ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年11月11日付(ソロでは無敵?フィル・コリンズ) ]
2009-11-07(Sat) 10:14:11
01/05「ホエン・アイ・シ-・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
02/01「リッスン・トゥ・ユア・ハート」ロクセット
03/02「カヴァー・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
04/12「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」ミリ・ヴァニリ
05/09「恋するままに」ポーラ・アブドゥル
06/10「ラヴ・シャック」B-52's
07/03「ミス・ユー・マッチ」ジャネット・ジャクソン
08/04「シーズ・オブ・ラヴ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
09/13「ディドゥント・アイ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
10/07「ロック・ウイッチャ」ボビー・ブラウン

11/16「アンジェリア」リチャード・マークス
12/06「エレベイター・ラヴ」エアロスミス
13/21「ハートにファイア」ビリー・ジョエル
14/17「ポイズン」アリス・クーパー
15/11「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
16/20「バック・トゥ・ライフ」ソウル・Ⅱ・ソウル
17/24「ゲット・オン・ユア・フィート」グロリア・エステファン
18/27「ドント・ノゥ・マッチ」リンダ・ロンシュタット・フィーチャリング・アーロン・ネヴィル
19/26「ドント・クローズ・ユア・アイズ」キックス
20/08「ドクター・フィールグッド」モトリー・クルー

21/30「輝きのままで」ベリンダ・カーライル
22/18「コール・イット・ラヴ」ポコ
23/25「サンシャイン」ディノ
24/28「ドント・シャット・ミー・アウト」ケヴィン・ペイジ
25/14「ヒーリング・ハンズ」エルトン・ジョン
26/32「リヴィング・イン・シン」ボン・ジョヴィ
27/15「ザ・ベスト」ティナ・ターナー
28/29「ミー・ソゥ・ホーニー」2ライヴ・クルー
29/35「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
30/19「イッツ・ノー・クライム」ベイビーフェイス

31/23「彼を見つめて」エクスポゼ
32/33「シュガー・ダディ」トンプソン・ツインズ
33/43「アナザー・ディ・イン・パラダイス」フィル・コリンズ
34/22「ラヴ・ソング」キュア
35/39「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
36/42「最後の無駄な夜」ドン・ヘンリー
37/47「今夜はパンプ・アップ」テクノトロニック・フィーチャリング・フェリー
38/45「ライセンス・トゥ・チル」ビリー・オーシャン
39/31「アイム・ゴナ・ミス・ユー」ミリ・ヴァニリ
40/46「ラヴ・ソング」テスラ


【ニューエントリーこめんと】

☆「アナザー・ディ・イン・パラダイス」フィル・コリンズ
(Another Day In paradise / Phil Collins)

>自身が得意とする哀愁含有率120%のバラードにて、ソロとして3曲連続、通算7曲目となる全米No.1ヒット(4週)の誕生で、もうジェネシス要らずである。(オイオイ) また、80年代ラストと90年代の幕開けを飾った作品でもある。

アルバム「バット・シリアスリー」(...But Seriously)に収録。



http://www.youtube.com/watch?v=svR8YA-DXCg (Live映像)

☆「最後の無駄な夜」ドン・ヘンリー
(The Last Worthless Evening / Don Henley)

>楽曲よりも邦題の方が目立ってしまいそうだが、渋いボーカルが程よくマッチしたミディアミ・テンポな渋いナンバー。6分を超す長い作品なのだが、シングル・バージョンはどうだったのでしょう?最高位21位。

アルバム「エンド・オブ・ジ・イノセンス」(The End Of The Innocence)に収録。



http://www.youtube.com/watch?v=6lDHSpGnl6Y (映像)

☆「今夜はパンプ・アップ」テクノトロニック・フィーチャリング・フェリー
(Pump Up The Jam / Technotronic featuring Felly)

>1988年ベルギーで結成されたハウス・ミュージック・グループ。
当時も今も非常に印象に残るエレ・ポップなダンス・ナンバー。聴いて良し、歌って良し、踊って良しの三拍子揃った作品で、最高位2位&ミリオン・セラーは当然の報酬か。なお、フェリーとはPVにて登場しているコンゴ出身のファッション・モデルのようだ。

アルバム「今夜はパンプ・アップ」(Pump Up The Jam)に収録。



http://www.youtube.com/watch?v=KyK9YDYyhLY&feature=related (映像)

☆「ライセンス・トゥ・チル」ビリー・オーシャン
(Licence To Chill / Billy Ocean)

>80年代中期から大ブレイクした彼によるラスト・トップ40ヒット。最後くらい華々しく行こう!というワケではないのだろうが、彼のヒット曲にしてはちと賑やかすぎる感のあるポップ・ナンバー。最高位32位と、やや不完全燃焼気味か。

アルバム「グレイテスト・ヒッツ」(Billy Ocean's Greatest Hits)に収録。

Greatest Hits
↑トップ40ヒットをがっつり収録だが、入手しても聞かないだろうなぁ…。



http://www.youtube.com/watch?v=e7msubV34KQ (映像)

☆「ラヴ・ソング」テスラ
(Love Song / Tesla)

>1984年カリフォルニア州で結成されたハードロック・バンド。シティ・キッド名義でスタート後、86年に現バンド名に変更。
キュアの同名異曲が、まだトップ40内に滞在している最中でのチャート・イン。(作ってる?) 当時の流行であろうハードロック・バンドによるバラード・ヒットだが、初トップ40ヒットが最高位10位という好成績を収めている。次のヒット曲もたしかバラード風だったので、彼らが本来持つサウンドは知らないワタシであーる。(スマン)

アルバム「グレイト・レイディオ・コントラヴァーシー」(The Great Radio Controversy)に収録。



http://www.youtube.com/watch?v=3aubjDJc07E (映像)
音楽チャート1989年11月チャートTB : 0CM : 2
1989年11月18日付(独特のボーカルは健在、ルー・グラム)HOME『Sausalito Summernight』Diesel

COMMENT

  + こんばんは
b y ベンじい | 2009.11.07(22:05) | URL | [EDIT] |
  +
b y ぶるじん | 2009.11.07(23:02) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/464-dbf1e78d



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。