ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年6月17日付(最後のトップ40ヒット、ポール・マッカートニー) ]
2009-06-13(Sat) 09:41:35
01/02「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
02/01「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
03/03「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
04/07「サティスファイド」リチャード・マークス
05/05「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
06/12「ドント・フォアゲット・マイ・ナンバー」ミリ・ヴァニリ
07/15「グッド・シング」ファイン・ヤング・カニバルズ
08/09「永遠の眠り」リタ・フォードwithオジー・オズボーン
09/14「イッツ・フォー・リアル」ドナ・サマー
10/13「クライ」ウォーターフロント

11/04「ロック・オン」マイケル・ダミアン
12/18「ミス・ユー・ライク・クレイジー」ナタリー・コール
13/20「涙のオールナイト・ドライヴ」シンディ・ローパー
14/06「ペイシェンス」ガンズ・アンド・ローゼズ
15/17「ポップ・シンガー」ジョン・クーガー・メレンキャンプ
16/10「ホエア・アー・ユー・ナウ」ジミー・ハーネンwithシンチ
17/23「2人の絆」シンプリー・レッド
18/21「アイ・ウォント・バック・ダウン」トム・ペティ
19/08「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
20/11「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル

21/22「カミング・ホーム」シンデレラ
22/27「恋のダンス・パラダイス」エクスポゼ
23/24「ヴェロニカ」エルヴィス・コステロ
24/32「エクスプレス・ユアセルフ」マドンナ
25/29「ドクター」ドゥービー・ブラザーズ
26/33「トイ・ソルジャー」マルティカ
27/28「イントゥ・ザ・ナイト」ベニー・マードーンズ
28/25「カドリー・トーイ」ローチフォード
29/31「ルームズ・オン・ファイア」スティーヴィ・ニックス
30/35「クレイジー・アバウト・ハー」ロッド・スチュワート

31/34「いつでも BE WITH YOU」バングルス
32/19「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
33/16「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
34/37「ギヴ・ユア・ラヴ」マイケル・モラレス
35/43「ソゥ・アライヴ」ラヴ・アンド・ロケッツ
36/45「マイ・ブレイヴ・フェイス」ポール・マッカートニー
37/44「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」ボン・ジョヴィ
38/40「センド・ミー・アン・エンジェル'89」リアル・ライフ
39/39「ダウン・ボーイズ」ウォレント
40/48「ワンス・ビトン・トゥワイス・シャイ」グレイト・ホワイト



【ニューエントリーこめんと】

☆「ソゥ・アライヴ」ラヴ・アンド・ロケッツ
(So Alive / Love And Rockets)

>1985年イギリスで結成されたロック・バンド。
これまたなぜか耳にする機会に恵まれなかった楽曲だったのだが、今回ようやくじっくりと堪能する事に成功。独特な不気味さを秘めたロック・ナンバーで、なるほど最高位3位にも納得の一品であろうかな。

アルバム「ラヴ・アンド・ロケッツ」(Love And Rockets)に収録。



☆「マイ・ブレイヴ・フェイス」ポール・マッカートニー
(My Breave Face / Paul McCartney)

>エルヴィス・コステロとの共同作となった、軽快でストレートなポップ・ナンバー。しかし、ややライト過ぎたのか時代に合わなくなってきていたのか、最高位25位にて急停止。当時、矢口氏は「このまま一気にトップまでいっちゃうのかと思ったのに…」と申しておりましたが、現実は非情でラスト・トップ40ともなってしまいました。

アルバム「フラワーズ・イン・ザ・ダート」(Flowers In The Dirt)に収録。



☆「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」ボン・ジョヴィ
(Lay Your Hands On Me / Bon Jovi)

>アルバムの冒頭を務めていた渋くカッコ良くキメたロック・ナンバー。最高位7位という順位に関係なく、「ウォンテッド・デッド・オア・アライヴ」(Wanted Dead Or Alive)同様ミョーに印象に残る作品。もちろんトンプソン・ツインズのヒット曲とは同名異曲。

