ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年5月2日付(復活!ゲイリー・U.S.・ボンズ) ]
2011-05-02(Mon) 17:31:34
01/02「モーニング・トレイン」シーナ・イーストン
02/04「クリスタルの恋人たち」グローヴァー・ワシントンJr.
03/03「ビーイング・ウィズ・ユー」スモーキー・ロビンソン
04/05「夜明けの天使」ジュース・ニュートン
05/01「キッス・オン・マイ・リスト」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
06/06「ラプチャー」ブロンディ
07/18「ベティ・デイヴィズの瞳」キム・カーンズ
08/07「ユー・シー・ア・チャンス」スティーヴ・ウィンウッド
09/16「リヴィング・インサイド・マイセルフ」ジノ・ヴァネリ
10/11「アイ・キャント・スタンド・イット」エリック・クラプトン

11/12「憶い出の町」ジェームス・テイラー&J.D.サウザー
12/17「テイク・イット・オン・ザ・ラン」REOスピードワゴン
13/13「サムバディズ・ノッキン」テリー・ギブス
14/10「高校教師」ポリス
15/19「時は流れて」スティクス
16/08「ウーマン」ジョン・レノン
17/25「ウォッチング・ザ・ホイールズ」ジョン・レノン
18/30「スキヤキ'81」テイスト・オブ・ハニー
19/20「夜が泣いている」ジョン・クーガー
20/23「スウィートハート」フランキー&ザ・ノックアウツ

21/24「ユー・ベター・ユー・ベット」フー
22/22「タイム・アウト・オブ・マインド」スティーリー・ダン
23/26「ハウ・アバウト・アス」シャンペーン
24/27「アイ・ラヴ・ユー」クライマックス・ブルース・バンド
25/38「ウーマン・ニーズ・ラヴ」レイ・パーカーJr.&レイディオ
26/14「キープ・オン・ラヴィング・ユー」REOスピードワゴン
27/29「アイ・ミスト・アゲイン」フィル・コリンズ
28/32「僕のラヴ・ソング」ジョン・オバニオン
29/36「ホワット・アー・ウィ・ドゥーイン・イット・ラヴ」ドティ・ウェスト
30/33「ホールド・オン」38スペシャル

31/40「セイ・ユール・ビー・マイン」クリストファー・クロス
32/48「ショッキング・ビートルズ45」スターズ・オン
33/09「ベスト・オブ・タイムス」スティクス
34/15「クライング」ドン・マクリーン
35/49「愛は涙にぬれて」ドン・マクリーン
36/42「ファインド・ユア・ウェイ・バック」ジェファーソン・スターシップ
37/39「ワズント・ザット・ア・パーティ」ローヴァーズ
38/44「涙にぬれた夜」アン・マレー
39/76「自由の国アメリカ」ニール・ダイアモンド
40/67「いかしたあの娘」ゲイリー・U.S.・ボンズ


【ニューエントリーこめんと】

☆「ショッキング・ビートルズ45」スターズ・オン
(Medley : intro Venus // Sugar Sugar // No Reply // I'll Be Back // Drive My Car // Do You Want To Know A Secret // We Can Work It Out // I Should Have Known Better // Nowhere Man // You're Going To Lose That Girl // Stars On 45 / Stars On 45)

>オランダ発スタジオ・セッション・ミュージシャン達による壮大なるプロジェクト。メドレー・ブームの火付け役となったこのナンバー、モノマネながらもそのクォリティは非常に高く、無敵状態で首位を独走していたキム・カーンズの「ベティ・デイヴィズの瞳」(Bette Davis Eyes)を一瞬とはいえトップから引きずり下ろす事に成功している(1週No.1)。ミリオン・セラーをも記録。なお、日本ではスターズ・オン45とは呼ばず、“スターズ・オン”と名義されていた。

アルバム「ショッキング・ビートルズ33」(Stars On Long Play)に収録。

Stars On Long Play
↑始めたモン勝ちとはいえ、商業レベルにまで昇華させたのはお見事☆

【試聴はコチラ】

☆「愛は涙にぬれて」ドン・マクリーン
(Since I Don't Have You / Don McLean)

>スカイライナーズによる1959年のヒットをカバー。他にも複数のアーティストに取り上げられているまったりと聴かせるスタンダード・ナンバーだが、本作は最高位23位まで上昇している。

アルバム"Chain Lightning"に収録。

【試聴はコチラ】
(スカイライナーズ・バージョン)

☆「ファインド・ユア・ウェイ・バック」ジェファーソン・スターシップ
(Find Your Way Back / Jefferson Starship)

