ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年4月25日付(美しきカントリー・デュエット、ドティ・ウェスト) ]
2011-04-25(Mon) 15:41:44
01/01「キッス・オン・マイ・リスト」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
02/03「モーニング・トレイン」シーナ・イーストン
03/08「ビーイング・ウィズ・ユー」スモーキー・ロビンソン
04/04「クリスタルの恋人たち」グローヴァー・ワシントンJr.
05/06「夜明けの天使」ジュース・ニュートン
06/02「ラプチャー」ブロンディ
07/07「ユー・シー・ア・チャンス」スティーヴ・ウィンウッド
08/05「ウーマン」ジョン・レノン
09/09「ベスト・オブ・タイムス」スティクス
10/10「高校教師」ポリス

11/11「アイ・キャント・スタンド・イット」エリック・クラプトン
12/13「憶い出の町」ジェームス・テイラー&J.D.サウザー
13/16「サムバディズ・ノッキン」テリー・ギブス
14/12「キープ・オン・ラヴィング・ユー」REOスピードワゴン
15/14「クライング」ドン・マクリーン
16/18「リヴィング・インサイド・マイセルフ」ジノ・ヴァネリ
17/20「テイク・イット・オン・ザ・ラン」REOスピードワゴン
18/27「ベティ・デイヴィズの瞳」キム・カーンズ
19/24「時は流れて」スティクス
20/21「夜が泣いている」ジョン・クーガー

21/22「ユー・アンド・ミー」エイプリル・ワイン
22/23「タイム・アウト・オブ・マインド」スティーリー・ダン
23/25「スウィートハート」フランキー&ザ・ノックアウツ
24/26「ユー・ベター・ユー・ベット」フー
25/33「ウォッチング・ザ・ホイールズ」ジョン・レノン
26/29「ハウ・アバウト・アス」シャンペーン
27/30「アイ・ラヴ・ユー」クライマックス・ブルース・バンド
28/28「イッツ・ア・ラヴ・シング」ウィスパーズ
29/31「アイ・ミスト・アゲイン」フィル・コリンズ
30/32「スキヤキ'81」テイスト・オブ・ハニー

31/19「ドント・ストップ・ザ・ミュージック」ヤーブロウ&ピープルズ
32/40「僕のラヴ・ソング」ジョン・オバニオン
33/37「ホールド・オン」38スペシャル
34/35「ブルー・スカイ・パーティ」ジャーニー
35/36「ターン・ミー・ルーズ」ラヴァーボーイ
36/42「ホワット・アー・ウィ・ドゥーイン・イット・ラヴ」ドティ・ウェスト
37/38「ミスター・サンドマン」エミルー・ハリス
38/41「ウーマン・ニーズ・ラヴ」レイ・パーカーJr.&レイディオ
39/39「ワズント・ザット・ア・パーティ」ローヴァーズ
40/46「セイ・ユール・ビー・マイン」クリストファー・クロス


【ニューエントリーこめんと】

☆「ホワット・アー・ウィ・ドゥーイン・イット・ラヴ」ドティ・ウェスト
(What Are We Doin' In Love / Dottie West)

>1932年テネシー州出身の女性カントリー系シンガー・ソングライター。本名ドロシー・マリー・マーシュ。
当時カントリー界の重鎮となりつつあるケニー・ロジャースとのデュエットという形を取り、最高位14位と初の総合チャートで唯一となるトップ40ヒットを記録。カントリー・ソングのイメージは薄く、純粋なポップ・デュエット・バラード。
91年9月、交通事故により逝去。享年58。

アルバム"Wild West"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ウーマン・ニーズ・ラヴ」レイ・パーカーJr.&レイディオ
(A Woman Needs Love / Ray Parker Jr. & Radio)

>レイディオ名義初トップ40ヒットとなった「ジャック&ジル」(Jack & Jill)を発表して以降、似通った楽曲2曲のトップ40ヒットをはさみ、ようやく最終進化(完成)にたどり着いた感じがするソフトでメロウなソウル・ナンバー。最高位も4位と、トップ5ヒットにまで進化。

アルバム「ウーマン・ニーズ・ラヴ」(A Woman Needs Love)に収録。

A Woman Needs Love
↑うさん臭さ炸裂120%なこの表情、なんとかなりません?(^^;

【試聴はコチラ】

☆「セイ・ユール・ビー・マイン」クリストファー・クロス
(Say You'll Be Mine / Christopher Cross)

>グラミー賞を総ナメにしたデビュー・アルバムの冒頭を飾った、軽快なポップ・ナンバー。最高位20位。

アルバム「南から来た男」(Christopher Cross)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年4月チャートTB : 0CM : 4
1981年5月2日付(復活!ゲイリー・U.S.・ボンズ)HOME1981年4月18日付(本国よりも日本で活躍?ジョン・オバニオン)

COMMENT

復活宣言しておきながら、いろいろ忙しくて
ちっとも来てませんでしたね・・・。

レイ・パーカーJr.は写真載せないほうがいいんじゃ・・・。

ZZトップのベストはワタクシも所有しております。
「Rough Boy」が欲しかったので。
しかし、ミスって輸入盤を購入してしまったため、
歌詞はなし。
うがー。

それでは。
b y ベンじい | 2011.04.26(12:00) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

お久しぶりです。

レイ・パーカーJr.の写真は、アレでもアルバムの
ジャケット・デザインでありまして…☆(あはは(^^;)

ZZトップの「ラフ・ボーイ」が大好きなワタシは、
当然「アフターバーナー」も所持しております。(えっへん♪)
b y ぶるじん | 2011.04.28(22:46) | URL | [EDIT] |
  +
私も「ラフ・ボーイ」大好きで~す!
イントロのノックの音でもうしびれちゃいます^^
20年位前ですけど、コンサート行きました。
「アフターバーナー」はどの曲もカッコ良いですよね。
今でもよく聴きます。

レイ・パーカーJr.のジャケットは目とヒゲが、・・・
ジャック&ジルはレンタルレコードでダビングしたり、何度もエアチェックしたのでカセットテープはたくさんあるんですけど、今聴けるものが無いなぁ~・・・     廉価なCD探してみよ~っと♪
b y monchi | 2011.04.30(13:52) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

>「ラフ・ボーイ」

スピーディなギターもいいけれど、まったりと聴かせる
ギターもいいですよね♪

レイ・パーカーJr.ならいいベスト盤がありますので、
ぜひ一家に一枚☆(^^)
b y ぶるじん | 2011.05.02(17:51) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/561-cbb70e54



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。