アルバム「ニュージャージー」(New Jersey)に収録。



☆「ワンス・ビトン・トゥワイス・シャイ」グレイト・ホワイト
(Once Bitten Twice Shy / Great White)

>1978年カルフォルニア州ロサンゼルスで結成されたハードロック・バンド。
最高位5位という好成績に加え、Hot100滞在26週というロング・ヒットにも関わらず、ナゼかワタシの記憶には残りづらいポップ系寄りのロック・ナンバー。「熱物にこりてなますを吹く」という諺と同義語の意味を持つ原題は、この身に浸透しているのにねぇ…。

アルバム「トゥワイス・シャイ」(...Twice Shy)に収録。

...Twice Shy
↑前作の"Once Bitten..."からの続編になるのかな?

音楽チャート1989年6月チャートTB : 0CM : 6
『70'sポップス・ベスト・セレクション』 オムニバス (中古)HOME1989年6月10日(女王を駆逐?マルティカ)

COMMENT

>…現実は非常でラスト・トップ40ともなってしまいました。
“非情”やで…現実が非常て…。゚( ゚ ̄∀ ゚̄)σ゚。ブワッハハハッ…
>アルバム「トゥワイス・シャイ」(...Twice Shy)に収録。
パッと見「Too Shy」に見えたんでカジャ・グー・グーかと…
b y chibaggio | 2009.06.13(14:14) | URL | [EDIT] |
ヒトが昼寝から目覚め、ブログの確認しにきたら荒しが…、と思ったらぁ

>chibaggioたん

>“非情”やで…現実が非常て…。

ハイそこ、うるさいですよ!
ちゃんと直したよ、ホンマ★(ワタシに恥を…(涙))

>パッと見「Too Shy」に見えたんでカジャ・グー・グーかと…

あ~ハイハイ、そりゃぁ老眼ですね。
お薬に正露丸出しておきまぁす☆(仕返し完了(^^;)
b y ぶるじん | 2009.06.13(15:17) | URL | [EDIT] |
  +
 ポール、最後のTOP40ヒット・・。 そうっすね・・。
 まだ現役だし、わかんないけど、 きっとそうでしょう・・。
 あれだけ強かった本国でも、TOP20すら入らなくなってしまいましたから・・。
 ただ今に至っても、創作意欲が全く衰えていないことは頭が下がります。
 日本なら、森さんじゃないけど、国民栄誉賞もの、
 音楽界の重要無形文化財なんですから。
b y たか兄 | 2009.06.13(15:46) | URL | [EDIT] |
  +
>たか兄さん

“継続は力なり”って言いますし、創作を継続している限りは99年のサンタナのような大復活劇が見られる可能性があると思いますよ☆
ポールも、生涯現役を貫きそうなアーティストですよね♪
b y ぶるじん | 2009.06.13(21:26) | URL | [EDIT] |
  + 一日遅れ
出遅れた・・・。

☆「ソゥ・アライヴ」ラヴ・アンド・ロケッツ
妙に印象に残る曲ですねぇ。
「生きる喜びを死にそうな声で歌う」と
どこかで表現されてましたが、なんかナットク。

☆「マイ・ブレイヴ・フェイス」ポール・マッカートニー
けっこう好きなんですが、
今にして思うとちょっと軽すぎますかねぇ。

☆「レイ・ユア・ハンズ・オン・ミー」ボン・ジョヴィ
アリーナで大合唱なんか似合いそうですね。
アルバムの1曲目でもあるし、強く印象に残ってます。

☆「ワンス・ビトン・トゥワイス・シャイ」グレイト・ホワイト
この軽さがタマラナイ♪
と思うのは、嗜好がポップス寄りになっていった証なんでしょうねぇ。

入梅だそうで。
雨はけっこう好きです。
・・・外に出なければ。

それでは。
b y ベンじい | 2009.06.14(22:21) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

「ソゥ・アライヴ」は聴き込むほど味が出そうな作品ですが、リアルタイムでじっくりと聴けなかったのが残念です。

>入梅だそうで。

食中毒には気をつけましょう☆(^^;
b y ぶるじん | 2009.06.15(20:09) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/428-5b46098a



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。