ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年7月12日付(記憶に刻まれる一発ヒット、アリ・トムソン) ]
2010-07-10(Sat) 11:31:42
01/01「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
02/04「ロックンロールが最高さ」ビリー・ジョエル
03/03「ローズ」ベット・ミドラー
04/05「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
05/08「キューピッド」スピナーズ
06/07「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
07/02「ファンキー・タウン」リップス
08/14「マジック」オリヴィア・ニュートン・ジョン
09/10「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
10/11「恋のスターライト」ピュア・プレイリー・リーグ

11/12「夢のシャイニング・スター」マンハッタンズ
12/06「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
13/15「愛は風にのせて」ロッキー・バーネット
14/16「ワン・ファイン・ディ」キャロル・キング
15/20「イン・アメリカ」チャーリー・ダニエルズ・バンド
16/18「アイム・アライヴ」エレクトリック・ライト・オーケストラ
17/21「モア・ラヴ」キム・カーンズ
18/09「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
19/23「テイク・ユア・タイム」S.O.S.バンド
20/22「ギミ・サム・ラヴィン」ブルース・ブラザーズ

21/24「ラヴ・ザ・ワールド・アウェイ」ケニー・ロジャース
22/33「エモーショナル・レスキュー」ローリング・ストーンズ
23/25「オール・ナイト・ロング」ジョー・ウォルシュ
24/13「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン
25/29「スターウォーズ/帝国の逆襲 メドレー」ミーコ
26/34「セイリング」クリストファー・クロス
27/31「誤解」ジェネシス
28/32「スタンド・バイ・ミー」ミッキー・ギリー
29/17「カーズ」ゲイリー・ニューマン
30/19「面影は永遠に」ニール・セダカ&ダラ・セダカ

31/35「ハートの扉」ピート・タウンゼント
32/27「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ
33/26「コール・ミー」ブロンディ
34/38「ウォーク・ライク・ア・レイディ」ジャーニー
35/50「恋はリズムにのって」アリ・トムソン
36/47「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ
37/59「オールド・ファッション・ラヴ」コモドアーズ
38/41「キング・オブ・ザ・ヒル」リック・ピネット&オーク
39/46「ジョジョ」ボズ・スキャッグス
40/48「メイク・ア・リトル・マジック」ダート・バンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「恋はリズムにのって」アリ・トムソン
(Take A Little Rhythm / Ali Thomson)

>1959年イギリス出身のシンガー・ソングライター。
自作&セルフ・プロデュースによる一発ヒットだが、80年代初頭を代表する一曲であろう爽やか路線炸裂なA.O.R.ナンバー。一時23位にて足踏みし“あれれ!?”と思ったのだが、息を吹き返し最高位15位にまで上昇。当時はTVCMにも使用された良作だが、現在はCD化されていないようで入手が困難ナリ。

アルバム「恋はリズムにのって」(Take A Little Rhythm)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ
(Into The Night / Benny Mardones)

>1946年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター。
かのロバート・テッパーとの共同制作による、ちょっとねっとりとしたボーカルがアレなA.O.R.ナンバー。最高位11位。なお89年に再ヒットし20位にまで上昇しているが、一発屋には変わりナシ。(スミマセン)

アルバム「イントゥ・ザ・ナイト」(Never Run, Never Hide)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「オールド・ファッション・ラヴ」コモドアーズ
(Old Fashion Love / Commodores)

>アルバムからの1stシングルとしては、ライオネル・リッチーが製作に関わっていないある意味レア(?)なヒット・ナンバー。ややファンク寄りなソフトR&Bだが、最高位20位と伸び悩んだものの楽曲としては決して悪くはありません。
当時「全米トップ40」では、湯川さんが“今回のアルバムには、ライオネルが不参加だから面白くないワケだ!”なんて言い切っちゃっていたのだが、翌週に“参加していました”と訂正していたのには気マズイったらありゃしない★(おいおい)

アルバム「ヒーローズ」(Heroes)に収録。

Heroes.jpg
↑これまた、意外と入手困難な一枚!

