ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年11月4日付(スタンダード・ナンバーでの一発ヒット、シビル) ]
2009-10-31(Sat) 10:47:11
01/03「リッスン・トゥ・ユア・ハート」ロクセット
02/04「カヴァー・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
03/01「ミス・ユー・マッチ」ジャネット・ジャクソン
04/02「シーズ・オブ・ラヴ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
05/09「ホエン・アイ・シ-・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
06/05「エレベイター・ラヴ」エアロスミス
07/10「ロック・ウイッチャ」ボビー・ブラウン
08/06「ドクター・フィールグッド」モトリー・クルー
09/16「恋するままに」ポーラ・アブドゥル
10/15「ラヴ・シャック」B-52's

11/08「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
12/20「ブレイム・イット・オン・ザ・レイン」ミリ・ヴァニリ
13/14「ディドゥント・アイ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
14/13「ヒーリング・ハンズ」エルトン・ジョン
15/17「ザ・ベスト」ティナ・ターナー
16/22「アンジェリア」リチャード・マークス
17/24「ポイズン」アリス・クーパー
18/19「コール・イット・ラヴ」ポコ
19/07「イッツ・ノー・クライム」ベイビーフェイス
20/25「バック・トゥ・ライフ」ソウル・Ⅱ・ソウル

21/28「ハートにファイア」ビリー・ジョエル
22/11「ラヴ・ソング」キュア
23/12「彼を見つめて」エクスポゼ
24/29「ゲット・オン・ユア・フィート」グロリア・エステファン
25/30「サンシャイン」ディノ
26/32「ドント・クローズ・ユア・アイズ」キックス
27/35「ドント・ノゥ・マッチ」リンダ・ロンシュタット・フィーチャリング・アーロン・ネヴィル
28/31「ドント・シャット・ミー・アウト」ケヴィン・ペイジ
29/34「ミー・ソゥ・ホーニー」2ライヴ・クルー
30/36「輝きのままで」ベリンダ・カーライル

31/21「アイム・ゴナ・ミス・ユー」ミリ・ヴァニリ
32/39「リヴィング・イン・シン」ボン・ジョヴィ
33/37「シュガー・ダディ」トンプソン・ツインズ
34/18「ミックスト・エモーションズ」ローリング・ストーンズ
35/46「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
36/26「ヘヴン」ウォレント
37/27「ターン・バック・タイム」シェール
38/23「チェリッシュ」マドンナ
39/48「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
40/47「ドント・アスク・ミー・ホワイ」ユーリズミックス


【ニューエントリーこめんと】

☆「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
(With Every Beat Of My Heart / Taylor Dayne)

>う~ん、当時流行のありきたりなダンス・ボーカル・ナンバーとしか答えられないかなぁ…。それでも最高位5位という高待遇は、美人補正でポイントアップ?(おいおい)

アルバム「キャント・ファイト・フェイト」(Can't Fight Fate)に収録。



http://www.youtube.com/watch?v=0mOkIRv6oZc (動画)

☆「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
(Don't Make Me Over / Sybil)

>1965年ニュージャージー出身のR&B女性シンガー。本名シビル・トーマス・リンチ。
62年ディオンヌ・ワーウイックによって歌われたのを皮切りに、複数のアーティストがカバーしたスタンダード・ナンバーを、作品の持ち味を生かしたまま当時風のビートにのせた作風へと変化させた一品。最高位20位と、まずまずの成功を収めている。
なお、ワタシにとっての想い入れのあるカバーは、79年のジェニファー・ウォーンズによるものであーる。

アルバム「シビル」(Sybil)に収録。



http://www.youtube.com/watch?v=Wsl7w7ZiPBs (動画)

☆「ドント・アスク・ミー・ホワイ」ユーリズミックス
(Don't Ask Me Why / Eurythmics)

>ビリー・ジョエルのヒット曲とは同名異曲とはいえ、シングルとしてはあまりにも平坦過ぎたか最高位が1週のみの40位とは…。全米No.1ヒットからスタートした彼らのラスト・トップ40ヒットが、このような尻すぼみで終了してしまったのは寂しいものである。

アルバム「ウィ・トゥー・アー・ワン」(We Too Are One)に収録。

We Too Are One
↑作品によって、好きキライがはっきりと二分されたコンビだったなぁ。



http://www.youtube.com/watch?v=yqiBT-YXAh0 (動画)
音楽チャート1989年11月チャートTB : 0CM : 2
『Sausalito Summernight』DieselHOME1989年10月28日付(隠れた良曲?ベリンダ・カーライル)

COMMENT

  + こんばんは
ご飯食べながら書いてたりします。

☆「危ないハート・ビート」テイラー・デイン
可もなく不可もなく・・・。
PVではどうしても谷間に視線が・・・。

☆「ドント・メイク・ミー・オーヴァー」シビル
なかなかいいですねぇ。
声も気に入ったので、探してみようかしら。

☆「ドント・アスク・ミー・ホワイ」ユーリズミックス
おとなし目ですよね、彼らにしては。
ただ、シングルとしては地味すぎますかね。

先日、病院での検査の帰りに
ラジオから「彼女とTIP ON DUO」が流れてきました。
YouTubeで散々聴いた後、ここに来てみたら
中古CDサルベージ日記に今井美樹のベスト盤が!
こんなこともあるんですねぇ。

それでは。
b y ベンじい | 2009.10.31(19:54) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

シビルのこの作品は、各アーティストによるバージョンを"Youtube"で楽しむのもよろしいかと♪

>「彼女とTIP ON DUO」

たしか口紅のCMに使用されていましたっけ?
FMに移行した"American Top40"を思い出す邦楽であります☆
b y ぶるじん | 2009.10.31(21:05) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/461-fd42713b



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。