ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年7月19日付(ますます好調♪エア・サプライ) ]
2010-07-17(Sat) 09:39:51
01/02「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
02/01「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
03/04「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
04/05「キューピッド」スピナーズ
05/11「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
06/06「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
07/08「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
08/03「ローズ」ベット・ミドラー
09/09「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
10/10「恋のスターライト」ピュア・プレイリー・リーグ

11/19「テイク・ユア・タイム」S.O.S.バンド
12/13「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
13/14「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
14/15「イン・アメリカ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
15/17「モア・ラヴ」キム・カーンズ
16/16「アイム・アライヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
17/22「エモーショナル・レスキュー」ローリング・ストーンズ
18/21「ラヴ・ザ・ワールド・アウェイ」ケニー・ロジャース
19/20「ギミ・サム・ラヴィン」ブルース・ブラザーズ
20/07「ファンキー・タウン」リップス

21/23「オール・ナイト・ロング」ジョー・ウォルシュ
22/25「スターウォーズ/帝国の逆襲 メドレー」ミーコ
23/26「セイリング」クリストファー・クロス
24/27「誤解」ジェネシス
25/31「ハートの扉」ピート・タウンゼント
26/28「スタンド・バイ・ミー」ミッキー・ギリー
27/12「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
28/35「恋はリズムにのって」アリ・トムソン
29/37「オールド・ファッション・ラヴ」コモドアーズ
30/36「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ

31/39「ジョジョ」ボズ・スキャッグス
32/34「ウォーク・ライク・ア・レイディ」ジャーニー
33/40「メイク・ア・リトル・マジック」ダート・バンド
34/18「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
35/24「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン
36/38「キング・オブ・ザ・ヒル」リック・ピネット&オーク
37/29「カーズ」ゲイリー・ニューマン
38/42「アイ・キャント・レット・ゴー」リンダ・ロンシュタット
39/43「オール・アウト・オブ・ラヴ」エア・サプライ
40/41「ラヴァーズ・ホリディ」チェンジ


【ニューエントリーこめんと】

☆「アイ・キャント・レット・ゴー」リンダ・ロンシュタット
(I Can't Let Go / Linda Ronstadt)

>66年ホリーズのヒットをカバー。彼女が得意とするカバー曲ヒットなれど、いまいちインパクトに欠けるためか、最高位も31位が関の山だったようだ。

アルバム「激愛」(Mad Love)に収録。

【試聴はコチラ】
(ホリーズ・バージョン)

☆「オール・アウト・オブ・ラヴ」エア・サプライ
(All Out Of Love / Air Supply)

>21位から8位へとジャンプアップした時、まだまだ前ヒット作の余韻に浸り続けていたワタシには、あまり目立ったチャート・アクションはして欲しくはないなぁなんて勝手に憤慨していたのだが、最高位2位を4週間継続。しかもHot100内滞在27週な上にミリオン・セラーまでマークという前作を上回る好結果を残す事に。当時はなかなか好きになれなかった彼らお得意のパワー・バラード第二弾だが、今ではちゃっかりとお気に入りの1曲に収まっている。

アルバム「ロスト・イン・ラヴ」(Lost In Love)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ラヴァーズ・ホリディ」チェンジ
(A Lover's Holiday / Change)

>1979年イタリア・ボローニャで結成されたディスコ系R&Bグループ。
トップ40にはわずか1週のみ(40位)のチャ-ト・インだったのだが、当時なぜかエアチェックが不可能だった作品で、今回30年ぶりに試聴が完了出来たワケである。楽曲としては取り立ててどうこうという魅力は感じないダンス・ナンバーだが、かのルーサー・ヴァンドロスがリード・ボーカルを担当していた作品がアルバムに収録されているのには驚かされましたよ。(おいおい)

アルバム「ラヴァーズ・ホリディ」(The Glow Of Love)に収録。

The Glow Of Love
↑ワタシが思っているよりも、世間では評価がお高いようで…。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1980年7月チャートTB : 0CM : 4
1980年7月26日付(快調!ジャクソン・ブラウン)HOME1980年7月12日付(記憶に刻まれる一発ヒット、アリ・トムソン)

COMMENT

  + こんにちは
今週の「American Top40 The 80's」の放送もこの80年7月19日付ですね。
記事見ながら聴いております^^
b y Leepy | 2010.07.17(20:52) | URL | [EDIT] |
  +
>Leepyさん

放送日が被る時の感想コメントを記する時は、
なんか気恥ずかしいですね。(^^;

ご愛顧ありがとうございます☆
b y ぶるじん | 2010.07.18(09:25) | URL | [EDIT] |
  + こんばんは
いきなりいってみましょう。

☆「アイ・キャント・レット・ゴー」リンダ・ロンシュタット
良いんですけど、普通ですよね。
「インパクトに欠ける」といわれるのも納得であります。

☆「オール・アウト・オブ・ラヴ」エア・サプライ
嫌いじゃないんですけどねぇ・・・。
個人的には「ロスト・イン・ラブ」が一番です。

☆「ラヴァーズ・ホリディ」チェンジ
こういうリズム好きなんですよ。
自分で思ってる以上にアチラに
適性があるのでしょうか?

自転車通勤開始。
止まるとスゴイですねぇ。

それでは。
b y ベンじい | 2010.07.18(21:09) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

この週は、もぅエア・サプライの一人勝ちでありましょう。
なんだかんだで、ワタシはバラード系の作品が好きですね☆

自転車通勤は健康に良さそうですね。
夏場は水分補給をお忘れずにご注意を。
b y ぶるじん | 2010.07.19(10:17) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/516-27a78452



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。