ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1979年11月24日付(新生!ジェファーソン・スターシップ) ]
2009-12-26(Sat) 20:41:23
01/03「ノー・モア・ティアーズ」バーブラ・ストライサンド&ドナ・サマー
02/04「ベイブ」スティクス
03/01「スティル」コモドアーズ
04/02「ディム・オール・ザ・ライツ」ドナ・サマー
05/05「ハートエイク・トゥナイト」イーグルス
06/09「プリーズ・ドント・ゴー」K.C.&ザ・サンシャイン・バンド
07/07「愛のメッセージ」ケニー・ロジャース
08/14「愛を贈れば」スティーヴィー・ワンダー
09/08「タスク」フリートウッド・マック
10/10「ポップ・ミューヂック」M

11/12「人生は航海」バリー・マニロウ
12/23「エスケイプ」ルパート・ホルムス
13/18「ユア・オンリー・ロンリー」J.D.サウザー
14/16「愛の残り火」アン・マレー
15/17「ロング・ウェイ・ホーム」スーパートランプ
16/06「ライズ」ハーブ・アルパート
17/21「レイディーズ・ナイト」クール&ザ・ギャング
18/20「幸せのかけら」クリス・トンプソン
19/29「愛の証し」キャプテン&テニール
20/24「クールな変革」リトル・リバー・バンド

21/11「グッド・ガールズ・ドント」ナック
22/19「この夜の果てに」マイケル・ジョンソン
23/28「ハーフ・ザ・ウェイ」クリスタル・ゲイル
24/25「行かないで」ローレン・ウッド
25/26「レインボウ・コネクション」カーミット・ザ・フロッグ
26/27「ドリーム・ポリス」チープ・トリック
27/32「愛がいっぱい」ドクター・フック
28/30「ドリーミング」ブロンディ
29/33「アイ・ウォント・ユー・トゥナイト」パブロ・クルーズ
30/43「ヘッド・ゲームス」フォリナー

31/36「クルージン」スモーキー・ロビンソン
32/40「恋はこれっきり」クリフ・リチャード
33/35「アイ・ニード・ア・ラヴァー」ジョン・クーガー
34/44「ジェーン」ジェファーソン・スターシップ
35/59「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
36/38「沈黙」アラン・パーソンズ・プロジェクト
37/37「コンフュージョン」エレクトリック・ライト・オーケストラ
38/41「イフ・ユー・ウォント・イット」ナイトフライト
39/47「明日に向かって」ケニー・ロギンス
40/45「プリティ・ガール」メリサ・マンチェスター


【ニューエントリーこめんと】

☆「ヘッド・ゲームス」フォリナー
(Head Games / Foreigner)

>荒っぽさが目立った前シングルよりも作りは丁寧とはいえ、彼らのアルバムからの2ndヒットとしては安っぽさがまとわり付くようなロックだったためか、最高位14位と今回もトップ10に届かず。「(お笑い)頭の体操」なんて邦題こそ付かなかったものの、ひょっとして彼らの進撃もここまで!?なんていやな予感をさせてくれまくったあの当時…。

アルバム「ヘッド・ゲームス」(Head Games)に収録。

【動画はコチラ】

☆「ジェーン」ジェファーソン・スターシップ
(Jane / Jefferson Starship)

>メイン・ボーカリストがメロウなマーティ・バリン&パワフルなグレイス・スリック嬢から、ハイ・トーンなミッキー・トーマスへと交代後、第一弾となったシングル。新ボーカリストの声にマッチするように製作されたかのようなハードロックだったためか、前作からのファンであるワタシにもすんなりとファンを継続出来たという、ある意味重要なヒット・ナンバー。最高位14位はちょっと物足りないが、アルバムはそれなりに楽しめたのでOKだ☆

アルバム「フリーダム・ポイント・ゼロ」(Freedom At Point Zero)に収録。

Freedom At Point Zero
↑もう1曲くらいキャッチーなトップ40ヒットが収録されてればなぁ☆(贅沢?)

