ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年5月17日付(ちょいと物足りないニューエントリー陣) ]
2010-05-15(Sat) 09:43:48
01/01「コール・ミー」ブロンディ
02/02「風立ちぬ」クリストファー・クロス
03/03「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
04/19「ファンキー・タウン」リップス
05/04「アイム・ボーン・アゲイン」ビリー・プレストン&シリータ
06/08「セクシー・アイズ」ドクター・フック
07/07「ガラスのニューヨーク」ビリー・ジョエル
08/09「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ
09/05「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
10/11「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア

11/12「涙がいっぱい」リンダ・ロンシュタット
12/15「カーズ」ゲイリー・ニューマン
13/14「アイ・キャント・ヘルプ・イット」アンディ・ギブ&オリヴィア・ニュートン・ジョン
14/13「涙のリクエスト」チャーリー・ドア
15/17「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」ボズ・スキャッグス
16/18「ストンプ」ブラザーズ・ジョンソン
17/20「恋のブラス・イン・ポケット」プリテンダーズ
18/26「アゲインスト・ザ・ウィンド」ボブ・シーガー&ザ・シルバー・バレット・バンド
19/27「カミング・アップ」ポール・マッカートニー
20/22「ローズ」ベット・ミドラー

21/23「ふたりだけの夜」ロビー・デュプリー
22/25「ハート・ホテルズ」ダン・フォーゲルバーグ
23/24「パステル・メッセージ」ポール・デイヴィス
24/06「ファイアー・レイク」ボブ・シーガー
25/28「トレイン・イン・ヴェイン」クラッシュ
26/30「あの娘が消えた」マイケル・ジャクソン
27/38「リトル・ジニー」エルトン・ジョン
28/16「言い出せなくて」イーグルス
29/32「レッツ・ゲット・シリアス」ジャーメイン・ジャクソン
30/31「ザ・セダクション」ジェームス・ラスト・バンド

31/33「レット・ミー・ビー・ザ・クロック」スモーキー・ロビンソン
32/34「勇者よ永遠に」ブルース・コバーン
33/40「面影は永遠に」ニール・セダカ&ダラ・セダカ
34/35「ジー・ウィズ」バーナデット・ピータース
35/39「ヘデッド・フォー・ア・フォール」ファイアフォール
36/36「スターティング・オーヴァー・アゲイン」ドリー・パートン
37/10「ホールド・オン・トゥ・マイ・ラヴ」ジミー・ラフィン
38/21「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
39/46「愛なき日々」バリー・マニロウ
40/44「愛にまかせて」パット・ベネター


【ニューエントリーこめんと】

☆「愛なき日々」バリー・マニロウ
(I Don't Want To Walk Without You / Barry Manilow)

>ベスト盤からはじかれまくりのオールディーズ色が濃いまったりポップ・ナンバー。エンディングに52年ジーン・ケリーの「雨に唄えば」(Singin' In The Rain)に似たフレーズが挿入されているのは、バリー流のお遊びってか?最高位36位。

アルバム「ワン・ヴォイス」(One Voice)に収録。

【動画はコチラ】

☆「愛にまかせて」パット・ベネター
(We Live For Love / Pat Benatar)

>どこかブロンディっぽさを含んだようなロック・ナンバー。やや単調で面白味には欠けるものの、最高位27位まで上昇。着実にヒット・メーカーとしての道を歩みつつある彼女なのであーる。

アルバム「真夜中の恋人たち」(In The Heat Of The Night)に収録。

【動画はコチラ】


★圏外87位★

☆「二人だけのデート」ザ・ツーリスツ
(I Only Want To Be With You / The Tourists)

>1977年イギリスで結成されたポップ・バンド。メンバーの中心人物として、後にユーリズミックスを結成させるアニー・レノックスとデイヴ・スチュワートが在籍。
言わずと知れた63年ダスティ・スプリングフィールドのヒットというよりも、76年ベイ・シティ・ローラーズによる代表作のひとつと勝手に決め付けたいポップ・ナンバー。(89年グラビアねーちゃんのカバー・ヒットは、無視してヨロシ。) 全体的にテクノっぽさを取り入れたポップな曲作りだが、Hot100内滞在わずか3週の最高位83位という結果に。しかし本国ではトップ5ヒットにまで成長しており、この後ユーリズミックスとして全米に殴り込みをかけてくるのは、これから3年後である。

アルバム"Reality Effect"に収録。

Reality Effect
↑大きく化ける前の仮の姿?

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年5月チャートTB : 0CM : 2
1980年5月24日付(惜しくも日本では無名?ピュア・プレイリー・リーグ)HOME1980年5月10日付(ソロ名義でも大成功!ポール・マッカートニー)

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。