ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1981年2月21日付(軽快な一発ヒット、フィル・セイモア) ]
2011-03-07(Mon) 20:27:31
01/02「9時から5時まで」ドリー・パートン
02/03「恋のレイニー・ナイト」エディ・ラビット
03/01「セレブレイション」クール&ザ・ギャング
04/06「ウーマン」ジョン・レノン
05/04「夢見るNo.1」ブロンディ
06/08「キープ・オン・ラヴィング・ユー」REOスピードワゴン
07/12「ベスト・オブ・タイムス」スティクス
08/09「君にギヴ・アップ」デルバート・マクリントン
09/11「懐かしき恋人の歌」ダン・フォーゲルバーグ
10/10「ヘイ・ナインティーン」スティーリー・ダン

11/05「パッション」ロッド・スチュワート
12/15「ザ・ウィナー」アバ
13/07「スターティング・オーヴァー」ジョン・レノン
14/16「疑惑」スティーヴィ・ワンダー
15/17「クライング」ドン・マクリーン
16/13「ときめきの愛を」エア・サプライ
17/20「ハロー・アゲイン」ニール・ダイアモンド
18/19「トゥゲザー」ティエラ
19/32「ラプチャー」ブロンディ
20/14「ミス・サン」ボズ・スキャッグス

21/23「リトル・イン・ラヴ」クリフ・リチャード
22/22「ハートブレイク・ホテル」ジャクソンズ
23/24「危険な恋人・パート2」パット・ベネター
24/26「ゲームス・ピープル・プレイ」アラン・パーソンズ・プロジェクト
25/25「スモーキー・マウンテン・レイン」ロニー・ミルサップ
26/36「別離」バーブラ・ストライサンド&バリー・ギブ
27/30「ハーツ・オン・ファイア」ランディ・マイズナー
28/33「キッス・オン・マイ・リスト」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
29/18「今度は、私」ダイアナ・ロス
30/38「夢の中で」レオ・セイヤー

31/35「女神リーア」ドニー・アイリス
32/21「セヴン・ブリッジス・ロード」イーグルス
33/49「消え行く男」ブルース・スプリングスティーン
34/27「ラヴ・オン・ザ・ロック」ニール・ダイアモンド
35/28「ギルティ」バーブラ・ストライサンド&バリー・ギブ
36/40「ライダーズ・イン・ザ・スカイ」アウトローズ
37/39「バック・イン・ブラック」AC/DC
38/46「アメリカン・ラヴ・ソング」フィル・セイモア
39/57「高校教師」ポリス
40/34「愛のモーメント」フレッド・ノブロック&スーザン・アントン


【ニューエントリーこめんと】

☆「消え行く男」ブルース・スプリングスティーン
(Fade Away / Bruce Springsteen)

>爽快なアメリカン・ロックだった前作とは打って変わって、アルバムのラストに収録されそうな哀愁に満ちたバラード調の作品を2ndシングルに。最高位20位。日本ではたしか「消え行く~」と似たような雰囲気を持った「アイ・ウォナ・マリー・ユー」(I Wanna Marry You)が2ndシングルだったかな。2枚組みアルバムだったとはいえ、シングル・カットの選曲に苦労がうかがえます。(おいおい)

アルバム「ザ・リヴァー」(The River)に収録。

【試聴はコチラ】
(I Wanna Marry You)

☆「アメリカン・ラヴ・ソング」フィル・セイモア
(Precious To Me / Phil Seymour)

>1952年オクラホマ州出身のシンガー・ソングライター兼ミュージシャン。本名フィリップ・ウォーレン・セイモア。
70年代にドゥワイト・トゥイリー・バンドの一員として活躍後、ソロに転向しこのポップなA.O.R.作品にてトップ40ヒットを記録。一発ヒットだったとはいえ、日本でも人気が高い作品。最高位22位。
93年8月、悪性リンパ腫のため死去。享年41。

アルバム「アメリカン・ラヴ・ソング」(Phil Seymour)に収録。

Phil Seymour
↑美男薄命…合掌。

【試聴はコチラ】
(I'm On Fire / Dwight Twilley Band)

☆「高校教師」ポリス
(Don't Stand So Close To Me / Police)

>ポップで能天気風な前作とは違い、本来の彼らのサウンドを前面に出したようなやや重苦しさを感じさせるようなロックを2ndシングルとしてカット。本作も前作同様最高位10位と、ヒット・メーカーとしての様相も見せてきた。
なお、86年にはバージョン違いをシングル化してきたのだが、コチラはトップ40入りを逃している。(まぁ、当然かな?)

アルバム「ゼニヤッタ・モンダッタ」(Zenyatta Mondatta)に収録。

【試聴はコチラ】
(高校教師'86)
音楽チャート1981年2月チャートTB : 0CM : 2
1981年2月28日付(美人歌姫シーナ・イーストン、全米制覇スタート)HOME1981年2月14日付(ようやく完全開花!ホール&オーツ)

COMMENT

楽しませていただいております。
この年、ちょうど大学卒業とダン・フォーゲルバーグの歌がリンクして
歌詞とあの旋律を聴く度、涙が出てしまいます。
日曜日、イーグルス行ってきました。
ハーモニーは相変わらず素敵でした。
でも、やはり年は仕方ないですね。
ドンもグレンもハイトーンを苦しそうに絞り出す、いや、
出そうとしても出ない。といった感じでした。
それでも約3時間のステージは見応えありました。
解散の悲しい知らせも確かこの年でしたよね?
b y monchi | 2011.03.08(22:56) | URL | [EDIT] |
>monchiさん

>歌詞とあの旋律を聴く度、涙が出てしまいます。

この作品のアウトロに、「蛍の光」が上手く取り入れられていますよね。
いい思い出の楽曲になりましたね☆

>日曜日、イーグルス行ってきました。

メンバーも皆、ホール&オーツ同様還暦を過ぎていますが、
約3時間の長丁場はスゴイですね。
やはり、休憩時間もそれなりにあったのでしょうか?(^^;

まだ先の話しですが、ワタシも元気な60代が
送れたらいいのになぁ☆(あはは)
b y ぶるじん | 2011.03.11(21:45) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/551-4cda4051



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。