ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年4月15日付(トップ40に大復活!ダニー・オズモンドとベット・ミドラー) ]
2009-04-11(Sat) 08:47:27
01/04「シー・ドライヴス・ミー・クレイジー」ファイン・ヤング・カニバルズ
02/01「ザ・ルック」ロクセット
03/05「ライク・ア・プレイヤー」マドンナ
04/02「胸いっぱいの愛」バングルス
05/03「ガール・ユー・ノゥ・イッツ・トゥルー」ミリ・ヴァニリ
06/06「スタンド」R.E.M.
07/10「ファンキー・コールド・メディーナ」トーン・ロック
08/11「スーパーウーマン」キャリン・ホワイト
09/12「ユー・ゴット・イット」ロイ・オービソン
10/13「ママはダンスを踊らない」ポイズン

11/16「アイル・ビー・ゼア・フォー・ユー」ボン・ジョヴィ
12/15「ヘヴン・ヘルプ・ミー」ディオン・エスタス
13/08「ドリーミン」ヴァネッサ・ウィリアムス
14/18「セカンド・チャンス」38スペシャル
15/20「ロケット」デフ・レパード
16/19「ルーム・トゥ・ムーヴ」アニモーション
17/07「キャント・テル・ユー・ノー」ロッド・スチュワート
18/21「シンシアリー・ユアーズ」スウィート・センセイション
19/23「シンキング・オブ・ユー」サ・ファイア
20/26「アフター・オール」シェール&ピーター・セテラ

21/29「リアル・ラヴ」ジョディ・ワトリー
22/27「フォーエヴァー・ユア・ガール」ポーラ・アブドゥル
23/09「ウォーク・ザ・ダイナソー」ウォズ・ノット・ウォズ
24/25「オリノコ・フロウ」エンヤ
25/14「リヴィング・イヤーズ」マイク&ザ・メカニックス
26/30「カルト・オブ・パーソナリティ」リヴィング・カラー
27/31「アイコ・アイコ」ベル・スターズ
28/17「ロスト・イン・ユア・アイズ」デビー・ギブソン
29/37「ロック・オン」マイケル・ダミアン
30/42「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド

31/45「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
32/34「アイ・ワナ・ビー・ザ・ワン」スティーヴィー・B
33/36「セヴンティーン」ウィンガー
34/38「エヴァーラスティング・ラヴ」ハワード・ジョーンズ
35/47「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
36/43「バースディ・スーツ」ジョニー・ケンプ
37/35「ワン」メタリカ
38/55「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
39/22「ジャスト・ビコーズ」アニタ・ベイカー
40/46「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ



【ニューエントリーこめんと】

☆「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
(Soldier Of Love / Donny Osmond)

>1957年ユタ州出身のシンガー兼俳優。本名ドナルド・クラーク・オズモンド。
言わずと知れたオズモンズ、ダニー&マリーの一員であった彼のソロ名義としては13年ぶりとなるトップ40ヒット。すっかりとアイドル時代からは脱皮したような力強いポップ・ボーカル・ナンバーは、17年ぶりとなるトップ5ヒットとなる最高位2位まで上昇。まさに久方ぶりとなる会心の一撃である。

アルバム「ソルジャー・オブ・ラヴ」(Donny Osmond)に収録。

The Best of Donny Osmond
↑立派なおぢ様になって、トップ40に帰って参りました☆



☆「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
(Electric Youth / Debbie Gibson)

>こう言ってはナンだが、どう聴いてもへっぽこシングル「ステイング・トゥゲザー」(Staying Together)の焼き直しとしか見えないのだが、最高位11位まで上昇し、ハーフ・ミリオンまで記録しているのは一体…?(スミマセン)いわゆる、歌詞が良いってタイプの作品なのであろうか??また日本でも人気が高いのか、現在でもAMラジオから年に数回は耳にしますよ。

アルバム「エレクトリック・ユース」(Electric Youth)に収録。



☆「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
(Wind Beneath My Wings (From "Beaches") / Bette Midler)

>映画「ビーチズ」の挿入歌でもあるこの美しき感動的なバラード・ナンバーが、8年半ぶりとなるトップ40ヒットとなるどころか、初の全米No.1ヒットとして記録されるとはベテランの彼女も想像出来なかったかも。しかも、Hot100滞在29週というロング・ヒットともなっている。なお翌年の暮れには、最高位2位にまで到達するヒットを放っている。

サントラ「ビーチズ」(Beaches)に収録。



☆「バースディ・スーツ」ジョニー・ケンプ
(Birthday Suit (From "Sing") / Johnny Kemp)

>全く記憶にすらなかったファンキーなダンス・ナンバー。最高位36位。ちょっと、プリンスを気取っていますか?映画「シング」の挿入歌。

サントラ「シング」(Sing)に収録。



☆「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
(Every Little Step / Bobby Brown)

>アルバムから4曲目となるトップ40ヒットだが、そのクォリティとカッコの良さはばっちりとキープしたダンス系R&Bナンバー。最高位も3位と高評価である。

アルバム「ドント・ビー・クルエル」(Don't Be Cruel)に収録。



☆「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ
(A Shoulder To Cry On / Tommy Page)

>1970年ニュージャージー州出身のシンガー兼ピアニスト。本名トーマス・アルデン・ペイジ。
哀愁感漂いまくりなバラードなれど、いかんせんインパクトに欠けるキライがあり、最高位も中途半端な29位止まりというのも仕方がないか。しかし、翌年には今回の反省を踏まえてか、見事全米No.1ヒットを輩出している。
余談だが、60年代っぽいアーティスト名と邦題が、なんかヨロシイですなぁ。(なんじゃ、そりゃ?)

アルバム「TOMMY PAGE ALBUM」(Tommy Page)に収録。

音楽チャート1989年4月チャートTB : 0CM : 2
『Good Trouble』 REO SpeedwagonHOME1989年4月8日付(リベンジ成功?マイケル・ダミアン)

COMMENT

  + 寝不足注意
仕事中、猛烈な睡魔に襲われました。
睡眠は大事ですな・・・。

☆「ソルジャー・オブ・ラヴ」ダニー・オズモンド
この1曲のためにアルバム買った「はず」です。
例によって行方不明なので・・・。
変換はしてあるので、どこかにあることは確かです。

☆「エレクトリック・ユース」デビー・ギブソン
へっぽこシングルのほうは聴いたことありませんが、
「アレの次がコレ?」と当時も思いました。
アルバムのタイトルトラックでもあるので
記憶には残ってますが・・・なんか地味・・・。

☆「愛は翼にのって」ベット・ミドラー
おかしい・・・。
大ヒットなのに記憶に残ってない・・・。
聴けば思い出すかと思いましたが、30秒では短すぎ・・・。

☆「バースディ・スーツ」ジョニー・ケンプ
今ひとつ、というか今みっつくらい地味。
記憶に残らないのも無理ないでしょう。

☆「エヴリ・リトル・ステップ」ボビー・ブラウン
PVも含めてカッコよかったですよねぇ。
過去形で語らねばならないのが残念だ。

☆「肩に寄せる涙」トミー・ペイジ
悪くはないですが、やっぱり地味ですね。
あと、やっぱり翌年の「アレ」の印象が・・・。

今日は早めに寝よう。

それでは。
b y ベンじい | 2009.04.11(20:33) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

この中では、デビー・ギブソンとベット・ミドラーが現在でもラジオからたまに流れてきますね。

>仕事中、猛烈な睡魔に襲われました。

“春眠暁を覚えず”とは、よく言ったものであります☆(^^)
b y ぶるじん | 2009.04.12(19:53) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/409-966dc6ad



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。