ぶるぼーどTOP40

リアルタイムで聞いてきた“American Top40”のチャート&自分勝手なコメント☆
  [ スポンサーサイト ]
--------(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB:× | CM:× |
  [ 1989年2月18日付(23年ぶりのトップ40カムバック、ロイ・オービソン) ]
2009-02-14(Sat) 19:10:17
01/01「ストレイト・アップ」ポーラ・アブドゥル
02/03「ワイルド・シング」トーン・ロック
03/04「ボーン・トゥ・ビー・マイ・ベイビー」ボン・ジョヴィ
04/12「ロスト・イン・ユア・アイズ」デビー・ギブソン
05/07「ラヴァー・イン・ミー」シーナ・イーストン
06/02「ホェン・アイム・ウィズ・ユー」シェリフ
07/09「ダンス・ウィズ・ミー」リック・アストリー
08/11「ホワット・アイ・アム」エディ・ブリッケル&ニュー・ボヘミアンズ
09/10「ウォーキング・アウェイ」インフォメーション・ソサエティ
10/15「ライト・スタッフ」ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック

11/16「サレンダー・トゥ・ミー」アン・ウィルソン&ロビン・ザンダー
12/08「赤い誘惑」サマンサ・フォックス
13/05「ホェン・ザ・チルドレン・クライ」ホワイト・ライオン
14/14「エンジェル・オブ・ハーレム」U2
15/17「ダイアル・マイ・ハート」ボーイズ
16/21「リヴィング・イヤーズ」マイク&ザ・メカニックス
17/23「ロニ」ボビー・ブラウン
18/20「ア・リトル・リスペクト」イレイジャー
19/25「パラダイス・シティ」ガンズ・アンド・ローゼズ
20/06「オール・ディス・タイム」ティファニー

21/27「キャント・テル・ユー・ノー」ロッド・スチュワート
22/26「オール・シー・ウォンツ・イズ」デュラン・デュラン
23/30「ガール・ユー・ノゥ・イッツ・トゥルー」ミリ・ヴァニリ
24/29「ドント・テル・ミー・ライズ」ブリーズ
25/13「ザ・ウェイ・ユー・ラヴ・ミー」キャリン・ホワイト
26/32「アイ・ベグ・ユア・パードン」コン・カン
27/18「アルマゲドン」デフ・レパード
28/33「ユー・アー・ノット・アローン」シカゴ
29/19「ドント・ラッシュ・ミー」テイラー・デイン
30/35「ジャスト・ビコーズ」アニタ・ベイカー

31/36「ドリーミン」ヴァネッサ・ウィリアムス
32/38「ラヴ・イン・ユア・アイズ」エディ・マネー
33/22「トゥー・ハーツ」フィル・コリンズ
34/40「胸いっぱいの愛」バングルス
35/24「ホールディング・オン」スティーヴ・ウィンウッド
36/42「ウォーク・ザ・ダイナソー」ウォズ・ノット・ウォズ
37/28「シェイク・フォー・ザ・シェイク」エスケイプ・クラブ
38/31「マイ・プリロガティヴ」ボビー・ブラウン
39/43「ときめきバージン・ラヴ」マルティカ
40/44「ユー・ゴット・イット」ロイ・オービソン



【ニューエントリーこめんと】

☆「ウォーク・ザ・ダイナソー」ウォズ・ノット・ウォズ
(Walk The Dinosaur / Was (Not Was))

>♪ズシン、ズシン、ノッシ、ノッシという擬音でスタートする軽快なソウル風味のダンス・ナンバー。シングル・ヒットとは縁のなさそうだった彼らにとって2曲目となるトップ40ヒットが、異端とも呼べる最高位7位という好待遇が待っていた。このヒットにより、奇妙なグループ名にしか目が行かなかったワタシが、“彼ら=この曲”という公式が完成してしまった瞬間でもある。

アルバム「ホワット・アップ・ドッグ?」(What Up, Dog?)に収録。



☆「ときめきバージン・ラヴ」マルティカ
(More Than You Know / Martika)

