ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年8月5日付(No.1に迫る勢いのバラード、ウォレント) ]
2009-08-01(Sat) 10:40:54
01/02「バット・ダンス」プリンス
02/05「オン・マイ・オウン」ボビー・ブラウン
03/04「ソゥ・アライヴ」ラヴ・アンド・ロケッツ
04/10「ライト・ヒア・ウェイティング」リチャード・マークス
05/01「トイ・ソルジャー」マルティカ
06/08「ワンス・ビトン・トゥワイス・シャイ」グレイト・ホワイト
07/07「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」ボン・ジョヴィ
08/09「アイ・ライク・イット」ディノ
09/13「冷たいハート」ポーラ・アブドゥル
10/06「2人の絆」シンプリー・レッド

11/03「エクスプレス・ユアセルフ」マドンナ
12/11「クレイジー・アバウト・ハー」ロッド・スチュワート
13/18「シークレット・ランデヴー」キャリン・ホワイト
14/24「ドント・ウォナ・ルーズ・ユー」グロリア・エステファン
15/19「アイム・ザット・タイプ・オブ・ガイ」L.L.クールJ
16/14「ドレスド・フォー・サクセス」ロクセット
17/26「ハンギン・タフ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
18/20「ヘイ・ベイビー」ヘンリー・リー・サマー
19/22「フレンズ」ジョディ・ワトリー with エリック・B.&ラキム
20/21「ノー・モア・ライム」デビー・ギブソン

21/23「エンド・オブ・ジ・イノセンス」ドン・ヘンリー
22/29「永遠の想い」ダニー・オズモンド
23/28「ハートブレイク」ウィンガー
24/31「エンジェル・アイズ」ジェフ・ヒーリー・バンド
25/30「フックト・オン・ユー」スウィート・センセーション
26/12「恋のダンス・パラダイス」エクスポゼ
27/17「ドント・フォアゲット・マイ・ナンバー」ミリ・ヴァニリ
28/34「キープ・オン・ムーヴィン」ソウル・Ⅱ・ソウル
29/15「ギヴ・ユア・ラヴ」マイケル・モラレス
30/16「グッド・シング」ファイン・ヤング・カニバルズ

31/38「シャワー・ミー・ウィズ・ユア・ラヴ」サーフィス
32/39「エイティーン・アンド・ライフ」スキッド・ロウ
33/36「カヴァー・オブ・ラヴ」マイケル・ダミアン
34/43「ターン・バック・タイム」シェール
35/35「ミー・マイセルフ・アンド・アイ」デ・ラ・ソウル
36/50「ヘヴン」ウォレント
37/27「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
38/37「イン・マイ・アイズ」スティーヴィー・B
39/47「トーク・イット・オーヴァー」グレイソン・ヒュー
40/33「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー



【ニューエントリーこめんと】

☆「ターン・バック・タイム」シェール
(If I Could Turn Back Time / Cher)

>ポップで軽快なボーカル・ナンバー。アメリカン・チャートにとてもマッチしそうな作品で、最高位も3位と好調である。

アルバム「ハート・オブ・ストーン」(Heart Of Stone)に収録。



☆「ヘヴン」ウォレント
(Heaven / Warrant)

>ハードロック・バンドによるアコースティック調バラード。今更ながらホワイト・ライオンにはまっていたワタシでしたが、このウォレントもなかなか心をふるわせる作品を提供してくれるバンドですよ。最高位2位まで上昇し、こちらも絶好調である。

アルバム「マネー・ゲーム」(Dirty Rotten Fifthy Stinking Rich)に収録。



☆「トーク・イット・オーヴァー」グレイソン・ヒュー
(Talk It Over / Grayson Hugh)

>コネチカット州出身のシンガー・ソングライター。
今回初めて知ったその名と作品に、てっきり黒人アーティストかとおもいきや白人さんでした。温もりのあるミディアム・テンポのソウルフルなナンバーが最高位19位をマーク。彼にとって、唯一となるトップ40ヒット。

アルバム「ブラインド・トゥ・リーズン」(Blind To Reason)に収録。

Blind to Reason
↑おおぅ、白人アーティストでしたぁ☆

音楽チャート1989年8月チャートTB : 0CM : 8
1989年8月12日付(ふっかぁーつ!ビー・ジーズ)HOME1989年7月29日付(初のトップ40ヒット、スキッド・ロウ)

