ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年3月1日付(ナゾの美声シンガー、クリストファー・クロス) ]
2010-02-27(Sat) 09:57:26
01/01「愛という名の欲望」クィーン
02/03「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
03/02「愛の証し」キャプテン&テニール
04/06「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
05/08「ディザイア」アンディ・ギブ
06/07「オン・ザ・レイディオ」ドナ・サマー
07/04「クルージン」スモーキー・ロビンソン
08/05「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
09/13「ワーキング」スピナーズ
10/15「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール(パートⅡ)」ピンク・フロイド

11/11「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
12/12「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
13/14「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
14/17「セカンド・タイム・アラウンド」シャラマー
15/19「トゥー・ホット」クール&ザ・ギャング
16/24「ヒム」ルパート・ホルムス
17/18「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
18/20「お願いだから」リンダ・ロンシュタット
19/23「逃亡者」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
20/22「心の絆」バリー・マニロウ

21/09「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
22/10「セーラ」フリートウッド・マック
23/16「明日に向かって」ケニー・ロギンス
24/31「栄光をめざして」チャック・マンジョーネ
25/25「ワンダーランド」コモドアーズ
26/32「スペシャル・レイディ」レイ、グッドマン&ブラウン
27/30「99」トト
28/29「ハートブレイカー」パット・ベネター
29/21「フール・イン・ザ・レイン」レッド・ツェッペリン
30/26「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ

31/46「風立ちぬ」クリストファー・クロス
32/60「言い出せなくて」イーグルス
33/37「オフ・ザ・ウォール」マイケル・ジャクソン
34/38「3つの恋のメロディ」トミー・ジェームス
35/35「愛にさよならを」ニコレット・ラーソン
36/44「アイム・ボーン・アゲイン」ビリー・プレストン&シリータ
37/39「キス・ミー・イン・ザ・レイン」バーブラ・ストライサンド
38/41「男が女を愛する時」ベット・ミドラー
39/42「アイ・サンキュー」ZZトップ
40/65「ファイアー・レイク」ボブ・シーガー


【ニューエントリーこめんと】

☆「風立ちぬ」クリストファー・クロス
(Ride Like The Wind / Christopher Cross)

>1951年テキサス州出身のシンガー・ソングライター。本名クリストファー・チャールズ・ゲパート。
素顔を表に出さず、聴衆を楽曲に集中させるという作戦が功を奏したのか、この後グラミー賞を複数ゲットするという新人としては破格の成功を収める彼の記念すべきデビュー作。全編に渡り緊張感の漂うメロディ・ラインに、独特のハイトーン・ボイスがマッチしたこのA.O.R.ナンバーは、星印のとれたブロンディの「コール・ミー」(Call Me)を追い抜けなかったものの4週に渡り2位に滞在。その後も9位→22位→23位→24位→36位という奇妙な粘りを見せ、作品の持つ実力を見せ付ける事に成功している。
なお、81年に日本でヒットした邦題同名異曲も、なかなかな名曲である。(なんじゃ、そりゃ?)

アルバム「南から来た男」(Christopher Cross)に収録。

【動画はコチラ】

☆「言い出せなくて」イーグルス
(I Can't Tell You Why / Eagles)

>「サッド・カフェ」(The Sad Cafe)を3rdシングルに据えようとしたところ、日本ではティモシー・B・シュミットがボーカルを担当したこのバラードが人気という事で、こちらをシングル化したという話しを当時耳にしたのだが、はてさて。結果的には最高位8位と、3曲連続トップ10入りという成功を収めた実際日本でも人気なナンバー。「サッド~」もいい曲なんだから、4thシングル化すれば良かったのにねぇ。

アルバム「ロング・ラン」(The Long Run)に収録。

【動画はコチラ】

☆「アイム・ボーン・アゲイン」ビリー・プレストン&シリータ
(With You I'm Born Again / Billy Preston & Syreeta)

>1946年テキサス州出身のシンガー・ソングライター兼ピアニストのビリー・プレストン(本名ウィリアム・エヴァレット・プレストン)と、同年ペンシルバニア州出身のシンガー・ソングライターで、元スティーヴィ・ワンダーの奥さんだったシリータことシリータ・ライト(本名シリータ・ライト・ムハマド)によるR&Bデュエット。
Hot100チャート・イン後90位代を6週もさまよい、13週という歳月をかけてようやくトップ40内に到達し、以降Hot100内20週目にして最高位4位をマークという超スローリーな成長を見せ付けてくれた、やや重めのバラード・ナンバー。実は、今でもワタシが苦手とするヒット曲のひとつである。(ゴメンナサイ)
なお、ビリー・プレストンは06年に腎不全のため59歳で、またシリータことシリータ・ライトは04年7月に心不全のため57歳でそれぞれ逝去している。
当時「全米トップ40」にて“ビリー・プレストン&すべって転んで尻痛”なんてネタがあったが、ここは静かに合掌…。

アルバム"Late At Night"に収録。

【動画はコチラ】

☆「男が女を愛する時」ベット・ミドラー
(When A Man Loves A Woman / Bette Midler)

>66年パーシー・スレッジによる大ヒット・スタンダード曲のカバー。彼女が主演を演じた女性ロック・シンガー、ジャニス・ジョップリンの生涯をモチーフにした映画の挿入歌のため、ライヴ仕立てでのヒットとなっている。最高位35位。本番は次のシングル曲なのだ。

サントラ「ローズ」(The Rose)に収録。

【動画はコチラ】
【試聴はコチラ】

☆「アイ・サンキュー」ZZトップ
(I Thank You / Z.Z. Top)

>1969年テキサス州で結成された3人組ロック・バンド。
4年半ぶり2曲目のトップ40ヒットとなるこのドロ臭いロック・ナンバーが彼らとの初コンタクトだったのだが、J.ガイルズ・バンドの初コンタクト曲「ワン・ラスト・キッス」(One Last Kiss)の時のようなダサさ(ゴメン)を意外と感じなかったのが当時の感想ナリ。最高位34位。

アルバム「皆殺しの挽歌」(Deguello)に収録。

【動画はコチラ】

☆「ファイアー・レイク」ボブ・シーガー
(Fire Lake / Bob Seger)

>なんていうか、馬にまたがり一人荒野を旅するガンマン、またはキャラバン隊を脳裏に描いてしまうカントリー風ロックが、ちょっと不満なれど最高位6位を記録。当時は、これでもか!というくらいに良曲を発表し続けながらも日本ではガン無視されまくっていた彼だが、ワタシはこの一曲でアルバムを購入。ドキドキしながらLPに針を下ろしたのも今は大昔となったのだが、このアルバムにはもう一曲“名曲”が隠されていたのを知るのに、そう時間はかかりませんでしたとさ。

アルバム「奔馬の如く」(Against The Wind)に収録。

Against the Wind
↑カッチョいいジャケット・デザイン☆

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年3月チャートTB : 0CM : 2
『Brightest Starz: Anthology』StarzHOME『If You Remember Me: Very Best of Chris Thompson』Chris Thompson

copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。