ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年8月9日付(いきなりトップ10内に登場!ダイアナ・ロス) ]
2010-08-08(Sun) 00:00:08
01/01「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
02/02「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
03/03「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
04/06「テイク・ユア・タイム」S.O.S.バンド
05/10「セイリング」クリストファー・クロス
06/05「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
07/09「エモーショナル・レスキュー」ローリング・ストーンズ
08/04「キューピッド」スピナーズ
09/07「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
10/49「アップサイド・ダウン」ダイアナ・ロス

11/11「イン・アメリカ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
12/13「モア・ラヴ」キム・カーンズ
13/08「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
14/14「ラヴ・ザ・ワールド・アウェイ」ケニー・ロジャース
15/17「誤解」ジェネシス
16/12「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
17/27「フェイム」アイリーン・キャラ
18/20「スターウォーズ/帝国の逆襲 メドレー」ミーコ
19/21「ハートの扉」ピート・タウンゼント
20/26「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ

21/24「ジョジョ」ボズ・スキャッグス
22/22「スタンド・バイ・ミー」ミッキー・ギリー
23/23「恋はリズムにのって」アリ・トムソン
24/25「オールド・ファッション・ラヴ」コモドアーズ
25/30「ホワイ・ノット・ミー」フレッド・ノブロック
26/28「メイク・ア・リトル・マジック」ダート・バンド
27/29「ブールバード」ジャクソン・ブラウン
28/31「オール・アウト・オブ・ラヴ」エア・サプライ
29/36「愛にときめいて」アンブロージア
30/35「人生にさようなら」エディ・ラビット

31/32「アイ・キャント・レット・ゴー」リンダ・ロンシュタット
32/34「タルサ・タイム/コカイン」エリック・クラプトン
33/39「ギヴ・ミー・ザ・ナイト」ジョージ・ベンソン
34/40「ルッキン・フォー・ラヴ」ジョニー・リー
35/16「ローズ」ベット・ミドラー
36/15「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
37/41「ワン・イン・ア・ミリオン・ユー」ラリー・グラハム
38/18「ギミ・サム・ラヴィン」ブルース・ブラザーズ
39/46「ホット・ロッド・ハート」ロビー・デュプリー
40/44「思い出の中に」ナタリー・コール


【ニューエントリーこめんと】

☆「アップサイド・ダウン」ダイアナ・ロス
(Upside Down / Diana Ross)

>バーナード・エドワーズ&ナイル・ロジャースという黄金の“シック”コンビによって製作されたこのディスコ調R&Bナンバーは、82位→71位→59位→49位→10位という異常ともとれるチャート・アクションを披露し、その後4週にも渡り全米の頂点に君臨。Hot100内滞在29週というロングラン・ヒットをも記録し、80年代もダイアナ・ロスの健在っぷりをアピールしてくれたのである。
なお、当時は一週間遅れの「全米トップ40」を地元ラジオで聞いていたため、エアチェックの定番番組「リクエスト・コーナー」にて“10位 ダイアナ・ロスで「アップサイド・ダウン」”という石田豊氏のナレーションを耳にし、“はぁ!?”と思いながらカセット・デッキ(!)のストップ・ボタンを解除していたのが懐かしいッス。

アルバム「ダイアナ」(Diana)に収録。

Diana.jpg
↑アルバムもしっかりと2位にまで上昇し、絶好調であーる!

【試聴はコチラ】

☆「ワン・イン・ア・ミリオン・ユー」ラリー・グラハム
(One In A Million You / Larry Graham)

>1946年テキサス州出身のシンガー・ソングライター兼ベーシスト。
スライ&ザ・ファミリー・ストーン、グラハム・セントラル・ステーションを経て、今回ソロ名義にて初のトップ40ヒットを放つ事に成功。壮大ながらもじっくりと聴かせるバラード・ナンバーが、最高位9位とミリオン・セラーをマーク。
個人的に、ベニー・マードーンズの「イントゥ・ザ・ナイト」とセットで思い出す80'sヒットである。

アルバム「バラードの世界」(One In A Million You)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ホット・ロッド・ハート」ロビー・デュプリー
(Hot Rod Hearts / Robbie Dupree)

>大成功を収めた1stヒットに続く、ややアップ・テンポ調ながらもこれまたお耳に心地良いA.O.R.ナンバー。最高位15位と、一発ヒットの壁を打ち破る貴重なトップ40ヒットなのである。(つまり、ラスト・トップ40ヒット)

アルバム「ふたりだけの夜」(Robbie Dupree)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「思い出の中に」ナタリー・コール
(Someone That I Used To Love / Natalie Cole)

>1950年カリフォルニア州出身の女性シンガー・ソングライター。本名ナタリー・マリア・コール。親父さんは言わずと知れたナット・キング・コール。
地味ながらも味わい深さを感じ取れるスロー・バラード。最高位も地味に21位。なお上記のダイアナ・ロスとは対照的に、この後しばらくスランプに陥ってしまう。

アルバム「花物語」(Don't Look Back)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1980年8月チャートTB : 0CM : 0
1980年8月16日付(ディスコに挑戦?ポール・サイモン)HOME1980年8月2日付(人気沸騰、ジョージ・ベンソン)

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/519-ee84eed8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。