ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年4月26日付(全米にも上陸!クラッシュ) ]
2010-04-24(Sat) 15:16:52
01/01「コール・ミー」ブロンディ
02/03「風立ちぬ」クリストファー・クロス
03/02「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
04/04「アイム・ボーン・アゲイン」ビリー・プレストン&シリータ
05/05「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
06/06「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
07/07「ファイアー・レイク」ボブ・シーガー
08/08「言い出せなくて」イーグルス
09/12「ガラスのニューヨーク」ビリー・ジョエル
10/13「セクシー・アイズ」ドクター・フック

11/09「ワーキング」スピナーズ
12/14「ホールド・オン・トゥ・マイ・ラヴ」ジミー・ラフィン
13/16「荒野に消えた愛」ケニー・ロジャースwithキム・カーンズ
14/11「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
15/17「涙のリクエスト」チャーリー・ドア
16/10「オフ・ザ・ウォール」マイケル・ジャクソン
17/24「ビゲスト・パート・オブ・ミー」アンブロージア
18/23「涙がいっぱい」リンダ・ロンシュタット
19/20「恋の誓い」ピーチズ&ハーブ
20/22「シンク・アバウト・ミー」フリートウッド・マック

21/32「アイ・キャント・ヘルプ・イット」アンディ・ギブ&オリヴィア・ニュートン・ジョン
22/25「カーズ」ゲイリー・ニューマン
23/26「お気に召すまま」ジャーニー
24/28「ストンプ」ブラザーズ・ジョンソン
25/29「恋のブラス・イン・ポケット」プリテンダーズ
26/30「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」ボズ・スキャッグス
27/15「愛という名の欲望」クィーン
28/19「ビート・ゴーズ・オン」ウィスパーズ
29/37「ファンキー・タウン」リップス
30/18「お願いだから」リンダ・ロンシュタット

31/35「パステル・メッセージ」ポール・デイヴィス
32/33「ファイア・イン・ザ・モーニング」メリサ・マンチェスター
33/40「ハート・ホテルズ」ダン・フォーゲルバーグ
34/21「ヒム」ルパート・ホルムス
35/31「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー
36/27「セット・ミー・フリー」ユートピア
37/36「ロンリー・ハート」フェリックス・キャバリエ
38/48「トレイン・イン・ヴェイン」クラッシュ
39/49「ローズ」ベット・ミドラー
40/45「ザ・セダクション」ジェームス・ラスト・バンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「トレイン・イン・ヴェイン」クラッシュ
(Train In Vain / The Clash)

>1976年ロンドンで結成されたパンク系ロック・バンド。
よもや全米チャートにて彼らのサウンドがおがめる日が来るとは!?なんて当時は驚いたのだが、“クラッシュ=「ロンドン・コーリング」(London Calling)”という図式しかなかったワタシには、この彼らにしてはやけに押さえ気味なロック・ナンバーにちょいと拍子抜けしたものである。最高位23位。本領を発揮してくれるのは、2年半後となる。
なお、ボーカリストであるジョー・ストラマーは、02年12月に心臓発作により50歳で死去している。

アルバム「ロンドン・コーリング」(London Calling)に収録。

London Calling
↑当時はアルバム未収録曲なのかと、ちょっとおたついたのはナイショだ☆

【動画はコチラ】

☆「ローズ」ベット・ミドラー
(The Rose / Bette Midler)

>27歳の若さでこの世を去った女性ロック・シンガー、ジャニス・ジョプリンをモデルとしベット・ミドラー自身が主役を演じた映画から2曲目となるヒット。結果として彼女の代表する作品のひとつとして後世に伝えられる事となった、若干控えめながらも壮大なるバラード・ソング。最高位3位止まりとはいえミリオン・セラーを記録し、名曲に花を添えているている。

サントラ「ローズ」(The Rose)に収録。

【動画はコチラ】

☆「ザ・セダクション」ジェームス・ラスト・バンド
(The Seduction / James Last Band)

>1929年ドイツのブレーメン出身の作曲家兼楽団のリーダー。
ジェームス・ラスト親子プロデュースによるジョルジオ・モロダー作という贅沢なインストゥルメンタル・ヒット。映画「アメリカン・ジゴロ」の愛のテーマとしての挿入曲なため、そのメロディ・ラインは甘く切ないのだが、やっぱ印象に残るのはヴヴヴ…と響き渡るキーボードの音色であろうかな。最高位28位。当時は、かのジェームス・ラスト・オーケストラの大将がトップ40ヒットを放つという事実に、クラッシュ以上の驚きを覚えたのを追記しておきましょう。(あはは☆)

アルバム"Seduction"に収録。

【動画はコチラ】
(サントラ・バージョン(ジョルジオ・モロダー版))
音楽チャート1980年4月チャートTB : 0CM : 4
1980年5月3日付(美しきA.O.R.ヒット、ロビー・デュプリー)HOME1980年4月19日付(タダ者ではない特大一発ヒット、リップス)

COMMENT

>☆「ローズ」ベット・ミドラー
単純なコード進行とはいえ名曲ですな!
いや…単純なものにこそ名曲が潜むっ
詩もえぇしメロディーも飽きさせませんな
けど師匠はドラクエ9飽きてます…的な(爆)

追伸:昨日職業安定所に行ったら…
あ…ぃや…動画って動画ちゃうやん
ほとんどが画像のスライドやんけっ
しらけましたか…あは…あーねー…
b y chibaggio | 2010.05.10(22:03) | URL | [EDIT] |
  +
>chibaggioたん

忘れた頃に現れる男ことMr.chibaggio、アダルトな洋楽サイトへようこそ☆

…なんか文章が支離滅裂な気がするのだが、
これは飲んでるのかなぁ?

>昨日職業安定所に行ったら…

なにやら解読不能な怪文章だが、まぁた大手企業への
ステップアップを狙ってるってか?
b y ぶるじん | 2010.05.10(23:32) | URL | [EDIT] |
  +
>>昨日職業安定所に行ったら…
>なにやら解読不能な怪文章だが…以下略

しらけ鳥の唄を“もじった”だけやねん…小松政夫の…

その前はお笑いの…あぁ…説明すんのもしんどい…

飲んどるけんど…まぁ…支離滅裂でも何でもえぇわ…

おいら自身が支離滅裂ですから~残念~←うざっ…
b y chibaggio | 2010.05.11(00:18) | URL | [EDIT] |
  +
>chibaggioたん

>しらけ鳥の唄を“もじった”だけ

♪し~らけど~り 飛~んでい~く
みなみのそ~ら~へ みじめ みじめ

いや、たしかに数十年前に存在したコメディだが、
さすがにちょっと疎いわい☆
…ってか、歌わすなって!(^^;

>~残念~

さすがにコレは知っているが、たしかにウザいッス★
b y ぶるじん | 2010.05.11(19:21) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/504-287560d8



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。