【試聴はコチラ】

☆「キング・オブ・ザ・ヒル」リック・ピネット&オーク
(King Of The Hill / Rick Pinette And Oak)

>そのバイオグラフィが全く不明なグループだが、作品からしてアメリカン・バンドなのかな?
最高位36位止まりだったとはいえ、そのドラマチックな作りのパワー・バラードには魅せられたものである。まさにトップ40ファンだからこそ出会えたような一曲。でも、現在では入手困難ナリ。

アルバム"Oak"に収録。

【試聴はコチラ】

☆「ジョジョ」ボズ・スキャッグス
(Jojo / Boz Scaggs)

>演奏がまんまトトに聴こえて仕方がない、デヴィッド・フォスターとの共作によるアダルトなA.O.R.ナンバー。マンガ「ジョジョの奇妙な冒険」の主人公名はここから拝借したのかと思っていた時期もあったのだが、アレはビートルズの「ゲット・バック」からだったみたいね…。最高位17位。

アルバム「ミドル・マン」(Middle Man)に収録。

【試聴はコチラ】

☆「メイク・ア・リトル・マジック」ダート・バンド
(Make A Little Magic / The Dirt Band)

>前ヒットの流れをくむソフトなカントリー・ナンバー。ゲスト・ボーカルに今回はニコレット・ラーソンを起用したものの、最高位は25位と伸びず。

アルバム「メイク・ア・リトル・マジック」(Make A Little Magic)に収録。

【試聴はコチラ】


★圏外77位★

☆「悲しみTOO MUCH」エリック・カルメン
(It Hurts Too Much / Eric Carmen)

>当時、日本ではそれなりにラジオから流れてきたポップ・ナンバーだが、全米ではHot100滞在わずか2週という不遇を受ける始末。ちょっと作りが雑だった?最高位75位。

アルバム「トゥナイト・ユア・マイン」(Tonight You're Mine)に収録。

【試聴はコチラ】
音楽チャート1980年7月チャートTB : 0CM : 4
1980年7月19日付(ますます好調♪エア・サプライ)HOME1980年7月5日付(初のソロ名義ヒット、ピートタウンゼント)

COMMENT

  +
 どうも。 ちょっと久々にお邪魔いたします。
 ポールもずっとトップに居座ってますンね。 
 でも、もうそろそろビリーに譲るのかな?
 全体を見渡しても、いい曲がいっぱい入ってるし、
 「これが、何で・・」っていうのもあるし。
 ヒット・チャートは、ポップスの音楽絵巻。  だから面白い。

 今回は、ランクインしてきたボズで一言。
 私の初ボズは「ミドル・マン」でした。
 ジャケは、網タイツの女性の脚に膝枕して、タバコ。
 「俺って、大人のレコード聴いてるなぁ」などと勝手に
 妄想してたっけ。 今でもボズの中では、これが一番好き。
 ちなみに、”Jojo”は、”Get Back”から取ったんですが、
 ポールが意味するJojoは、ジョンのこと。
 「ジョン、戻ってこいよ」って、当時のポールの叫びでした。

b y たか兄 | 2010.07.13(14:19) | URL | [EDIT] |
  + こんばんは
雨、雨、雨・・・。

☆「恋はリズムにのって」アリ・トムソン
爽やかですね~。
爽やかすぎて日本の夏にはそぐわないかも?

☆「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ
ネットラジオで散々流れてました。
暑い日には聴きたくないかも・・・。
嫌いではないですけどね。

☆「オールド・ファッション・ラヴ」コモドアーズ
ライオネル抜きでもいいもの作れたんですよねぇ・・・。

☆「キング・オブ・ザ・ヒル」リック・ピネット&オーク
いいじゃありませんか。
こういう曲に出会えたときは
「チャートファンやっててよかった」
と思いますねぇ。

☆「ジョジョ」ボズ・スキャッグス
デヴィッド・フォスター流TOTOサウンドってところですかね。
でも、うまく説明できないんですが、
なにか引っかかるんですよね・・・。
なんだろ?

☆「メイク・ア・リトル・マジック」ダート・バンド
いいんじゃないでしょうか。
30秒ではこのくらいしか・・・。

☆「悲しみTOO MUCH」エリック・カルメン
確かに聴き覚えあります。
でも、ちょっと荒さが見えますかね。

自転車通勤を始めようと思い
自転車を購入。
でも、雨、雨、雨・・・。

それでは。
b y ベンじい | 2010.07.13(21:14) | URL | [EDIT] |
  +
>たか兄さん

ワタシの初ボズは、前作の「ダウン・トゥ・ゼン・レフト」からでしたが、
「ミドル・マン」が初めて買ったアルバムでした。

>ポールが意味するJojoは、ジョンのこと。

なんと、そうだったのですかぁ!
これは勉強になりました☆(^^)
b y ぶるじん | 2010.07.13(23:45) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

この週は、やっぱアリ・トムソンですかねぇ♪
自転車通勤時に聴いたら最高かも?

でも、雨天では台無しになりそうですね…★(^^;
b y ぶるじん | 2010.07.13(23:49) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/515-7b37ea4b



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。