ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年2月28日付(美人歌姫シーナ・イーストン、全米制覇スタート) ]
2011-03-18(Fri) 15:29:08
01/02「恋のレイニー・ナイト」エディ・ラビット
02/01「9時から5時まで」ドリー・パートン
03/04「ウーマン」ジョン・レノン
04/03「セレブレイション」クール&ザ・ギャング
05/06「キープ・オン・ラヴィング・ユー」REOスピードワゴン
06/07「ベスト・オブ・タイムス」スティクス
07/05「夢見るNo.1」ブロンディ
08/08「君にギヴ・アップ」デルバート・マクリントン
09/09「懐かしき恋人の歌」ダン・フォーゲルバーグ
10/12「ザ・ウィナー」アバ

11/15「クライング」ドン・マクリーン
12/14「疑惑」スティーヴィ・ワンダー
13/11「パッション」ロッド・スチュワート
14/17「ハロー・アゲイン」ニール・ダイアモンド
15/19「ラプチャー」ブロンディ
16/13「スターティング・オーヴァー」ジョン・レノン
17/10「ヘイ・ナインティーン」スティーリー・ダン
18/18「トゥゲザー」ティエラ
19/21「リトル・イン・ラヴ」クリフ・リチャード
20/26「別離」バーブラ・ストライサンド&バリー・ギブ

21/23「危険な恋人・パート2」パット・ベネター
22/24「ゲームス・ピープル・プレイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
23/27「ハーツ・オン・ファイア」ランディ・マイズナー
24/25「スモーキー・マウンテン・レイン」ロニー・ミルサップ
25/28「キッス・オン・マイ・リスト」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
26/30「夢の中で」レオ・セイヤー
27/33「消え行く男」ブルース・スプリングスティーン
28/16「ときめきの愛を」エア・サプライ
29/31「女神リーア」ドニー・アイリス
30/48「ユー・シー・ア・チャンス」スティーヴ・ウィンウッド

31/39「高校教師」ポリス
32/36「ライダーズ・イン・ザ・スカイ」アウトローズ
33/38「アメリカン・ラヴ・ソング」フィル・セイモア
34/53「モーニング・トレイン」シーナ・イーストン
35/22「ハートブレイク・ホテル」ジャクソンズ
36/43「ギター・マン」エルヴィス・プレスリー
37/37「バック・イン・ブラック」AC/DC
38/45「サムバディズ・ノッキン」テリー・ギブス
39/44「ステイング・ウィズ・イット」ファイアフォールwithリサ・ネムゾ
40/41「タイトなあの娘」コン・ファンク・シャン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ユー・シー・ア・チャンス」スティーヴ・ウィンウッド
(While You See A Chance / Steve Winwood)

>1948年イギリス・バーニンガム出身のソングライター兼ミュージシャン。本名スティーブン・ローレンス・ウィンウッド。
“スペンサー・デイヴィス・グループ”→“トラフィック”→“ブラインド・フェイス”→“トラフィック”(再結成)と、各グループを渡り歩き、77年ソロへと転身。音楽活動の下積み生活が長かった彼も、ようやくこのキーボードの音色が印象深いポップ・ナンバーにて全米最高位7位を記録。本格的な快進撃は86年からとなる。

アルバム「ダイバーの軌跡」(Arc Of A Diver)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「モーニング・トレイン」シーナ・イーストン
(Morning Train / Sheena Easton)

>1959年イギリス・スコットランド出身のシンガー・ソングイター。本名シーナ・シャリー・オール。
日本人のお耳にもやさしいこのポップ・ナンバーは、本国イギリスに遅れること約半年後、ついに全米をも制覇(2週)する事に成功。本来の原題は"9 To 5"なのだが、同時期に大先輩にあたるドリー・パートンが同名異曲でヒットしていたため"Morning~"に変更したのは有名なエピソードか。この後、ヒット・メーカーとして活躍していく事となる。

アルバム「モダン・ガール」(Sheena Easton)に収録。

Sheena Easton
↑日本盤と米盤では、収録曲に違いがあるのよね。

【試聴はコチラ】

☆「ギター・マン」エルヴィス・プレスリー
(Guitar Man / Elvis Presley)

>1935年ミシシッピー州出身のキング・オブ・ロックンロール兼俳優。本名エルヴィス・アーロン・プレスリー。77年8月心臓発作により逝去。享年42。
67年ジェリー・リードによるこの陽気なカントリー・ナンバーをカバーした68年の最高位は43位止まりだったのだが、今回の新録音バージョンは28位まで上昇。死後もキングは“キング”なのである。