【動画はコチラ】

☆「ロック・ウィズ・ユー」マイケル・ジャクソン
(Rock With You / Michael Jackson)

>A.O.R.風なポップR&Bナンバーは全米で大いに受け入れられ、4週にも渡りチャートの頂点に君臨。このあたりからスーパースターとしての風格が、ぼちぼちと備わって来たような気がするミリオン・セラー・ヒットである。今耳にしても、その完成度は高し!
2009年6月逝去。享年50。

アルバム「オフ・ザ・ウォール」(Off The Wall)に収録。

【動画はコチラ】

☆「イフ・ユー・ウォント・イット」ナイトフライト
(If You Want It / Niteflyte)

>1977年アメリカにてトルネイダーとして結成後、79年にナイトフライトと名義変更した二人組ソウル・グループ。
最高位37位という低ランクでの一発ヒットだったとはいえ、その美しいA.O.R.風ソウル・ナンバーは思いっきり記憶に刻まれておりました。それにしても、近年アルバムが日本発売されていたのは、それなりに需要があったという事なのであろうか?(失礼)

アルバム「ナイトフライト Ⅰ」(Niteflyte)に収録。

【動画はコチラ】

☆「明日に向かって」ケニー・ロギンス
(This Is It / Kenny Loggins)

>奇しくもマイケルの追悼ドキュメンタリー映画と同名タイトルの作品が、マイコーと同時にトップ40入り。マイケル・マクドナルドとの共作となる、これまた当時の流行だったA.O.R.風味を取り込んだポップ・ナンバー。やや地味ながらも味わいのある作品で、最高位11位まで上昇。

アルバム「キープ・ザ・ファイア」(Keep The Fire)に収録。

【動画はコチラ】

☆「プリティ・ガール」メリサ・マンチェスター
(Pretty Girls / Melissa Manchester)

>最高位39位とチャート的には芳しくないのだが、力強く歌い込まれたディスコ・テイストなこの作品、これまた印象深く心に焼き付いておりますよ。

アルバム「メリサ・マンチェスター」(Melissa Manchester)に収録。

【動画はコチラ】

★圏外86位★

☆「孤独のメッセージ」ポリス
(Message In A Bottle / Pilice)

>初期の彼らを代表するパンク寄りのニュー・ウェイヴな一曲。全英ではNo.1に輝いたものの全米ではあまり歓迎されなかったようで、最高位74位に低迷。その割にはトップ40ヒットとなった「ロクサーヌ」(Roxanne)以上の印象が残るインパクト感はあり。全米での快進撃まであと1年の辛抱だ。

アルバム「白いレガッタ」(Reggatta de Blanc)に収録。
音楽チャート1979年11月チャートTB : 0CM : 5
2009年末のご挨拶☆HOME1989年12月23日付(パワー・バラードで突き進め!?シカゴ)

COMMENT

  +
 こんばんは。 しばらくぶりにお邪魔します。
 マイケルの“Rock With You”がTOP40にランクインした週ですね。
 すごいジャンプ・アップだなぁ・・。 No.1も当然です。

 しかし、今年を振り返ると、マイケルの話題は外せません。
 ちょうどマイケルが亡くなった日は、休みの日でして、
 朝からテレビの情報に釘づけになったまま、自分のブログで
 彼のことを必死に書き続けてました。 でも今読み返すと、
 ずいぶん失礼なことも書いてて、(その当日だったんで仕方ないとこもあるんですが)
 今ほんとに彼の偉大さ、損失の大きさを感じているとこです。
 死ぬ間際まで、マイケルは究極のエンターテイナーでした。

 年末になり、私も仕事が立て込んでて、私のとこはクリスマス・ネタを
 アップしたまま、そのままで年越しするつもりですが、 ぶるじんさんも
 他の方のコメントを見ると、ご苦労されてるようで。 私も“そういう時期”がありましたが、
 何とか、こうやってます。  人間生きてりゃ、いいことも悪いこともありますから。
 いい音楽聴いてる人には、必ず幸せがやってきますって。
 長々とすいませんでした。   よいお年を。 来年もよろしくです。
b y たか兄 | 2009.12.27(20:25) | URL | [EDIT] |
  + こんばんは
「Rock With You」・・・いいですよねぇ・・・。
ひたれます。