>ハード色が強いというより、なんか作りが雑なロック・ナンバー。最高位29位まで上昇してはいるものの、彼らのファンだったワタシにはこの曲が馴染めず、今回のアルバム購入を見送ったものである。

アルバム「モダン・タイムス」(Modern Times)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「涙にぬれた夜」アン・マレー
(Blessed Are The Believer / Anne Murray)

>この週2曲目となる“涙にぬれた”作品は、彼女にとってラスト・トップ40ヒットとなってしまったミディアム・スローなボーカル・ナンバー。温もりのある歌声は健在だが、最高位は34位止まり。

アルバム"Where Do You Go When You Dream"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「自由の国アメリカ」ニール・ダイアモンド
(America / Neil Diamond)

>ライヴ風仕立てな作りに施されており、アメリカを代表する正統派ボーカリストによるポップなロック・ナンバー。観客による指笛(?)が、絶妙なタイミングで飛んで来るのが素晴らしい。最高位8位にはちょいと不満だが、聴くなら絶対にアルバム・バージョンの方ですよ☆

アルバム「ジャズ・シンガー」(Jazz Singer)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「いかしたあの娘」ゲイリー・U.S.・ボンズ
(This Little Girl / Gary U.S. Bonds)

>1939年フロリダ州出身のシンガー。本名ゲイリー・ルボン・アンダーソン。
60年代前半に活躍したアーティストだが、今回ブルース・スプリングスティーンのバック・アップを受け、62年"Seven Day Weekend"以来19年ぶりにトップ40へと復帰。脳内でボスの歌声に変換しても楽しめるロック・ナンバーが、最高位11位まで上昇。余談だが、日本における当時の彼の呼び名はボンズではなく“ボンド”。名前にまで“邦題”を付けるなんて、ねぇ…。

アルバム「伝説のヒーロー」(Dedication)に収録。

【試聴はコチラ】

★圏外94位★

☆「シャッドアップ・ユア・フェイス」ジョー・ドルチェ
(Shaddup Your Face / Joe Dolce)

>1947年オハイオ州出身のシンガー・ソング・ライター。
最高位53位とトップ40入りは叶わなかったのだが、この陽気なノベルティ・ソングをぜひ楽しんでいただきたいッス♪

アルバム"Shaddup You Face"に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年5月チャートTB : 0CM : 2
1981年5月9日付(イケメン再始動!リック・スプリングフィールド)HOME1981年4月25日付(美しきカントリー・デュエット、ドティ・ウェスト)

COMMENT

  +
こんばんは。
今BS朝日で「ベストヒットUSA」をやってて、毎週観てるんですが、
今年4月で番組開始30周年ということで1ヶ月に渡って企画組んで放送してました。
丁度1981年4月にスタートした、私のバイブル的番組。 89年に一旦終了しても復活して、
克也さんの淡々とした番組運びとスタンスを一切変えることなく、
30年続けられたことは素晴らしいし、嬉しい限りです。
1回目の企画が30年前の1981年のNO.1ソングをすべて紹介してくれました。
あの番組はR&R誌のチャートなので、ビルボード誌とは結構違いがあるんですが、
とても堪能できましたよ。  こんなこと放送してくれるのは、あの番組だけ。
(年間1位は、キム・カーンズの"ベティ・ディビスの瞳”でした)
ただ残念なのが、現在のベストヒットUSAで一番つまらないコーナーが
「カウントダウンUSA」ってのがねぇ・・。  
ROCK系皆無、POP系もDANCE系がゴッチャになって、どれも同じに聴こえる曲ばかりで・・。
ただ、唯一のバイブル的番組なので、克也さんの意思が続く限り存続して欲しいです。   
長々とすいませんでした。  
この“場所”くらいしか、吐くとこるがなかったんで、ついつい・・。
b y たか兄 | 2011.05.03(22:42) | URL | [EDIT] |
  +
>たか兄さん

かつて「ベストヒットUSA」といえば、週末の定番洋楽番組でしたよね☆

現在の全米チャートの上位曲は、トップ5からのカウントダウンでも
途中で飽きちゃう作品ばっかで、あぁ…★

これは、現在のJ-Popにも飛び火したようで、週末の「カウントダウンTV」も
最近は全く観なくなっちゃいましたしねぇ。

この先、音楽は過去の遺産を聴き潰すしかないのでありましょうか?(涙)
b y ぶるじん | 2011.05.06(19:30) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/562-7d21cfc1



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。