アルバム「ギターマン~ニュー・エディション」(Guiter Man)に収録。

【試聴はコチラ】
(ジェリー・リード・バージョン)

☆「サムバディズ・ノッキン」テリー・ギブス
(Somebody's Knockin' / Terri Gibbs)

>1954年フロリダ州出身盲目の女性カントリー・シンガー。
ランディ・ヴァンウォーマー同様、男女の区別がつきにくいボーカルを披露してくれるのだが、ポップ系寄りのボーカル・ナンバーが最高位13位と、唯一のトップ40ヒットを記録。

アルバム"Somebody's Knockin'"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ステイング・ウィズ・イット」ファイアフォールwithリサ・ネムゾ
(Staying With It / Firefall with Lisa Nemzo)

>トップ40ヒットは決して多くはないとはいえ印象に残る作品を提供してくれていた彼らだが、ラスト・トップ40ヒットとなってしまったこのロードアイランド州出身の女性シンガーをフィーチャーしたポップ・ロックは、イマイチ感が強いのが残念。最高位37位。

アルバム"Clouds Across The Sun"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「タイトなあの娘」コン・ファンク・シャン
(Too Tight / Con Funk Shun)

>微妙なB級ファンク/ダンス・ナンバーを、3年ぶり2曲目のトップ40ヒットとして記録したものの、1週のみ最高位40位とは元気がありません。ラスト・トップ40ヒットとなってしまったが、アメリカ・日本の両国においても人気があるのかどうか解からないグループだったかなぁ。(スミマセン)

アルバム「タッチ」(Touch)に収録。

【試聴はコチラ】

★圏外95位★

☆「バーン・ラバー」ギャップ・バンド
(Burn Rubber / Gap Band)

>1967年オクラホマ州で結成されたファンク・バンド。
時代がまだ追い付いていなかったためか、最高位こそ84位という下位に収まってしまったものの、作品としては明らかにトップ40ヒットである上記のコン・ファンク・シャンを上回っているような気が…。(ゴメン) なお、彼らが放つ初のトップ40ヒットは、翌82年である。

アルバム"The Gap Band Ⅲ"に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1981年2月チャートTB : 0CM : 4
1981年3月7日付(ジャズ界からようこそ、グローヴァー・ワシントンJr.)HOME1981年2月21日付(軽快な一発ヒット、フィル・セイモア)

COMMENT

本当に長い時間をかけて、コツコツとブログを
(と言うより辞典のようですね)積み上げてこられたのですね。
趣味の幅の広さにも驚きます。
いろいろ教えていただいて有難うございます。
懐かしさのあまり、つい興奮してしまいました^^;
スミマセン。


b y monchi | 2011.03.20(20:23) | URL | [EDIT] |
  +
>monchiさん

古い記事にまで目を通して頂き、ありがとうございます☆

このブログは当時を振り返ると同時に、
取りこぼしていた作品を新たに拾い上げる意味も込めて、
せっせと毎週更新していたモノであります。

おかげさまで、少数精鋭の洋楽ファンの方々とお知り合いに
なれたというかけがいのない副産物(?)も入手出来ました☆

今後とも本ブログをよろしくお願いいたします♪(^^)
b y ぶるじん | 2011.03.21(17:58) | URL | [EDIT] |
はじめまして
往年のカセットテープを聴いていて、この曲はいったいいつチャートにいたんだろうと思って探していたら、遂に見つかった!という気持ちで一杯です。
ニール・ダイモンドのハローアゲイン、シーナ・イーストンのモーニングトレイン、そしてスティーブ・ウインウッドのWhileYouSeeAChance(カセットにはなぜかすべて英語で書いてあります)ブルースのFadeAwaレオセイヤーのLivingInAFntasy・・・がB面、A面にはREOのKeepOnLovingYouが!!!以下略
79年の恋のサバイバルが1位の時からTop40を聞き聞き始めた私に取って、30年たっても79年~81年はすべてが涙のような気がします・・・・また書きます!

b y ジョバ | 2012.01.07(22:18) | URL | [EDIT] |
  +
>ジョバさん

はじめまして、当ブログの管理人・ぶるじんと申します。

>79年の恋のサバイバルが1位の時からTop40を聞き聞き始めた

ワタシはその前年、テイスト・オブ・ハニーの「今夜はブギ・ウギ・ウギ」が
首位の時からフルサイズで聞くようになりました。

今後も当ブログを楽しんでいただければ、幸いであります☆(^^)
b y ぶるじん | 2012.01.08(00:12) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/553-2acb75fb



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。