でも、もういないんですよね・・・。
ワタクシは未だに信じきれていないようです。

今年は大小さまざまな「歓迎できないこと」が
多かった1年でした。
年が変われば気分も変わり
なにかしら変化があると信じて
歩いていこうと思います。

それでは、よいお年を。
来年もよろしくおねがいします。
b y ベンじい | 2009.12.27(21:33) | URL | [EDIT] |
  +
>たか兄さん
>ベンじいさん

お二方もマイケルの訃報に心を痛めておられるようですね。
ワタシも当日の朝、テレビの情報番組の冒頭で彼の一報を知り、同日の昼に逝去を知りました。

「オフ・ザ・ウォール」から「デンジャラス」までのオリアル(「スリラー」除く)と、「エッセンシャル・ベスト」を所持しているワタシですが、この事実に驚きはしたものの、なぜか悲しみという感情は沸かなかったは、この衝撃的な出来事もマイケルならではの“最後の演出?”なんて馬鹿げた受け止め方をしてしまったためかもしれません。

今回「ロック・ウィズ・ユー」のPVを試聴してみても、まるで死というイメージは沸かずに、只々懐かしさと楽曲の素晴らしさに聴き惚れるばかりでありました。

やっぱ彼くらいのスーパースターとなると、死すら超越してしまうみたいですね。


お二方とも来たる年もよろしくお願いいたします。
b y ぶるじん | 2009.12.28(21:27) | URL | [EDIT] |
いつの間にか79年の“ぶるぼーど”に変わっとるやなぃけぇ♪
えぇこっちゃ…こんまま80年前半のもんもやってチョンマゲ♪

>ブライアン・アダムスの「クリスマス・タイム」も捨てがたいッス♪
おぉ!…おいらも先週地元(…っつっても隣県)のラジオで
こん曲が流れてきて「えぇ曲やんか」って思うて購入を決意
…しかし…オリジナルはおろかベスト盤にさえ入っとらんとは…
更にネットで検索すっと…日本でシングルCD出しとるやん
しかし当然の如く廃盤…中古でも6千から3万くらぃの値…
ブライアン…ぃや…日本のメーカーさんに切なるお願いっ
こりをボーナス特典としたベスト盤…発売してくだせぇましぃ
…って…“こげな”ブログでアピールしてもはじまらんか…

…っちゅー訳で…今年も色々!?お世話になりやしたっ♪
来年もお世話しちゃぅぞ♪…ぃや…宜しくお願いしまふ…

P.S.…仕事のことに関して敢えて頑張れとかは言いまへん
自分も大変やったことがむかしやけどあるし…そぅいぅ時に
他人からの励ましが「どぅせ他人事やん」的にも思えてたし…
まぁ…元来が捻くれもんってのもあったからやけれども
…えっ!?…んーなおいらのことはどぅだってよかとですか…
まぁ…どぅしたいか…どぅすればえぇかは自分にしかわからん
師匠が…それに少しでも近づけるよぅ切に祈るばかりですわ

んぁ!?…“ガラ”にもねぇこつ…長々と書いてもぅたやなぃけ
師匠っ…ボケ&ツッコミの相方として宜しくお願いネン(ハート)
b y chibaggio | 2009.12.29(22:36) | URL | [EDIT] |
>chibaggioどの

ブライアン・アダムスの「クリスマス・タイム」は、"A Rock'N'Roll Christmas, Vol. 2"っていうオムニバス盤に収録されているみたいやね。
さっきAmazonで確認したら、安価な上に1枚しかなかったから注文しといたから安心したまへ☆(^^;

>仕事のことに関して

日本が元気を取り戻してくれない限り、求職活動を仕事以上に頑張っても厳しい時代になっちゃったみたいやね。
それでも求職というものは、ある意味恋愛と同じで“出会い”というものが大事なので、とにかく行動を起こすのが大事ナリ☆
深海魚が、ヨメ探しをするが如く…。(ウガー!)

来年のクリスマス・イブには、chibaggioたんの穴のあいた靴下に、てんこもりのエ○DVDを詰め込められますように…。(あっはっは♪)
b y ぶるじん | 2009.12.30(19:08) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/473-e4510d23



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。