュー・シューズの大ヒット曲、「アイ・キャント・ウェイト」はコレのパク(以下自粛)?

アルバム「カール・カールトン」(Carl Carlton)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「さよならハリウッド」ビリー・ジョエル
(Say Goodbye To Hollywood / Billy Joel)

>元々はアルバム「ニューヨーク物語」(Turnstiles)に収録されていた作品だが、今回発表されたライヴ・アルバムからシングルとして発表され、最高位17位まで上昇している。スタジオ録音バージョンより、この新たなる命を吹き込まれたようなライヴ・バージョンの方が圧倒的存在感であーる。

ライヴアルバム「ソングス・イン・ジ・アティック」(Songs In The attic)に収録。

Songs In The attic
↑日の目を浴びなかった過去の作品集を、ライヴ・バージョンにて見事に復刻!

【試聴はコチラ】
(スタジオ録音)
音楽チャート1981年9月チャートTB : 0CM : 4
『The Essential Barry Manilow』Barry ManilowHOME『In The Eye Of The Storm』Roger Hodgson

COMMENT

b y chibaggio | 2011.09.27(21:22) | URL | [EDIT] |
  +
>chibaggioたん

まぁたエ○動画かと思いきや、ついに“ウホッ♪”に走ったかと思いきや、
そうではなかったのね☆(なーんだ)

うん、ちょっとパワー不足ですがなかなかヨロしいのではなかろうかと。
あとはタイツ姿の時、前モッ○リの具合の確認をよろ♪(報告不要!)
b y ぶるじん | 2011.09.27(23:57) | URL | [EDIT] |
>あとはタイツ姿の時、前モッ○リの具合の確認をよろ♪(報告不要!)

なーんだ…確認したいくらぃなんやったら…師匠も“ウホッ♪”やのね♪

それと…んーなに期待してたんやったら今度はウ●もんを添付しまっ♪

>うん、ちょっとパワー不足ですがなかなかヨロしいのではなかろうかと。

これについてはコメで隣人に迷惑かけたくないからや…っちゅぅ感想も…

追伸:おいらも当時はアンチやったけど…ヨーロッパのベスト購入済ぞね
b y chibaggio | 2011.09.28(00:46) | URL | [EDIT] |
  +
>chibaggioたん

ワタシのアダルト・コンテンポラリー(自称)なブログを
これ以上下品にしてくれないでくれたまえ…。

おっと、ヨーロッパの件に対しては、ご同輩として握手ゥ♪
b y ぶるじん | 2011.09.28(18:09) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/589-28b3ea9f



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。