ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年3月8日付(はじける爽やかさ☆エア・サプライ) ]
2010-03-06(Sat) 09:49:13
01/01「愛という名の欲望」クィーン
02/02「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
03/04「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
04/05「ディザイア」アンディ・ギブ
05/06「オン・ザ・レイディオ」ドナ・サマー
06/10「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド
07/03「愛の証し」キャプテン&テニール
08/09「ワーキング」スピナーズ
09/16「ヒム」ルパート・ホルムス
10/14「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー

11/15「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
12/12「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
13/13「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
14/08「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
15/07「クルージン」スモーキー・ロビンソン
16/18「お願いだから」リンダ・ロンシュタット
17/19「逃亡者」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
18/17「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
19/26「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
20/20「心の絆」バリー・マニロウ

21/24「栄光をめざして」チャック・マンジョーネ
22/11「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
23/31「風立ちぬ」クリストファー・クロス
24/28「ハートブレイカー」パット・ベネター
25/32「言い出せなくて」イーグルス
26/21「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
27/27「99」トト
28/61「コール・ミー」ブロンディ
29/33「オフ・ザ・ウォール」マイケル・ジャクソン
30/34「3つの恋のメロディ」トミー・ジェームス

31/36「アイム・ボーン・アゲイン」ビリー・プレストン&シリータ
32/40「ファイアー・レイク」ボブ・シーガー
33/23「明日に向かって」ケニー・ロギンス
34/41「バック・オン・マイ・フィート・アゲイン」ベイビーズ
35/38「男が女を愛する時」ベット・ミドラー
36/39「アイ・サンキュー」ZZトップ
37/37「キス・ミー・イン・ザ・レイン」バーブラ・ストライサンド
38/47「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
39/45「ベイビー・トークス・ダーティ」ナック
40/44「カム・バック」J.ガイルズ・バンド


【ニューエントリーこめんと】

☆「コール・ミー」ブロンディ
(Call Me / Blondie)

>敏腕プロデューサーのひとりであるジョルジオ・モロダーの技と、デボラ・ハリーの持ち味が遺憾なく発揮されたスピーディーなロック・ナンバー。6週に渡り全米を制覇し、まごう事なき80'sを代表する一曲なのだが、当時はこの曲をエアチェックし過ぎてほぼ毎日のように聴いて(聞かされて?)いたワタシには、30年後の今ですら食傷気味という経歴を持つ作品。
余談だが、2003年ZARDの坂井泉水が大阪の“Hillsパン工場”での摘草由実のライヴに飛び入り参加し、「君の瞳に恋してる」(Can't Take My Eyes Of You)とこの曲を歌ったのをリアルタイムにてネットの掲示板にて知った時は驚き、そして彼女が関西に来ているという事実がとても嬉しかったものである。あの長い髪を振り乱しながら(?)"Call Me!!"と熱唱する彼女を観たかったなぁ…。
なんだかんだで思い出深い一曲になっているのだ。

サントラ「アメリカン・ジゴロ」(American Gigolo)に収録。

【動画はコチラ】

☆「バック・オン・マイ・フィート・アゲイン」ベイビーズ
(Back On My Feet Again / The babys)

>彼らのヒット曲にしては過去2作のトップ40ヒットと比較するとクォリティ劣るなぁと思っていたら、やっぱ最高位33位で止まってしまったロック・ナンバー。なお81年にバンド解散後、ボーカリストだったジョン・ウェイトがソロとして84年に大ヒット曲を放つ事となる。

アルバム「ユニオン・ジャック」(Union Jacks)に収録。

【動画はコチラ】(ライヴ)
【試聴はコチラ】

☆「ロスト・イン・ラヴ」エア・サプライ
(Lost In Love / Air Supply)

>1975年オーストラリアはシドニーで結成されたソフトロック・バンド。
ロッド・スチュワートに気に入られ、ツアーに同行していた下積み時代を乗り越え、ラッセル・ヒッチコックのハイトーン・ボイスと質の高いパワー・バラードを武器に、ついに全米チャート上陸に成功。最高位3位まで上昇したこの“ペパーミント・サウンド”はしっかりと日本でも支持を受け、ワタシもちゃっかりとアルバムを購入。アコースティックを前面にうち出したこの美しき初トップ40ヒットは、現在も聞き惚れてしまう良質なポップ・バラードなのだ。
トップ40圏外を上昇中だった彼らを坂井アナは“エア・スプレー”と紹介していた時もあったよなぁ。(苦笑)

アルバム「ロスト・イン・ラヴ」(Lost In Love)に収録。

ロスト・イン・ラヴ  Lost in Love
↑ひだり日本盤、みぎアメリカ盤ジャケット。えらい違いであります☆

【動画はコチラ】

☆「ベイビー・トークス・ダーティ」ナック
(Baby Talks Dirty / The Knack)

>期待されていた2ndアルバムからの第一弾ヒットとなったのが、このなんともいえないエロさを持ったロック・ナンバーだったのだが、エロさ以前に楽曲自体の弱さが祟ったためか最高位38位と大低迷。しかもラスト・トップ40ヒットとなってしまったためか、日本では一発屋という容赦のない称号を受けてしまうハメに…。
2010年2月、ボーカリストだったダグ・ファイガーが脳腫瘍と肺ガンのため逝去。享年57。

アルバム「ナック2」(...But The Little Girls Understand)に収録。

【動画はコチラ】

☆「カム・バック」J.ガイルズ・バンド
(Come Back / J. Geils Band)

>当時の流行のひとつだったA.O.R.を無理矢理取り入れようとしたかのようなポップ・ロックだが、やはり垢抜けしないドロ臭さを保ったままなのは、もはや彼らだけが成せるワザなのでありましょうか?やっぱ、カッコよさよりもダサさが先行するイメージを当時感じさせてくれた作品である。(スミマセン)最高位は32位。

アルバム「ラヴ・スティンクス」(Love Stinks)に収録。

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年3月チャートTB : 0CM : 2
『THE BEST 1200 レインボー』レインボーHOME『The Best of John Williams & The Boston Pops』John Williams & The Boston Pops

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。