ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年9月30日付(スーパー・バンド、バッド・イングリッシュ登場) ]
2009-09-26(Sat) 20:51:50
01/01「アイム・ゴナ・ミス・ユー」ミリ・ヴァニリ
02/02「ヘヴン」ウォレント
03/03「ターン・バック・タイム」シェール
04/05「チェリッシュ」マドンナ
05/08「ミス・ユー・マッチ」ジャネット・ジャクソン
06/04「エイティーン・アンド・ライフ」スキッド・ロウ
07/11「ワン」ビー・ジーズ
08/12「キッシズ・オン・ザ・ウィンド」ネナ・チェリー
09/06「ドント・ウォナ・ルーズ・ユー」グロリア・エステファン
10/16「ラヴ・ソング」キュア

11/18「バスト・ア・ムーヴ」ヤングM.C.
12/20「ミックスト・エモーションズ」ローリング・ストーンズ
13/17「ドント・ルック・バック」ファイン・ヤング・カニバルス
14/21「イッツ・ノークライム」ベイビーフェイス
15/19「イッツ・ノット・イナフ」スターシップ
16/07「シャワー・ミー・ウィズ・ユア・ラヴ」サーフィス
17/22「彼を見つめて」エクスポゼ
18/26「シーズ・オブ・ラヴ」ティアーズ・フォー・フィアーズ
19/10「冷たいハート」ポーラ・アブドゥル
20/24「パーティマン」プリンス

21/28「エレベイター・ラヴ」エアロスミス
22/25「リッスン・トゥ・ユア・ハート」ロクセット
23/31「ドクター・フィールグッド」モトリー・クルー
24/09「ハンギン・タフ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
25/23「ランニング・ダウン・ア・ドリーム」トム・ペティ
26/27「トゥルー・ラヴ」セダクション
27/14「エンジェル・アイズ」ジェフ・ヒーリー・バンド
28/32「ロック・ウイッチャ」ボビー・ブラウン
29/15「ライト・ヒア・ウェイティング」リチャード・マークス
30/13「キープ・オン・ムーヴィン」ソウル・Ⅱ・ソウル

31/36「カヴァー・ガール」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
32/33「ヒーリング・ハンズ」エルトン・ジョン
33/34「ホワット・アイ・ライク・アバウト・ユー」マイケル・モラレス
34/38「ザ・ベスト」ティナ・ターナー
35/44「空が落ちてくる」マルティカ
36/43「コール・イット・ラヴ」ポコ
37/46「ラヴ・シャック」B-52's
38/47「ホエン・アイ・シ-・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
39/54「ディドゥント・アイ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
40/45「レット・ゴー」シャロン・ブライアント



【ニューエントリーこめんと】

☆「空が落ちてくる」マルティカ
(I Feel The Earth Move / Martika)

>キャロル・キングのカバーを、80's風にエレクトリックなアレンジが施されてしまったのだが、楽曲の良さはなんとか健在。最高位25位。しかし、アーティストとして押せ押せ状態だった処にカバーを持って来るのはある意味没落フラグ発動だったようで、空どころか自身の人気が落ち(以下自粛)。

アルバム「誘惑のマルティカ」(Martika)に収録。



☆「コール・イット・ラヴ」ポコ
(Call It Love / Poco)

>なんと10年と数ヶ月ぶりとなるトップ40ヒット。リッチー・フューレイ、ジム・メッシーナ、ランディ・マイズナーといった結成当時のオリジナル・メンバーが集結し製作されたアルバムからの1stヒット。最高位18位と、心地良いカントリー・ロックは健在である。

アルバム「レガシー」(Legacy)に収録。

Legacy.jpg
↑日本での人気はほぼ皆無な彼らですが、ワタシはアルバム3枚持ってますよ♪(もっとも2枚はまだ未聴のままだが★)



☆「ラヴ・シャック」B-52's
(Love Shack / The B-52's)

>1976年ジョージア州で結成されたニュー・ウェイヴ系ポップ・ロックバンド。
トップ40ヒットとは完全に無縁だと思っていたバンドのひとつだっただけに、当時いきなりの全米でのブレイクには驚いたものである。エレポップな作りながらも独特のセンスを取り入れた彼らのサウンドは、トップ40内でも一際映えた(浮いた?)存在と化し、最高位3位まで上昇。てっきりイギリスのバンドかと思いきや、アメリカン・バンドだったのを今回初めて知った初秋なり。(恥?)

