ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年7月4日付(ラスト・トップ40ヒット、カーペンターズ) ]
2011-07-01(Fri) 19:59:05
01/01「ベティ・デイヴィズの瞳」キム・カーンズ
02/05「過ぎ去りし日々」ジョージ・ハリスン
03/06「シーサイド・ラヴ」エア・サプライ
04/09「ジェシーズ・ガール」リック・スプリングフィールド
05/07「ユー・メイク・マイ・ドリームス」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
06/10「恋するエルヴァイラ」オークリッジ・ボーイズ
07/02「ショッキング・ビートルズ45」スターズ・オン
08/04「ウーマン・ニーズ・ラヴ」レイ・パーカーJr.&レイディオ
09/12「グレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマ」ジョーイ・スキャベリー
10/13「アイ・ドント・ニード・ユー」ケニー・ロジャース

11/11「いかしたあの娘」ゲイリー・U.S.・ボンズ
12/03「スキヤキ'81」テイスト・オブ・ハニー
13/08「自由の国アメリカ」ニール・ダイアモンド
14/16「ハート悲しく」マーティ・バリン
15/15「イズ・イット・ユー」リー・リトナー
16/14「ホワット・アー・ウィ・ドゥーイン・イット・ラヴ」ドティ・ウェスト
17/20「ジェミニ・ドリーム」ムーディ・ブルース
18/32「スロー・ハンド」ポインター・シスターズ
19/24「ボーイ・フロム・ニューヨーク・シティ」マンハッタン・トランスファー
20/22「ウィニング」サンタナ

21/23「モダン・ガール」シーナ・イーストン
22/25「時は川の流れに」アラン・パーソンズ・プロジェクト
23/26「クィーン・オブ・ハート」ジュース・ニュートン
24/17「ビーイング・ウィズ・ユー」スモーキー・ロビンソン
25/27「フール・イン・ラヴ」ジム・フォトグロ
26/18「リヴィング・インサイド・マイセルフ」ジノ・ヴァネリ
27/29「セヴン・イヤー・エイク」ロザンヌ・キャッシュ
28/30「スウィート・ベイビー」スタンリー・クラーク&ジョージ・デューク
29/19「テイク・イット・オン・ザ・ラン」REOスピードワゴン
30/21「恋は、はかなく」エルトン・ジョン

31/31「アイ・ラヴ・ユー」クライマックス・ブルース・バンド
32/34「愛は果てしなく」キャロル・ベイヤー・セイガー
33/41「ドント・レット・ヒム・ゴー」REOスピードワゴン
34/36「ザ・ストローク」ビリー・スクワイア
35/40「イッツ・ナウ・オア・ネヴァー」ジョン・シュナイダー
36/38「蜃気楼」ジョー・ウォルシュ
37/28「想い出のシルバー・ムーン」ピュア・プレイリー・リーグ
38/61「タッチ・ミー」カーペンターズ
39/39「ジョーンズvsジョーンズ」クール&ザ・ギャング
40/42「トゥー・ハーツ」ステファニー・ミルズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ドント・レット・ヒム・ゴー」REOスピードワゴン
(Don't Let Him Go / REO Speedwagon)

>大ベストセラー・アルバムのオープニングを飾っていたロック・ナンバー。まさかこの作品を3rdシングル化するとは当時思いもしなかったのだが、最高位24位と中途半端な位置にて留まってしまったのは仕方がないか。日本で先行ヒットした「涙のレター」(In Your Letter)は、やっぱアメリカではシングル・カットしないのだろうなぁと思っていた矢先だったのだが…。

アルバム「禁じられた夜」(Hi Infidelity)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「タッチ・ミー」カーペンターズ
(Touch Me When We're Dancing / Carpenters)

>1969年カリフォルニア州で結成された兄妹によるポップス・デュオ。
ワタシを洋楽の世界へと導いてくれた彼らによる、最後のトップ40ヒット。兄リチャード・カーペンターがプロデュースを担当した、感動的なポップ・ナンバーが最高位16位まで上昇。全米チャートを追いかけるようになって、初めて彼らの作品をトップ40ヒットとして目の当たりにした時は、それなりに感動を覚えたものである。
83年2月、華麗な歌声を提供し続けていてくれた妹・カレンが、急性心不全により逝去。享年32。長年の音楽活動にも終止符を打つ事となる。

アルバム「メイド・イン・アメリカ」(Made In America)に収録。

Made In America
↑なんかちょっと怖いイラスト・ジャケットだが、収録曲は爽やかさに満ちあふれてますよ♪

【試聴はコチラ】

☆「トゥー・ハーツ」ステファニー・ミルズ
(Two Hearts / Stephanie Mills)

>テディ・ペンダーグラスをゲストに迎え、デュエット形式を図ったR&Bナンバーだが、最高位40位と商業的には振るわず。

アルバム「ステファニー」(Stephanie)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年7月チャートTB : 0CM : 2
1981年7月11日付(復活!?フォリナー)HOME1981年6月27日付(バラードでの名作、ポインター・シスターズ)

COMMENT

ごめん…師匠…来ちゃった…(〃 ̄∇ ̄ポッ)…削除せんでねぇ…(願)

REOスピードワゴンって「Wheels Are Turnin'」だったりするのよね…

あくまでおいらん中でのイメージやけど…やっぱ偏り過ぎかしらん…

…ってか…この辺りの曲って…“似たりよったり”な気がすんの…

やっぱりおいらだけかしら…ぃや…おいらだけです…ごめんください…

追伸:その後…体調はどぅでっか!?…おいらが行くまでくたばらんでね♪
b y chibaggio | 2011.07.06(01:31) | URL | [EDIT] |
  +
>chibaggioたん

これはこれはお久しぶり。
とっくに熱中症であの世の住人かとおもっていたのだが、
ククク…なかなかしぶといようでなにより。(わはは)

>REOスピードワゴンって「Wheels Are Turnin'」だったりするのよね…

まぁこのあたりは、その作品との出会いのタイミングによりますなぁ。
「ジ・アース・ア・スモール・マン・ヒズ・ドッグ・アンド・ア・チキン」が
REOのベスト盤なんておっしゃるお方もいるかも?(いるのか!?)

>その後…体調はどぅでっか!?…おいらが行くまでくたばらんでね♪

おかげさまで次の通院で無事全快のハンコをいただけそうな
状態でおじゃるよ☆
今年の夏は、熱中症でブッ倒れないように注意したいぞな。

お気遣い、ドモ♪(^^)
b y ぶるじん | 2011.07.08(21:23) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/571-2539d341



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。