>1969年カリフォルニア州出身のシンガー・ソングライター兼女優。本名マルタ・マレロ。
友達とかに噂にされたら恥ずかしくなりそうな邦題(?)だが、ちょっとマドンナを意識したようなポップ・ダンス・ナンバー。最高位18位とそれなりに好評を得たようだが、その他大勢の中に埋もれ行く一人かと思いきや、次のシングルが爆発的支持を受ける事となる。

アルバム「誘惑のマルティカ」(Martika)に収録。



☆「ユー・ゴット・イット」ロイ・オービソン
(You Got It / Roy Orbison)

>1936年テキサス州出身のシンガー・ソングライター。本名ロイ・ケルトン・オービソン。
E.L.O.のジェフ・リンがプロデュースし、トム・ペティら当時ロイも在籍していたスーパー・バンド「トラベリング・ウィルベリー」のメンバー達により、まさにロイ専用に制作されたようなポップ・ボーカル・ナンバー。実に23年ぶりのトップ40ヒットは、64年の「オー・プリティ・ウーマン」(Oh, Pretty Woman)以来25年ぶりとなるトップ10ヒット(最高位8位)にまで成長。その名は良く知っていながらもながらも、実は彼の歌声をじっくりと耳にしたのはワタシにとってこの作品が初めてであり、当時は“なんて美しいボーカルなんだろう”と聴きホレたものである。
88年12月、心筋梗塞により52歳の若さでこの世を去った彼の死後に誕生したヒット・ナンバーでもある。
なお、彼の愛称はビッグ・オー(The Big O)らしいが、現在のワタシには別の巨大ロボットを思い浮かべてしまうのが始末に終えません…。

アルバム「ミステリー・ガール」(Mystery Girl)に収録。

Mystery Girl
↑いつかはベスト盤にて彼の功績をたどってみたいですね。

音楽チャート1989年2月チャートTB : 0CM : 3
1989年2月25日付(アバ以来の快挙!ロクセット)HOME1989年2月11日付(2曲目の全米No.1、バングルス)

COMMENT

  +
>ベンじいさん

コメントは随時歓迎しておりますので、どしどし書き込んで下さいませ☆
お待ちしております。(^^)
b y ぶるじん(ベンじいさんへ) | 2009.02.15(12:06) | URL | [EDIT] |
さっそく書いてみます。

「ウォーク・ザ・ダイナソー」
初めて聴いたときから、奇妙なグループ名とイントロが
耳にこびりついて離れませんでした。
数年前、近所の中古屋で偶然みかけたので即ゲットしました。

「ときめきバージン・ラブ」
個人的には次曲のアレよりもこっちのほうが好きです。
上のと同時期に中古屋でゲット。
PCのそばに置いてあります。

「ユー・ゴット・イット」
この方とは縁がないんですよねぇ。
ヒットしてた当時も気にはなってたんですが、
今に至るまで通して聴いたことはありません。
やはりベスト盤を買う必要がありそうですね。

こうして、CDが増えていくわけですね。
b y ベンじい | 2009.02.15(20:25) | URL | [EDIT] |
  +
>ベンじいさん

こちらでのコメントは、お初となりますね。
ありがとうございます。

>こうして、CDが増えていくわけですね。

たしかに中古盤や安価な輸入盤で旧譜をガンガン入手していると、CDラックがすぐに満タンになってしまいますよね。
しかも、お気に入りとなるCDに遭遇すると、それがCDトレイに居座る事となり、追加購入した未聴のCDがさらに山積みになるという…★
ワタシの場合、コミックスも同じ状態なので部屋のラックの空きがすぐに埋まってしまう有様でございます。(^^;

てなワケで、これからも宜しくお願いいたします☆
b y ぶるじん | 2009.02.16(19:46) | URL | [EDIT] |

COMMENT POST

:
:
:
:



 
 管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

この記事のURL
   http://moonlighting2005.blog16.fc2.com/tb.php/395-437f0216



copyright © 2017 ぶるぼーどTOP40. All Rights Reserved.
  
Item + Template by odaikomachi

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。