COMMENT

  +
 ウォレントのとても趣味がいいとはいいがたいジャケットのアルバムにこんなに美しいバラードがという驚きは忘れられません。

 90年に67位まで上がったシャンペーンのカヴァー「ハウ・アバウト・アス」もオリジナルにはとうてい及ばないもののベティ・ライトといいムードのデュエットをきかせていたグレイソン・ヒュー。

 彼の素朴で味のあるこのブルー・アイド・ソウル・ナンバーも私は好きでした。
 しかし、この曲は88年にオリヴィア・ニュートンジョンがアルバム「噂」の中で「キャント・ウィ・トーク・イット・オーヴァー・イン・ベッド」(邦題は「愛を抱きしめて」)で先に取り上げていた作品でした。

 このアルバム持っていたのに私はずっと気づかず5年ほど前に出た彼女の好内容のベスト・アルバム「ゴールド」を聴いてあらためてこの事実を知りました。
b y iwashita | 2009.08.01(15:32) | URL | [EDIT] |
  +
>iwashitaさん

ハードロック・バンドによるバラード・ナンバーには、他のバラードには無い魅力を多々感じさせてくれますが、このウォレントがまさにそうですね☆

>この曲は88年にオリヴィア・ニュートンジョンがアルバム「噂」の中で「キャント・ウィ・トーク・イット・オーヴァー・イン・ベッド」(邦題は「愛を抱きしめて」)で先に取り上げていた作品でした。

似たような例として、シンディ・ローパーがヒットさせた「涙のオールナイト・ドライヴ」の原曲が、当時はまだ未発表だったとはいえロイ・オービソンだったのを最近彼のベスト盤を聴いた時に知り、勝手に驚いておりました。(^^;
b y ぶるじん | 2009.08.01(20:10) | URL | [EDIT] |
  + こんばんは
今日は割りと過ごしやすかったです。

☆「ターン・バック・タイム」シェール
ベテランの実力をみせつけた1曲といったところでしょうか?
曲以上に印象に残ってるのは、
PVでの過激な衣装ですけど・・・。

☆「ヘヴン」ウォレント
いい曲ですよねぇ・・・。
1stと2ndは手元に置いておきたいです。

☆「トーク・イット・オーヴァー」グレイソン・ヒュー
視聴が重いんですよねぇ。
聴いてみたいんですけど・・・。

本日はこれにて。
b y ベンじい | 2009.08.01(21:14) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

こちらは激しい雷雨の真っ最中であります。


シェール嬢はストレス解消のためなのか、たまに過激なコスチュームを身にまといますよね☆(^^;

ウォレントは、あの過激(?)なジャケット・デザインをもう少しなんとかしてくれたら、日本でもそれなりにイケてたかも?


今宵は涼しくなりそうで、よく眠れそうな予感が…♪
b y ぶるじん | 2009.08.01(21:40) | URL | [EDIT] |
中身を1~2曲聴いていたから、
当時レンタルショップで手を伸ばしましたが、
知らなかったら聴いてみようとは思わないですね・・・。
b y ベンじい | 2009.08.02(21:35) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

ハードロックというより、なんかデスメタルやグラインドコアを想像してしまいそうなジャケットデザインかなぁ、アレは…★

70年代後期に発表された、サッド・カフェの"Misplaced Ideals"というアルバムのジャケットもイヤだったッス。(^^;
b y ぶるじん | 2009.08.02(22:42) | URL | [EDIT] |
  + ほうほう
というわけで、検索して見てみました。

・・・コレはイヤですねぇ・・・。
b y ベンじい | 2009.08.03(21:28) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

現在はジャケットが変更されていますが、初期のデザインはほんとトラウマ級でありますよ…★(^^;
当時のレコード店の壁には、コレとUFOの「宇宙征服」が並べて展示されていたので、そんじょそこらのお化け屋敷も裸足で逃げるであろうかな。(あっはっは☆)
b y ぶるじん | 2009.08.03(22:09) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/441-0d30f042



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。