ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年3月30日付 ]
2005-07-30(Sat) 21:41:48
01/03「ワン・モア・ナイト」フィル・コリンズ
02/02「マテリアル・ガール」マドンナ
03/01「涙のフィーリング」REOスピードワゴン
04/06「ラヴァー・ガール」ティナ・マリー
05/21「ウィ・アー・ザ・ワールド」U.S.A.フォー・アフリカ
06/05「トゥー・レイト・フォー・グッドバイ」ジュリアン・レノン
07/07「プライヴェート・ダンサー」ティナ・ターナー
08/08「ハイ・オン・ユー」サヴァイヴァー
09/20「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ
10/15「ナイトシフト」コモドアーズ

11/04「ヒート・イズ・オン」グレン・フライ
12/13「ジャスト・アナザー・ナイト」ミック・ジャガー
13/14「サムバディ」ブライアン・アダムス
14/17「アイム・オン・ファイア」ブルース・スプリングスティーン
15/19「ミッシング・ユー」ダイアナ・ロス
16/09「オンリー・ザ・ヤング」ジャーニー
17/12「ケアレス・ウィスパー」ワム・フューチャリング・ジョージ・マイケル
18/24「リズム・オブ・ザ・ナイト」デバージ
19/22「オブセッション」アニモーション
20/10「リラックス」フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド

21/18「キーピン・ザ・フェイス」ビリー・ジョエル
22/16「セイヴ・ア・プレイヤー」デュラン・デュラン
23/11「カリフォルニア・ガール」デイヴ・リー・ロス
24/29「オール・シー・ウォンツ・トゥドゥ・イズ・ダンス」ドン・ヘンリー
25/25「テイク・ミー・ウィズ・ユー」プリンス&ザ・レヴォリューション
26/30「いかした彼女」シカゴ
27/35「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
28/36「ドント・ユー」シンプル・マインズ
29/37「イエスタディ」フォリナー
30/43「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション

31/39「レイディオアクティヴ」ファーム
32/32「ティス・イズ・ノット・アメリカ」デヴィッド・ボウイ/パット・メセニー
33/34「ホワイ・キャント・アイ・ハヴ・ユー」カーズ
34/38「ラッキー」グレッグ・キーン
35/26「アイ・ウォナ・ノゥ」フォリナー
36/23「ミスレッド」クール&ザ・ギャング
37/44「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
38/52「スムース・オペレイター」シャーデー
39/40「セカンド・ネイチャー」ダン・ハートマン
40/45「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン


【ニューエントリーこめんと】

☆「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
(Some Like It Hot / Power Station)

>ブレイクする前の今は亡きロバート・パーマーをリード・ボーカルに、
デュラン・デュランのジョン・テイラー、アンディ・テイラー、
そしてシックのこれまた今は亡きトニー・トンプソンによる
スーパー・ユニット。
“パワー・ステイション”の名は伊達ではなく、とてつもなく
パワフルなロックで、特にトニーのドラムス・パワーはこのバンドの
要かもしれない。
最高位6位。
アンディのギターも負けてはいないぞ!
アルバム「パワー・ステイション」(The Power Station)からの
1stシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000006N4K001001/

☆「言わずにおいて」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Some Things Are Better Left Unsaid / Daryl Hall & John Oates)

>アルバム「ビッグ・バム・ブーム」(Big Bam Boom)からの
3rdシングル。
最高位18位とイマイチ振るわなかったが、彼ららしいソウルフルな
ミディアム・ロック。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002WZM001005/

☆「スムース・オペレイター」シャーデー
(Smooth Operator / Sade)

>1959年ナイジェリア出身のシャーデー・アデューをリード・ボーカル
に、1983年に結成された4人組ユニット。
ジャズとR&Bを融合したような、ワタシの苦手とするアダルトな
ナンバー。
最初女性ボーカルのソロ名義かと思いきや、グループ名だったなんて
分かるはずがありませぬ。(日本でいえば、ZARDのようなモノか?)
最高位5位。
アルバム「ダイアモンド・ライフ」(Diamond Life)からの1stシングル。

ところで当時、"Sade"これを何と読むのか非常に悩まされました。
“サデ?”、いや、それじゃあおかしい。
“さで!?”。
・・・何故かこの読み方しか思い浮かばなかったこの当時のワタシは
一体・・・??(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000051XX7001001/

☆「フォーエヴァー・マン」エリック・クラプトン
(Forever Man / Eric Clapton)

>“スロー・ハンド”2年ぶりのトップ40ヒットは、アルバム
「ビハインド・ザ・サン」(behind The Sun)からの80年代最後の
トップ40ヒットでもある。
リズミカルなクラプトン節は健在ナリ!
最高位26位。

ttp://www.hmv.co.jp/product/wmaplay.asp?tn=us%2Fuswm2%2F774%2F90774%5F1%5F06%2Easx%3Fobj%3Dv10207
1985年3月チャートTB : 0CM : 0
1979年3月31日付HOME1985年8月3日付

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/56-119f7eec



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。