ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年7月15日付(アルバムのセールスに繋がるヒット!リチャード・マークス) ]
2009-07-11(Sat) 09:19:15
01/03「2人の絆」シンプリー・レッド
02/04「エクスプレス・ユアセルフ」マドンナ
03/01「グッド・シング」ファイン・ヤング・カニバルズ
04/05「トイ・ソルジャー」マルティカ
05/02「ドント・フォアゲット・マイ・ナンバー」ミリ・ヴァニリ
06/12「バット・ダンス」プリンス
07/07「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
08/10「恋のダンス・パラダイス」エクスポゼ
09/11「ドクター」ドゥービー・ブラザーズ
10/15「ソゥ・アライヴ」ラヴ・アンド・ロケッツ

11/06「涙のオールナイト・ドライヴ」シンディ・ローパー
12/19「オン・マイ・オウン」ボビー・ブラウン
13/16「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」ボン・ジョヴィ
14/08「サティスファイド」リチャード・マークス
15/18「クレイジー・アバウト・ハー」ロッド・スチュワート
16/20「ワンス・ビトン・トゥワイス・シャイ」グレイト・ホワイト
17/13「アイ・ウォント・バック・ダウン」トム・ペティ
18/23「アイ・ライク・イット」ディノ
19/22「ギヴ・ユア・ラヴ」マイケル・モラレス
20/09「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー

21/17「ルームズ・オン・ファイア」スティーヴィ・ニックス
22/14「イッツ・フォー・リアル」ドナ・サマー
23/21「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
24/28「ドレスド・フォー・サクセス」ロクセット
25/24「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
26/25「マイ・ブレイヴ・フェイス」ポール・マッカートニー
27/29「センド・ミー・アン・エンジェル'89」リアル・ライフ
28/31「ヘイ・ベイビー」ヘンリー・リー・サマー
29/32「シークレット・ランデヴー」キャリン・ホワイト
30/33「ノー・モア・ライム」デビー・ギブソン

31/36「冷たいハート」ポーラ・アブドゥル
32/35「アイム・ザット・タイプ・オブ・ガイ」L.L.クールJ
33/27「ダウン・ボーイズ」ウォレント
34/39「エンド・オブ・ジ・イノセンス」ドン・ヘンリー
35/37「ハートブレイク」ウィンガー
36/40「フレンズ」ジョディ・ワトリー with エリック・B.&ラキム
37/26「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ
38/44「ライト・ヒア・ウェイティング」リチャード・マークス
39/43「永遠の想い」ダニー・オズモンド
40/42「フックト・オン・ユー」スウィート・センセーション



【ニューエントリーこめんと】

☆「ライト・ヒア・ウェイティング」リチャード・マークス
(Right Here Waiting / Richard Marx)

>トップ10入り間近にて勢いを失い、後退までしかけたアルバムをチャートの頂点にまで引き上げる事に成功した功労者でもある、自身のペンによる名バラード。前シングル同様No.1に輝いたのは同じなれど、コチラは3週な上にミリオン・セラーまでマークしており、明らかに格が違うのであ~る。

アルバム「リピート・オフェンダー」(Repeat Offender)に収録。



☆「永遠の想い」ダニー・オズモンド
(Sacred Emotion / Donny Osmond)

>上記のデカ頭さんがボーカルを取っても、しっくりと来そうなスロー・ナンバー。ちょいと物足りなさを感じるが、最高位13位と健闘している。

アルバム「ソルジャー・オブ・ラヴ」(Donny Osmond)に収録。



☆「フックト・オン・ユー」スウィート・センセーション
(Hooked On You / Sweet Sensation)

>87年に最高位64位まで上昇した作品の再ヒット。ラテン系ヒップホップ風味のダンス・ナンバーだが、再ヒットするほどの価値が見出せませんよ。(スミマセン)しかし今回は最高位23位まで上昇し、Hot100通算28週という頑張りを見せている。
なお、90年にはコテコテのバラード・ナンバーにて全米を制しているのには驚きである。

アルバム「イッツ・ホット」(Take It While It's Hot)に収録。

Take It While Its Hot
↑3人娘の笑顔はいいのだが、アーティストとしての興味はちょっと…★

音楽チャート1989年7月チャートTB : 0CM : 4
1989年7月22日付(盲目のギタリスト、ジェフ・ヒーリー)HOME1989年7月8日付(ホッとさせてくれる一曲、ドン・ヘンリー)

COMMENT

  + またしても
出遅れました。

☆「ライト・ヒア・ウェイティング」リチャード・マークス
この曲を聴いて、ピアノを弾いてみたいと思いました。
挫折しましたけど。

☆「永遠の想い」ダニー・オズモンド
アルバム持ってるはずなんですけどねぇ。
記憶にないんですよねぇ。

☆「フックト・オン・ユー」スウィート・センセーション
ちょっとケバいですかね。

暑いですねぇ。7月だから当然なんですが。
早く秋が来ないかしら・・・。

それでは。
b y ベンじい | 2009.07.13(19:49) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

夏真っ盛りになって来ましたね☆

昨日の日曜は、グロリア・エステファンのベストを聴いて、じわじわと夏を満喫しておりました♪(^^)
b y ぶるじん | 2009.07.13(21:15) | URL | [EDIT] |
  + 個人的には
「1,2,3」が大好きです。
b y ベンじい | 2009.07.14(22:34) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

「1-2-3」は、爽やかさと暑苦しさを見事に合成させた名曲であります♪
これからの季節、ラジオから流れてくる可能性大でありましょう☆(^^)
b y ぶるじん | 2009.07.15(20:00) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/438-2f11bcb3



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。