ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年5月6日付(絶好調モード発動!リチャード・マークス) ]
2009-05-02(Sat) 09:17:42
01/01「ライク・ア・プレイヤー」マドンナ
02/02「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」ボン・ジョヴィ
03/08「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
04/03「ファンキー・コールド・メディーナ」トーン・ロック
05/10「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル
06/07「セカンド・チャンス」38スペシャル
07/09「アフター・オール」シェール&ピーター・セテラ
08/15「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
09/11「ルーム・トゥ・ムーヴ」アニモーション
10/04「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」ファイン・ヤング・カニバルズ

11/05「ヘヴン・ヘルプ・ミー」ディオン・エスタス
12/13「シンキング・オブ・ユー」サ・ファイア
13/17「カルト・オブ・パーソナリティ」リヴィング・カラー
14/18「ロック・オン」マイケル・ダミアン
15/16「アイコ・アイコ」ベル・スターズ
16/14「シンシアリー・ユアーズ」スウィート・センセイション
17/19「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
18/22「ペイシェンス」ガンズ・アンド・ローゼズ
19/20「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
20/23「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン

21/06「ザ・ルック」ロクセット
22/28「ラヴィング・ユー」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック
23/12「ロケット」デフ・レパード
24/26「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
25/29「永遠の眠り」リタ・フォードwithオジー・オズボーン
26/27「セヴンティーン」ウィンガー
27/33「ホエア・アー・ユー・ナウ」ジミー・ハーネンwithシンチ
28/25「ガール・ユー・ノゥ・イッツ・トゥルー」ミリ・ヴァニリ
29/31「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ
30/36「愛の嵐」アレサ・フランクリン&エルトン・ジョン

31/24「胸いっぱいの愛」バングルス
32/41「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
33/37「ボイス・オブ・バビロン」アウトフィールド
34/42「クライ」ウォーターフロント
35/21「スタンド」R.E.M.
36/39「二人だけのデート」サマンサ・フォックス
37/35「アイ・ワナ・ビー・ザ・ワン」スティーヴィー・B
38/30「ママはダンスを踊らない」ポイズン
39/─「サティスファイド」リチャード・マークス
40/47「ダウンタウン」ワン・2・メニー



【ニューエントリーこめんと】

☆「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
(Buffalo Stance / Neneh Cherry)

>1964年スウェーデンはストックホルム出身の女性シンガー・ソングライター兼ラッパー。本名ネネ・マリアン・カールソン。
ラップとはいえ、まだまだメロディアスなナンバーなのでそれほど耳障りではありません。最高位3位と、ある意味暗黒の90年代が刻一刻と近づいて来ているのを感じさせてくれるような作品。(スミマセン)

アルバム「ロウ・ライク・スシ」(Raw Like Sushi)に収録。



☆「クライ」ウォーターフロント
(Cry / Waterfront)

>イギリスで結成された男性ポップ・デュオ。
明らかにワム!路線を狙ったかのようなポップ・ナンバーだが、最高位10位と全米では本国を上回る成功を収めている。しかし、楽曲があまりにも地味すぎてアーティスト名も含め、ワタシの記憶にはまるで留まってはおりませんでした。(失礼)しかも、一発屋さん。(さらに失礼)

アルバム「ウォーターフロント」(Waterfront)に収録。



☆「サティスファイド」リチャード・マークス
(Satisfied / Richard Marx)

>楽曲やボーカルその他諸々を含めて、その完成度の高さはこの週のトップ40エントリーでは群を抜いてピカイチであろう軽快なアメリカン・ロック。Hot100初登場39位というド派手な演出を決めた後、駆け足で全米チャートの頂点へと到達(1週のみだが)!しかし、2ndシングルを早くカットし過ぎたためか、Hot100滞在はわずか15週だったのは彼にはナイショだ。

アルバム「リピート・オフェンダー」(Repeat Offender)に収録。

Repeat Offender
↑10年ほど前に、近所の輸入盤半額セールにてゲット!



☆「ダウンタウン」ワン・2・メニー
(Downtown / One 2 Many)

>ノルウェーで結成された3人組ポップ・グループ。
時代の流行を全く無視したように、爽やか路線を貫いたようなポップ・ロック。最高位37位と低迷したのは流行おくれのせいではなく、楽曲自体がいまいち弱かったためか?なんせ収録されているオムニバス盤を、何度聴いても記憶に残らないのだからどーにもこーにも…。(涙)

アルバム「ミラー」(Mirror)に収録。

音楽チャート1989年5月チャートTB : 0CM : 2
『The Singles』 Dr.HookHOME1989年4月29日付(どっこい健在?アウトフィールド)

COMMENT

こんばんは。
今週はスパッとコメントを。

☆「バッファロー・スタンス」ネネ・チェリー
とあるネットラジオの80’sチャンネルで一時期かかりまくっていたので
記憶に残っております。
当時もラップというよりは歌として聴いてましたねぇ。

90年代はいろんな意味で「真っ黒」でしたね。


☆「クライ」ウォーターフロント
実際はバンドだったという説もありますね。
当時は「第2のワム!」探しに会社が躍起になってましたからねぇ。

曲自体はけっこう気に入ってます。

☆「サティスファイド」リチャード・マークス
ファーストからのシングルにはキラーソングはなかったんですが、
セカンドはこの一曲で購入を決意。
カッコいいです、ハイ。

☆「ダウンタウン」ワン・2・メニー
視聴した限りでは、さわやかに右から左に抜けていく感じですねぇ。

明日も仕事だ。

それでは。
b y ベンじい | 2009.05.02(20:30) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

ネネ・チェリーは、当時シングル・ヒット曲よりも"Raw Like Sushi"というアルバム原題の方が気になっておりました☆(^^;

リチャード・マークスのこの曲は、AT40での新人バイリンガルD.J.のオーディション課題で、複数の参加者がチョイスしてました♪

>明日も仕事だ。

うがっ、GWはナシですか!?
ほどほどに頑張って下さいませ☆
b y ぶるじん | 2009.05.02(21:24) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/416-c141d369



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。