ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1980年1月19日付(名作は色あせず。ダン・フォーゲルバーグ) ]
2010-01-16(Sat) 11:05:51
01/02「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
02/03「愛の証し」キャプテン&テニール
03/01「エスケイプ」ルパート・ホルムス
04/07「弱虫トミー」ケニー・ロジャース
05/04「愛を贈れば」スティーヴィー・ワンダー
06/12「クルージン」スモーキー・ロビンソン
07/09「恋はこれっきり」クリフ・リチャード
08/08「レイディーズ・ナイト」クール&ザ・ギャング
09/05「プリーズ・ドント・ゴー」K.C.&ザ・サンシャイン・バンド
10/11「クールな変革」リトル・リバー・バンド

11/13「ロング・ラン」イーグルス
12/14「愛がいっぱい」ドクター・フック
13/16「ウォナ・ビー・ユア・ラヴァー」プリンス
14/15「ジェーン」ジェファーソン・スターシップ
15/20「セーラ」フリートウッド・マック
16/17「明日に向かって」ケニー・ロギンス
17/19「危険な噂」トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ
18/30「愛という名の欲望」クィーン
19/21「ウェイト・フォー・ミー」ダリル・ホール&ジョン・オーツ
20/22「ドント・レット・ゴー」アイザック・ヘイズ

21/27「恋にめぐり逢い」ディオンヌ・ワーウィック
22/06「スティル」コモドアーズ
23/10「ベイブ」スティクス
24/28「イエス・アイム・レディ」テリ・デ・サリオwithK.C.
25/31「ロミオの歌」スティーヴ・フォーバート
26/26「サード・タイム・ラッキー」フォガット
27/18「ヘッド・ゲームス」フォリナー
28/46「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
29/33「アメリカン・ドリーム」ダート・バンド
30/32「ローテーション」ハーブ・アルパート

31/40「フール・イン・ザ・レイン」レッド・ツェッペリン
32/42「ホワイ・ミー」スティクス
33/37「フォーエヴァー・マイン」オージェイズ
34/34「サヴァンナ・ナイツ」トム・ジョンストン
35/55「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
36/43「ユー・ノゥ・ザット・アイ・ラヴ・ユー」サンタナ
37/41「ヴォイシズ」チープ・トリック
38/24「ノー・モア・ティアーズ」バーブラ・ストライサンド&ドナ・サマー
39/51「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
40/44「愛のてごたえ」ルーファス&チャカ・カーン


【ニューエントリーこめんと】

☆「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
(Daydream Believer / Anne Murray)

>彼女らしからぬ勢いにてトップ40へと飛び込んできたこの作品は、ジョン・スチュワート作1967年モンキーズの大ヒットですっかりおなじみのポップ・ナンバーのカバー。モンキーズ・バージョンが元気いっぱいな青春賛歌とすれば、こちらはお母さんからお歌の贈り物ってな感じかな。ちょっと意表を突かれたようなカバーだったのだが、彼女自身これで通算4曲目となる最高位12位をマーク。

アルバム「愛の残り火」(I'LL Always Love You)に収録。

【動画はコチラ】
(モンキーズ版)

☆「ホワイ・ミー」スティクス
(Why Me / Styx)

>絶品のバラードで全米を制した後に、この緊張感を含んだスピーディーなロック・ナンバーを用意してくるのはなかなかな作戦だと思いきや、最高位26位止まりといまいち伸びず。てっきりトミー・ショウ作かと思いきや、これまたデニス・デ・ヤングのペンによる一品。

アルバム「コーナーストーン」(Cornerstone)に収録。

【動画はコチラ】

☆「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
(Longer / Dan Fogelberg)

>まさに心洗われるという表現がぴったりなアコースティック・ナンバー。最高位2位と惜しくも頂点には立てなかったものの、名曲のひとつとしてこれから先も長く伝えられていくでありましょう。
2007年12月、前立腺ガンのため逝去。享年56。

アルバム「フェニックス」(Phoenix)に収録。

Phoenix.jpg
↑意外とアルバム購入には至っていないのよね…。

【動画はコチラ】

☆「ユー・ノゥ・ザット・アイ・ラヴ・ユー」サンタナ
(You Know That I Love You / Santana)

>低迷期が続くこの頃の彼らのヒット曲は、やっぱ魅力を感じられません。最高位35位も仕方ないってか。(失礼)

アルバム「マラソン」(Marathon)に収録。

【動画はコチラ】(ライヴ)

☆「ヴォイシズ」チープ・トリック
(Voices / Cheap Trick)

>日本では既に半年も前にヒットを記録したこのロック・バラードが、年明け早々にトップ40へとランク・インしてくる現実に違和感を覚えまくったあの当時。そして、全米では最高位32位という結果には、いささかショックを受けたのも事実である。

アルバム「ドリーム・ポリス」(Dream Police)に収録。

【動画はコチラ】

☆「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
(September Morn' / Neil Diamond)

