ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1985年6月15日付 ]
2005-07-15(Fri) 16:02:46
01/01「ルール・ザ・ワールド」ティアーズ・フォー・フィアーズ
02/05「ヘヴン」ブライアン・アダムス
03/03「アクセル・フォリーのテーマ」ハロルド・フォルターメイヤー
04/04「サドゥンリー」ビリー・オーシャン
05/06「オンリー・ゲット・ベター」ハワード・ジョーンズ
06/12「ススーディオ」フィル・コリンズ
07/07「イン・マイ・ハウス」メリー・ジェーン・ガールズ
08/02「恋のかけひき」ワム
09/11「エンジェル」マドンナ
10/10「ウォーキング・オン・サンシャイン」カトリーナ&ザ・ウェイヴス

11/17「ラズベリー・ベレー」プリンス&ザ・レヴォリューション
12/15「007/美しき獲物たち」デュランデュラン
13/16「ザ・サーチ・イズ・オーヴァー」サヴァイヴァー
14/14「スマグラーズ・ブルース」グレン・フライ
15/09「フレッシュ」クール&ザ・ギャング
16/20「ビリーヴ・ミー」ユーリズミックス
17/18「ネヴァー・エンディング・ストーリーのテーマ」リマール
18/08「ドント・ユー」シンプル・マインズ
19/25「愛のVoises」ティル・チューズディ
20/26「そよ風の贈り物」ホイットニー・ヒューストン

21/13「スムース・オペレイター」シャーデー
22/28「グーニーズはグッド・イナフ」シンディ・ローパー
23/31「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」ポール・ヤング
24/30「傷だらけのヒーロー」ジョン・キャファティ&ザ・ビーヴァー・ブラウン・バンド
25/19「ジャスト・ア・ジゴロ~ノーバディ」デヴィッド・リー・ロス
26/36「クレイジー・イン・ザ・ナイト」キム・カーンズ
27/37「グローリー・ディズ」ブルース・スプリングスティーン
28/21「偽りの愛」ジュリアン・レノン
29/33「センチメンタル・ストリート」ナイト・レンジャー
30/22「クレイジー・フォー・ユー」マドンナ

31/24「ワン・ロンリー・ナイト」REOスピードワゴン
32/34「ゲッチャ・バック」ビーチ・ボーイズ
33/44「セット・ゼム・フリー」スティング
34/39「キャノンボール」スーパートランプ
35/40「潮風のラヴ・コール」エア・サプライ
36/23「ワン・ナイト・イン・バンコック」マレー・ヘッド
37/27「サム・ライク・イット・ホット」パワー・ステイション
38/49「ポゼッション・オブセッション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
39/48「リトル・バイ・リトル」ロバート・プラント
40/43「ウェイク・アップ」グラハム・パーカー&ザ・ショット


【ニューエントリーこめんと】

☆「セット・ゼム・フリー」スティング
(If You Love Somebody Set Them Free / Sting)

>83年に発表したアルバム「シンクロニシティ」(Synchronicity)の
大成功から2年後、実質的に活動中止となったポリスのベーシスト&
リード・ヴォーカリストがソロとして動き出した。
ソロ名義で初のアルバム「ブルー・タートルの夢」
(The Dream Of The Blue Turtles)からの1stシングルがこの作品。
ジャズ調のリズムを取り入れたやや実験的な要素を取り入れたのであろうか
とも思える作品ながら、最高位3位を記録する成功を収める。

蛇足だが、来日時、テレビの音楽番組“ベスト・ヒットU.S.A.”にゲスト出演、
司会の小林克也氏と異常なほどウマがあっているのを観てワタシも思わず
笑ってしまった。(^^)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B000002GFA001001/

☆「ポゼッション・オブセッション」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
(Possession Obsession / Daryl Hall & John Oates)

>めずらしくジョン・オーツがリード・ヴォーカルを取るジョン自身の作品。
実にソウルフルなナンバーで、日本でも人気が高い一曲。
最高位30位。
アルバム「ビッグ・バム・ブーム」(Big Bam Boom)からの4枚目のシングル。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0001FBT90002009/

☆「リトル・バイ・リトル」ロバート・プラント
(Little By Little / Robert Plant)

>3枚目のソロ・アルバム「シェイクン・アンド・スタード」
(Shaken 'N' Stirred)からの1stシングル。
前アルバム&シングルの出来が良過ぎたのか、この曲に至ってはほぼ記憶に
残っていない。(スマヌ)
最高位36位。

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B0000DIZQQ001014/

☆「ウェイク・アップ」グラハム・パーカー&ザ・ショット
(Wake Up (Next To You) / Graham Parker & The Shot)

>70年代から音楽雑誌“ミュージック・ライフ”誌上でよく登場した人物
だったのだが、なかなか音楽が見えてこなかったアーティストの一人。
80年代も中盤に差し掛かり、初めて彼の作品を耳に出来たのはナゼか
嬉しかったものである。
1950年11月、ロンドン出身のソングライター兼ヴォーカリスト。
発表したアルバムは数多いのだが、なかなかスポットライトを浴びることが
出来ず不遇を受けてきたかのように見えるのだが、ナゼかワタシには
そうは思えないのが不思議なお方である。
実際トップ40ヒットも、実に爽やかなミディアム・スローなナンバーながらも
最高位39位だったこの曲のみだったのだが、コレはコレで良し♪なんて
思ってしまう。(なんでやろ??)
75年にルーモアを結成、80年代に入り解散。
そして85年新たにショットを結成したようだ。
イメージとしては“グラハム・パーカー&ルーモア”の方が遥かに強いかな?
アルバム「ステディ・ナーヴス」(Steady Nerves)からのナンバー。

長くなるけれど、この頃地元ラジオ関西では“全米トップ40”が
土曜夕方5時から放送(1週遅れ)されており、休日出勤のワタシは
焼却炉でゴミを燃やしながらラジオでこの曲を聞いていたという
しょーもない思い出が脳裏に浮かぶのであった・・・。(^^;

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/clipserve/B00005ABJR001018/
1985年6月チャートTB : 0CM : 0
1985年7月20日付HOME1979年4月14日付

COMMENT

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/5-9619aac2



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。