ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年6月20日付(鮮烈デビュー!ビリー・スクワイア) ]
2011-06-17(Fri) 19:41:12
01/02「ショッキング・ビートルズ45」スターズ・オン
02/01「ベティ・デイヴィズの瞳」キム・カーンズ
03/03「スキヤキ'81」テイスト・オブ・ハニー
04/05「ウーマン・ニーズ・ラヴ」レイ・パーカーJr.&レイディオ
05/07「過ぎ去りし日々」ジョージ・ハリスン
06/04「ビーイング・ウィズ・ユー」スモーキー・ロビンソン
07/14「シーサイド・ラヴ」エア・サプライ
08/08「自由の国アメリカ」ニール・ダイアモンド
09/17「ユー・メイク・マイ・ドリームス」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
10/20「ジェシーズ・ガール」リック・スプリングフィールド

11/12「いかしたあの娘」ゲイリー・U.S.・ボンズ
12/13「アイ・ラヴ・ユー」クライマックス・ブルース・バンド
13/06「リヴィング・インサイド・マイセルフ」ジノ・ヴァネリ
14/09「テイク・イット・オン・ザ・ラン」REOスピードワゴン
15/15「ホワット・アー・ウィ・ドゥーイン・イット・ラヴ」ドティ・ウェスト
16/10「スウィートハート」フランキー&ザ・ノックアウツ
17/21「イズ・イット・ユー」リー・リトナー
18/24「ハート悲しく」マーティ・バリン
19/19「孤独の世代」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
20/27「グレイテスト・アメリカン・ヒーローのテーマ」ジョーイ・スキャベリー

21/23「恋は、はかなく」エルトン・ジョン
22/33「アイ・ドント・ニード・ユー」ケニー・ロジャース
23/28「恋するエルヴァイラ」オークリッジ・ボーイズ
24/26「ウィニング」サンタナ
25/29「モダン・ガール」シーナ・イーストン
26/37「ジェミニ・ドリーム」ムーディ・ブルース
27/34「ボーイ・フロム・ニューヨーク・シティ」マンハッタン・トランスファー
28/30「想い出のシルバー・ムーン」ピュア・プレイリー・リーグ
29/31「フール・イン・ラヴ」ジム・フォトグロ
30/35「時は川の流れに」アラン・パーソンズ・プロジェクト

31/36「セヴン・イヤー・エイク」ロザンヌ・キャッシュ
32/32「セイ・ホワット」ジェシー・ウィンチェスター
33/43「クィーン・オブ・ハート」ジュース・ニュートン
34/38「スウィート・ベイビー」スタンリー・クラーク&ジョージ・デューク
35/11「クリスタルの恋人たち」グローヴァー・ワシントンJr.
36/40「愛は果てしなく」キャロル・ベイヤー・セイガー
37/18「時は流れて」スティクス
38/22「夜明けの天使」ジュース・ニュートン
39/16「ハウ・アバウト・アス」シャンペーン
40/44「ザ・ストローク」ビリー・スクワイア


【ニューエントリーこめんと】

☆「クィーン・オブ・ハート」ジュース・ニュートン
(Queen Of Hearts / Juice Newton)

>デイヴ・エドモンズが79年にヒットさせた作品のカバー。カントリー系ポップ・ナンバーとしてはやけにスピーディーな作品で、6位で数週足踏みしたため、ここが最高位に落ち着くかと思えたが、一気に2位へと大躍進!惜しくも快進撃はそこまでながらも、見事なミリオン・セラーをマーク。当時はここまで大ヒットする理由が分からなかったワタシだが、Hot100内滞在27週と前作にも劣らない彼女の代表作として記憶に刻まれる事となる。

アルバム「夜明けの天使」(Juice)に収録。

【試聴はコチラ】
(デイヴ・エドモンズ・バージョン)

☆「ザ・ストローク」ビリー・スクワイア
(The Stroke / Billy Squier)

>1950年マサチューセッツ州出身のシンガー・ソングライター兼ロック・ミュージシャン。本名ウィリアム・ハイスリップ・スクワイア。
自作&セルフ・プロデュースによる初トップ40ヒットだが、当時は結構衝撃を受けたハードなロック・ナンバー。少々雑に感じさせるメロディなれど、不思議と聴かせる要素も存在する作品。最高位17位ながらも、その存在感は抜群ナリ。

アルバム「ハードライダーの美学」(Don't Say No)に収録。

Dont Say No
↑当時はよく聴いた“ロックの名盤”ってヤツだ♪

【試聴はコチラ】

★圏外83位★

☆「彼女はスージー」ランディ・ヴァンウォーマー
(Suzi / Randy Vanwarmer)

>79年A.O.R.の傑作「アメリカン・モーニング」(Just When I Needed You Most)のヒットで、作風が固定しかけていた矢先にこのようなロックを発表してくるあたり、彼にも色々と野望があったのかも?残念ながら最高位は55位止まり。

アルバム"Beat of Love"に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年6月チャートTB : 0CM : 0
1981年6月27日付(バラードでの名作、ポインター・シスターズ)HOME1981年6月13日付(日本の歌謡曲がトップ40入り!?マーティ・バリン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/569-732d80c1



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。