>アメリカを代表するシンガーによる、まるで日本受けしそうもない熱唱型バラード系ボーカル・ナンバー。最高位17位。
余談だが、「全米トップ40」にて、ワタシのしょーもないギャグを坂井アナに紹介されたという思い出(黒歴史?)が残ってしまった作品でもあーる。(わはは★)

アルバム「セプテンバー・モーン」(September Morn')に収録。

【動画はコチラ】

☆「愛のてごたえ」ルーファス&チャカ・カーン
(Do You Love What You Feel / Rufus & Chaka)

>78年にソロ・デビューしたチャカ姫(?)が、古巣とのセッションもこなすという働きっぷりが楽しめるクィンシー・ジョーンズのプロデュースによるファンク・ナンバー。最高位30位。

アルバム「マスタージャム」(Masterjam)に収録。

【動画はコチラ】


★圏外83位★

☆「アイ・ウイッシュ・アイ・ワズ・エイティーン・アゲイン」ジョージ・バーンズ
(I Wish I Was Eighteen Again / George Burns)

>1896年ニューヨーク出身の俳優兼コメディアン。本名ネイザン・バーンボム。
齢80を過ぎてから音楽シーンへデビューし、しかもアルバム(最高位93位)・シングルともにヒット・チャートにランク・インさせるという偉業をも達成。ラジオでは「18歳に戻れたなら」というタイトルで紹介されていたこのカントリー風味なメロディに乗せ、遥か遠き若かりし頃へ思いを馳せながら歌いこまれたようなこの作品は、当時18歳を迎える前だったワタシの心にもしみ込んだのを覚えている。最高位49位。
彼の高齢デビューの記録は破られないだろうなぁと思いきや、日本の姉妹ユニット(?)、きんさんぎんさんが存在したのを思い出しましたよ☆(おいおい)

96年3月、新聞の片隅にて彼が100年の人生を全うした知らせを発見した時は、感慨深いものがありました。

アルバム"I Wish I Was Eighteen Again"に収録。

【動画はコチラ】
音楽チャート1980年1月チャートTB : 0CM : 4
1980年1月26日付(ダンサブルなソウル、スピナーズ)HOME1980年1月12日付(なんと、レッド・ツェッペリンですよ!?)

COMMENT

  + こんばんは
御大のジャケット写真が
レイ・パーカーJr.に見えてしまった
ベンじいです。
・・・疲れてるのかな・・・。

☆「ディドリーム・ビリーヴァー」アン・マレー
なんか、ほっとしますね。
こういう感じもアリなんですねぇ、この曲は。

☆「ホワイ・ミー」スティクス
ロック・サイドもいい曲が多いんですよねぇ。
この曲には、ほのかにデヤング臭が漂っている気がします。

☆「ロンガー」ダン・フォーゲルバーグ
\(-o-)/←諸手を挙げて降参の図

☆「ユー・ノゥ・ザット・アイ・ラヴ・ユー」サンタナ
悪くはないですよね。良くもないけど。

☆「ヴォイシズ」チープ・トリック
ベスト盤は持ってますから、聴いてはいるはずなんですが、
記憶に残ってない・・・。
「ドリーム・ポリス」のほうが好みなもので・・・。

☆「セプテンバー・モーン」ニール・ダイアモンド
ナット・キング・コールが頭に浮かんできましたよ。
フランク・シナトラも。

☆「愛のてごたえ」ルーファス&チャカ・カーン
いいっすねぇ、ファンキーで。
イントロで御大を感じ取れたのは気のせいですかね?

☆「アイ・ウイッシュ・アイ・ワズ・エイティーン・アゲイン」ジョージ・バーンズ
すばらしい!
今までこの方を知らなかったのは大変残念です。

この週はアレにつきますね。
反則だってば。

それでは。
b y ベンじい | 2010.01.17(22:07) | URL | [EDIT] |
  +
こんばんは。
 今週はTOP40全体を見ての感想なんですが。
 BLACK系とロック・ポップス系のバランスが非常に良くて、
 これぞチャートの醍醐味が味わえますねぇ。

 同じBLACKでも、モータウンからオージェイズのようにフィリー系から、
 ルーファスみたいなファンクから、殿下のミネアポリス系まで実に幅広い。 
 私のBLACKの基礎は、モータウンを足掛かりに、    
 TOP40ヒットから、コツコツ学んで行ったんで、
 この頃のチャートは教科書みたいなものです。
 毎週楽しみにしております。
b y たか兄 | 2010.01.17(23:16) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

この週は、既に鬼籍に入られたお二方の作品が、存在感あり過ぎです。
他にも、チープ・トリックにスティクスのナンバーも見逃せませんね。

>御大のジャケット写真が レイ・パーカーJr.に見えてしまった

笑顔が悪役っぽいのが、これまたソックリですなぁ★(オイオイ)
b y ぶるじん | 2010.01.18(20:37) | URL | [EDIT] |
  +
>たか兄さん

個人的な意見になるかもしれませんが、70年代後半から80年代前半にかけてのトップ40ヒットは、すべての曲が印象深しと言っても過言ではないと思います。

まさに、贅沢な時代でありました♪(^^)
b y ぶるじん | 2010.01.18(20:43) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/478-4ec47f54



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。