アルバム「コズミック・シング」(Cosmic Thing)に収録。



☆「ホエン・アイ・シ-・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
(When I See You Smile / Bad English)

>1988年カリフォルニア州ロサンゼルスで結成されたロックバンド。
メンバーにジョン・ウェイト、ニール・ショーン、ジャナサン・ケインといった面々が集い、まさに“オレのターン!ジャーニーとベイビーズを融合させ、スーパー・バンド、バッド・イングリッシュを召喚!”ってなノリか。(?)実は、記念すべき1stシングル「フォアゲット・ミー・ノット」(Forget Me not)が最高位45位止まりといきなりつまづいたのだが、2ndとなるこの壮大なバラードにて全米を制覇し(2週)、ばっちりエリを正している。

アルバム「バッド・イングリッシュ」(Bad English)に収録。



☆「ディドゥント・アイ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
(Didn't I (Blow Your Mind) / New Kids On The Block)

>人気が絶好調な内に1stアルバムから緊急シングル・カットしたみたいな作品で、サウンドとしては垢抜けていない感は拭えないが、この先クリスマス商戦に向けデッド・ストック化していたデビュー・アルバムも売り切ってしまうには、非常に有効な作戦だったのかも?(スミマセン)結果、最高位8位にハーフ・ミリオンのオマケ付きと、アルバムの売り上げにしっかり貢献している。(計画通り?)

アルバム「ドキッとNEW KIDS」(New Kids On The Block)に収録。



☆「レット・ゴー」シャロン・ブライアント
(Let Go / Sharon Bryant)

>1956年ニューヨーク州出身の女性R&Bシンガー。
元アトランティック・スターの初代ボーカリストだった彼女による、初のソロトップ40ヒット。パワフルなR&Bナンバーなれど、いまいち個性に欠けた音作りが足を引っ張ったのか、最高位34位に低迷している。

アルバム「ヒア・アイ・アム」(Here I Am)に収録。

音楽チャート1989年9月チャートTB : 0CM : 4
『Natural Woman~The Very Best of Carole King』 Carole KingHOME『Spring Fling』 James Last

COMMENT

  + こんばんは
今日もちょっと飲んでます。

☆「空が落ちてくる」マルティカ
何でコレを切ったのかなぁ?というのが正直な感想。
どうせカバー曲を切るんだったら、エイス・ワンダーのカバーである
「クロス・マイ・ハート」のほうが上狙えたんじゃないかと。

☆「コール・イット・ラヴ」ポコ
困ったときのYouTube。
・・・たまりませんなぁ。
イントロ聴いただけで顔がニヤけてきてしまうワタクシは
もう戻れないところまで来てるんでしょうねぇ・・・。

☆「ラヴ・シャック」B-52's
当時は「何じゃこりゃ?」と思ったものですが、
今では懐かしさから耳を傾けてしまいます。
手元に置いておこうとは思いませんけどね。

☆「ホエン・アイ・シ-・ユー・スマイル」バッド・イングリッシュ
「ダイアン・ウォーレン作のバラードをこの面子が演れば
売れても何の不思議もないわな」
というのが現在の感想。
当時は諸手を挙げて歓迎してたクセに
我ながらヒネくれたものです・・・。

☆「ディドゥント・アイ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
1stアルバムにはマッタク興味ないです。

☆「レット・ゴー」シャロン・ブライアント
これまた困ったときのYouTube。
・・・当時流行った音ですねぇ。
悪くはないですが、上に行くにはちとキツイですかね。

やっぱり「カントリー臭」が漂うとアメリカ以外ではキツイんですかねぇ。

それでは。
b y ベンじい | 2009.09.27(21:26) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

バッド・イングリッシュによるこの大ヒットバラードは、意外と強烈に印象に残るほどでもないのですねぇ…。
ポコは、この当時においては貴重なヒット曲だったと思います☆(^^)
b y ぶるじん | 2009.09.28(20:57) | URL | [EDIT] |
  +
当時、日本ではリーバイスのCMに使われてたんですよね。
1位になったあとで。

実際、ワタクシもアルバムを聴いたときは
まったく印象に残らなかったんですけどね。
「フォゲット・ミー・ノット」のほうが記憶には残りましたねぇ。

ちなみに、もっともお気に入りなのは、
ラストに収録されている「ドント・ウォーク・アウェイ」です。

それでは。
b y ベンじい | 2009.09.28(22:01) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

>リーバイスのCM

バッド・イングリッシュの後には、ダム・ヤンキースの「ハイ・イナフ」が使用されていましたよね☆
なかなか凝ってます♪(^^;
b y ぶるじん | 2009.09.28(22:37) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/453-dca6758a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。